CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

くらしきパートナーシップ推進ひろば

市民のつくる「ちいさな公共」を支える、草の根の中間支援に取り組んでいます。
日々の活動はFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kurashiki.hiroba


項目別表示
最新記事
プロフィール

くらしきパートナーシップ推進ひろばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiroba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiroba/index2_0.xml
まちづくり×協働フォーラム 〜つながり力で育てる地域 [2007年12月23日(Sun)]
NPOのトップランナー加藤さんは、NPOの事を「わかりやすい」だけでなく「より深く」お話していただける方です。
一夜でわかる!「NPO」のつくり方をぜひお読みください)

又、宮崎文化本舗の石田さんからは「映画」を起点とした文科系まちづくりの展開という珍しい?事例が紹介されました。
このお2人がゲストであれば内容は面白いに違いないと思っていましたが、期待以上に良かったのではないでしょうか?

以下、当日プログラムです。
内容は順次ご報告いたします。
プログラム
〔午前の部〕

■10:00〜 プレリュード
〜市民が動かす協働のまちづくりのキホン〜

筋金入りの経験者(プロフェッショナル)による「まちづくり・市民活動って何?」という方のための、基本だけどふか〜いお話です。(定員60名)
講師:加藤哲夫さん(NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター)

■12:00〜 ダイジェスト
〜平成19年度倉敷市まちづくり人材養成講座〜

今年の倉敷市まちづくり人材養成講座に参加できなかった方も楽しめる「写真と映像によるまちづくり人材養成講座ダイジェスト」を上映します。

〔午後の部〕

■13:00〜 イントロダクション
〜協働とまちづくりの大切な関係〜

午前中の講師を務める加藤哲夫さんの進行で、そもそもなんで協働が必要なの?協働ってなに?というお話を「協働の指針検討委員会」委員長の岡山理科大学・金川先生との対話形式で行います。(定員:300名)

14:00〜 分科会
(ここからは3つの会場に分かれての分科会です)

A:フリップディスカッション  
「協働のまちづくりのすすめ方〜倉敷の場合」

加藤さんの進行によるディスカッション。まちづくり人材養成講座の協働相手である「蔵おこし湧々」さん、「川崎医療福祉大学プロジェクトチーム」さん、「NPO法人町家トラスト」さんに、実際に協働で「まちづくり」に取り組んでいる経験から、お話をお聞きます。

B:ワークショップ
「指針があるとどうなる?について考えよう」

「協働の指針」があるとどうなるのか?をみんなで実際に考えてみよう!というワークショップ。地元・倉敷の団体「パートナーシップ推進ひろば」さんをファシリテーター(進行役)に行政の方も一緒にワークショップに取り組みます。(定員:20名)

C:セミナー
「市民が動かす!地域づくり〜映画館から市民活動センターまで」
 
今、話題の宮崎県で市民で映画館をつくったり、アートフェスティバルを開催したり、宿泊施設の運営や市民活動センターの運営、環境の講演会などもされている、「NPO法人宮崎文化本舗」代表理事の石田達也さんを講師に、その幅広い活動の様子や経験から、「市民によるまちづくり」の可能性やすすめ方、広げ方、そして、続け方のヒントをお聞きします。

D:なんでも専門相談会
 公認会計士と中小企業診断士が、あなたの団体のお悩みを解決します。

■16:10〜 フィナーレ
〜協働のまちづくりのこれから〜

フォーラムの終幕は、加藤さんと金川委員長、そして石田さんに、協働の指針検討委員会・副委員長で岡山NPOセンター副代表の川上さんを加えて、これからのまちづくりと協働についてお話します。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
ひろば/ hiroba さとう 様

丸亀には2004年にお越し頂いたのですね。
ちょうどその頃が協働ブームの第一期で、いろんな意味で勢いがあった時期です。
しかし、今考えると目的意識も弱く、知識も『借り物』状態だったのであまり参考にはならなかったのではないかと思います。
さとうさんのおっしゃるとおり、加藤さんのお話をお伺いすると、わがまちはまだまだと思われる気持ちはよく分かりますが、市民活動も協働もそれぞれの地域の実情に合わせた仕組みと仕掛けが必要で、進めるスピードもタイミングも異なることでしょう。今までの活動のことは存じ上げませんが、地道に小さな成功例を積み重ねていくことが大切なのでは?と感じています。
フォーラムというきっかけで、また新しいつながりができたことだろうと思いますし、いろんな共有ができればと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


片山みか 様
はじめまして。へんこつ侍と申します。
高松市でフォーラムが開催されることは小耳に挟んでいます。
詳細をまた教えて頂ければ幸いです。
協働指針についてブログでしっかりと想いを書かれていましたね。こうした人とのつながりがあるからこそこの業界から離れられなくなってきています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by:へんこつ侍  at 2007年12月29日(Sat) 00:28
こんにちは
私も、丸亀市には、勝手にとてもご縁を感じています。
来年の2月24日に高松市で丸亀商店街振興会の方と、
NPO法人わははネットの理事長さん、
前我孫子市長の福島さんをパネリストにした
まちづくりに関連したフォーラムが予定されています。
倉敷の水島商店街のおかみさん会の会長さんを、
パネリストに推薦していますが、まだ、未確定です。
少し先の予定になりますが、
参考までにご案内させていただきました。
詳細が確定しましたら、またご連絡させていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by:片山みか  at 2007年12月28日(Fri) 17:19
へんこつ侍さま

コメントありがとうございました。
実はココに至るまでにはイロイロな変遷があります。
で、その経緯の中で、丸亀市へ視察に行った事もあるんです。
そういう意味では、丸亀には足を向けて寝られません。笑顔

ざっとまとめて記事にしましたのでご参照ください。

継続はチカラなりで、やっとココまで来たかと思うとうれしいです。
でも理想は高いので、「指針づくり」についても「今のイロイロな状況」にしても『まだまだ満足できない』というか、『トップレベルには程遠い』というか…。
加藤さんのお話を聞いていると、ずーっと負け戦をしているというかゲリラ戦を続けている感覚があります。

ただ、さすがにこれだけやっているとゲリラ戦のやり方も少しはわかってきました。3年前の五里霧中状態からは脱却してますし、これからが楽しみです。
Posted by:ひろば/ hiroba さとう  at 2007年12月27日(Thu) 00:44
はじめまして。
倉敷市さんとは瀬戸内海の対岸に位置します丸亀市のへんこつ侍と申します。
先日のフォーラムお疲れ様でした。
大変勉強になったフォーラムでした。ありがとうございました。
フォーラム開催の経緯などを知らずに申し上げるのですが、スタッフの皆様がしっかりと議論されてフォーラムの構成を組み立てられたのかなぁと感じました。

以前からこちらのブログをはじめ、倉敷市さんの協働の指針の策定の様子を拝見いたしておりました。
IIHOEの芝原さんからのコメントなどで、何となく勝手に親近感を抱いておりました。

今回のフォーラムに参加した感想などを先日私のブログで紹介させて頂きました。コメント等も併せてご覧頂きたいと思います。
丸亀市でも協働がようやく認識し始めた段階です。
協働のまちづくりについて色々とご教示頂ければと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by:へんこつ侍  at 2007年12月26日(Wed) 23:06