CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

くらしきパートナーシップ推進ひろば

市民のつくる「ちいさな公共」を支える、草の根の中間支援に取り組んでいます。
日々の活動はFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kurashiki.hiroba


項目別表示
最新記事
プロフィール

くらしきパートナーシップ推進ひろばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiroba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiroba/index2_0.xml
古賀桃子さん@ふくおかNPOセンター [2009年09月24日(Thu)]
参加しました♪

平成21年度 岡山県備中県民局管内協働推進研修会

講師は昨年来「一度お会いしたい♪」と思っていた古賀さんです。

「草の根から、社会を描く」
「箱の管理や運営をしない、民設のNPOセンター」
という事で、ひろば/ hiroba としても注目の方。

実際の研修を受けた感想は…



事前のイメージとして、「何となーく」ですが、
もっとガシガシした方かと思っていましたが、
話し方やふるまいが「ふわっ」としたしなやかさのある方でした。

FNC主催の各種プロジェクトのネーミング・センスを彷彿とさせる語り口。
口癖?は「ガッツリ」「ガツガツ」だったりするのですが、語り口はのんびり・まったりしていて、そんな所に受けていました。笑い

本籍地が鹿児島だった&奥さんが長崎人である佐藤は、
時折のぞく「九州イントネーション」に親近感を持ったりしつつ…


まー、そんな事はさておき、

内容は協働についての基礎的なレクチャーでしたので、知識としてはある程度カバーしている内容です。

●感心したこと
佐賀の協働の指針?での「協働の木」の図
「協働のサイクルイメージ」という事で、わかりやすい図です。

●共感したこと
協働【補助・助成・広報協力】では、補助金以外にも、「行政による信用担保や広報協力などがありがたいケースは多い」
草の根の小さな組織にとって、特にありがたい点ですが、ここがうまく仕組みになっている所は案外少ないです。

●ちょっと考えたこと
FNCはウサギがトレードマーク。フットワーク軽く動いていくという意味が込められています。
ひろば/ hiroba は犬(コウケン)がブログではトレードマークですが、代表佐藤の口癖は「カメの歩み」。なので、ウサギとは正反対だなぁーと。

●興味深かったこと
やっぱり、民設民営のNPOセンターとしての事業内容。
あらためて、じっくりお話をお聞きしたいなぁと思いました。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント