CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main
プロフィール

伊藤寛さんの画像
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
最新記事
最新コメント
伊藤ひろし
職務質問 (02/05) 環境大学新聞
職務質問 (01/19) 酒井良悦
バタバタ劇 (04/03) 袖ヶ浦2丁目住人
ホームページリニューアル! (03/20) こし
ホームページリニューアル! (03/01) 伊藤 ひろし
防災講和 (01/26) tada0
防災講和 (01/21) 伊藤ひろし
警察要望 (09/22) 駅前しんのすけ
警察要望 (09/20) satou
スタート (04/02)
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/hiroshi-ito/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiroshi-ito/index2_0.xml
絵本の楽しみ方 [2012年03月01日(Thu)]
2012020712580000.jpg2012012914210001.jpg

ブログのサーバーメンテナンスで10日間程、更新ができませんでしが、ようやく今日(3月1日)から使用できるようになりました。

使い方が変わり、写真掲載・字の大きさ変更もわからず少し戸惑っています。

今日は、1月29日に行われた、絵本作家「いとうひろし」氏の講演「絵本の楽しみ方」で印象に残ったことを書きます。
絵本を作る側としては、「大人」と「子ども」が同じ視線となるように、大人の背中から、子どもが覗く感じで読んでもらえると特にうれしいそうです。
「絵本の一番楽しいところ」は、読み終えて「次のページが現れるまでの間(ま)」で、次にどんな絵が現れるのか、「出てくるまでの間」が一番ワクワクして楽しいのではないか、とのことです。
また、絵本を読んだ後、親子間で「感想」を話し合って欲しいとのことです。

私は、新作の絵本「ムーサンのたび」を購入し、会場で読んでみました。
32頁、5分で読み終えましたが、不思議に「穏やかな時」を取り戻すことができました。作者の伝えたい真意を深く考え、「想像力」を豊かにする時間となりました。絵本は、短い時間でやさしい心を取り戻し、芽生えさせてくれます。
みなさん、「大人」同志でも絵本を読み、感想を話し合って楽しんでみてはいかがですか?

講演後、「絵本」をとおして、3歳の息子だけでなく、自分にも「やさしい心」を育んでいきたいと思いました。