CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年12月25日

親子体験・年越し餅つき大会が開催されました

クリスマスイブの24日、餅つき大会が市民活動プラザ星園(以下略、星園)にて、年越し餅つき大会実行委員会(代表団体;NPO北海道ふるさと回帰支援センター)の主催により開催されました。尚、この餅つき大会の実施には、北海道NPOファンド「被災者支援基金」から助成がありましたことを報告させていただきます。

 当日は、悪天候でしたがスタッフは、前日の仕込みを行ったにもかかわらずAM6:00頃から準備に集まり、
開始時間のAM9:00には、市内の避難者家族11組の親子を含め、星園に入居している団体関係者も大勢集合し、子どもも大人も興味津々でスタート待ちでした。

蒸かしあげたもち米を臼へ入れ、餅つきスタート。
餅つきつき2.jpg
子供用の臼と杵も用意し、列を作って順番についていく様は、とてもかわいらしく
微笑ましいものでした。

最初につかれたお餅は、お持ち帰り用の鏡餅へ。
丸くきれいにするために悪戦苦闘です。
餅つき丸め.jpg
その後は、細かくちぎったお餅をその場で食べていただきました。
子供たちにとって、もちろん大人の方々にもつきたてのお餅は格別らしく、
あんこ、きなこ、納豆、大根おろしなど各々お好みの味付けで頬張っていました。

午後1時にイベントは終了。
1家族に1つづつ鏡餅をお配りしました。
多々反省点はありましたが、またお餅つきがしてみたいと思っていただけたら幸いです。

年越し餅つき大会実行委員会の皆さんのお力で、スムーズにイベントは進行。無事怪我もなく、終えることができました。
ありがとうございました。
by K.K
北海道NPOファンド助成事業
posted by 井上秀美 at 17:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動