CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

くらしきパートナーシップ推進ひろば

市民のつくる「ちいさな公共」を支える、草の根の中間支援に取り組んでいます。
日々の活動はFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kurashiki.hiroba


項目別表示
最新記事
プロフィール

くらしきパートナーシップ推進ひろばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiroba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiroba/index2_0.xml
使命:ミッションステートメント [2009年04月01日(Wed)]
私たちの使命をまとめています。

真に豊かな地域社会の実現に寄与するために、
NPO(民間非営利組織)の活動の発展に取り組み、
もって市民社会の実現をめざします。


●地域の暮らしを支えるNPO(民間非営利組織)

 私たちの暮らす倉敷は、人口47万の中核市として県内第2位の人口規模で、460以上もの市民活動団体があります。
 その中には、地域の暮らしを支える(公益を担う)大切な活動をしている団体がたくさんあります。
 DV被害者支援、不登校児の支援、子どもの遊び場、福祉移送サービス、町屋や町並みの保存、自然環境の保全活動、温暖化防止、etc…
 そんな活動・事業の多くは、地域の暮らしの問題に気付き、逃げずに課題として取り組みはじめた普通の市民が、自分にできる事を持ち寄って、活動を支えています。

地方分権が進み、市民参加と協働による
官民一体の地域経営が不可欠となってる
昨今、私たち市民セクターが地域を担う 
役割は大きく変化しています。       
市民事業で公益を担う、行政施策を共に
つくるためのアドボカシーを行うなど、活動
で社会を変えていけるNPO(民間非営利組
織)がますます必要とされています。    


 地域の課題に責任を持って継続的に取り組んでいくためには、法人化も有効な手段のひとつです。
 倉敷市のNPO法人数は89、人口1万人あたりのNPO法人数では1.9であり、中核市で比較すると34位/41都市、下から7番目となっています。
 事業規模を年間事業費の面から見ると、3000万円を超える規模の団体はありません。


NPO法制定から10年、全国のNPOの年間
事業費をみると、3000万円を超えるのは 
わずか671法人で、36,448法人の1.8%と 
なっており、財政基盤の小さなNPOがほと
んどで、大きな格差が存在しています。  
特に、地方都市においてその傾向が顕著
で、岡山県では6 /475団体、1.3%となって
います。                     
(以上、2009年4月調べ)

◇◇◇◇ 私たちのめざす社会 ◇◇◇
地域のQOL(暮らしの質)を向上や、
セーフティネット(安心・安全のしくみ)を
私たち市民自身の手で、つくり、育て、担う…
「もっとNPOが担い手として活躍する社会」
をめざしています。