CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

くらしきパートナーシップ推進ひろば

市民のつくる「ちいさな公共」を支える、草の根の中間支援に取り組んでいます。
日々の活動はFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kurashiki.hiroba


項目別表示
最新記事
プロフィール

くらしきパートナーシップ推進ひろばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiroba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiroba/index2_0.xml
倉敷NPOミーティング★開催しました [2011年03月12日(Sat)]
倉敷NPOフォーラムは開催を中止いたしました。

が、地域の関係者でこれからの事を考える座談会として
倉敷NPOミーティングを開催しました。

35名の方がご参加くださりました。

冒頭、甚大な被害を受けた東北の皆さんのために、祈らせていただきりました。
また皆さんから募金を19,071円お預かりしました。
皆さんからお預かりした募金は被災地のお役に立てるように、届けさせていただきます。少しお時間をいただくことになると思いますが、必ず報告いたします。
《3/16時点での情報》
現在、せんだい・みやぎNPOセンターでは、【支援拠点と専門の人材(有給)を確保して、長期にわたる支援活動を担う計画】を検討されておられます。
せんだい・みやぎNPOセンターから学ぶ予定で集まった倉敷のNPOミーティングですので、今回の募金はせんだい・みやぎNPOセンターへ寄付させていただくのが適切かと考えています。ご理解くださいますようお願いいたします。


そして、進行案もないまま、進行そのものを参加者の皆さんと相談しながら進めました。
結果的に【自己紹介】【事例発表】【グループに分かれての意見交換】となりました。

特に、【グループによる意見交換】では、しっかりとした素晴らしい内容となりました。数年前に比べ、倉敷の市民力が大きくなっていると実感する事ができました。
※内容は近日中にご報告いたします。

参加者の方々に恵まれた事を、本当に感謝します。

ある方からは 「これはフォーラムになっている。」 との声をいただき、とてもうれしく思いました。本当に、参加者の皆さん自身がつくった場として、フォーラムと呼べる内容になったと思います。

でも、
主催者として、自分たち自身が十分な事ができなかったという気持ちが残っています。

参加者の皆さんに助けられて、倉敷で必要な場がつくれたと思いますが、自分たちに合格点を出せないという勝手な理由から、第1回倉敷NPOフォーラムと呼べる催しは次回にとっておきたいと思います。

次は、主催者としても自信を持って「倉敷NPOフォーラム」と呼べるものを、開催する事をお約束したいと思います。

気になる内容は…



【自己紹介と参加した動機】
全参加者による自己紹介を行いました。
お名前、所属団体、参加した動機を伺いました。


【事例発表】
予定していた3つの事例発表のうち、2団体に発表いただきました。
◆特定非営利活動法人 てぃーたいむ
発表資料はこちら

◆特定非営利活動法人 いちご一会
発表資料はこちら


【座談会】
以下のテーマでグループに分かれて、座談会により意見交換を行いました。
◆市民活動支援拠点
◆資金
◆組織運営
◆ネットワーク
◆市民活動支援組織

内容はこちら

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント