CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年02月 | Main | 2019年04月»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
もえ
焚き火と魚釣り (01/05) もえ
最終日、朝ごはん (01/05) 見守る親
おはようございます (01/04) もえ
いついつ8日目です! (01/03) 市川 裕一朗
出来上がりました〜! (10/15) 剛毛で覆われたアソコ
保存食の活用 (09/22) オヤジではないがオヤ
川遊び (08/20) 国際自然大学校
川遊び (08/15) 参加者の親
川遊び (08/14)
ひのはるカフェ復活します! [2019年03月25日(Mon)]

いきなり暖かくなったり、また冬のように寒くなったり。
この時期は体調を崩しやすいですね。
今日は午後から曇ってきましたが、午前中はぽかぽか春の陽ざしに包まれていました。
いついつキャンプでにぎやかな日野春です。

さてさて!
今日はお知らせです。
ひのはるカフェ、復活します!
ひのはるカフェプレちらし.jpg
子どもが小さくて、なかなかイベントに参加しづらい・・・。
保育園に行く前に、いろいろ体験させてみたい、一緒にやってみたい!
子育ての息抜きの場がほしい・・・。
などなど、子育てをしている方が抱えていることはさまざま。
そんな場所作りに、ひのはるを活用していただければ・・・と、このプログラムを立ち上げました。

ポイント!
・子ども専任のスタッフもいるので安心です♪
・授乳・オムツ替えの部屋もありますので、気兼ねなくご参加いただけます
・皆さんの様子に合わせて無理なく活動します

第一回はプレイベントとして、
「親子で春さがし!森のなかをフォトロゲイニング」です。
フォトロゲイニング、それは地図をもとに目標を探し出し、写真におさめていく活動です。
今回は、時間内に森の中を散歩するような感じです。
<開催概要>
開催日:2019年4月17日(水)
対象:未就園児のお子様と、ご家族
会場:国際自然大学校 日野春校(山梨県北杜市塚川)
定員:家族10組
参加費:1組500円(1歳以下無料、追加一人200円)
持ち物:参加費、雨具、写真が撮れるもの(スマホ・携帯でも可)
 ※動きやすい服装、靴でお越しください
 ※必要に応じて、タオル、着替え、帽子等お持ちください
集合:現地(日野春校)10:00
解散:現地(日野春校)12:00
 ※お弁当をもってきていただいて、ゆっくりと帰られてもOKです

<応募方法>
E−mailで以下の内容をお伝えください。

タイトル「ひのはるカフェ 参加希望」
@お名前(ふりがな)
A性別
B年齢(お子様のみ)
C住所
D電話番号
Eメールアドレス
F当日の交通手段

応募アドレス:hinoharu@nots.gr.jp
(上記アドレスからメール受信をできるように設定をお願いいたします)
おって、参加申込書をメールにてお送りします。

お気軽にお問い合わせください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
↓参考までに・・・
2015年10月に開催された、ひのはるカフェの「焚き火でアウトドアクッキング」の様子です。

豆麹にチャレンジ! [2019年03月14日(Thu)]

昨日は雪が降った日野春です。
春と冬がせめぎ合っていますね。
事務所の中では、花粉症の山さんが「うー!」とか「ひー!」とか言いながら目をショボショボさせています。
春ですねふらふら
毎年、米麹と麦麹を作っていましたが、今年は“豆麹”にチャレンジしてみました。
茹でた大豆を冷まして、種麹をつけて、発酵させたものが、豆麹。
八丁味噌や豆味噌に欠かせないものです。
20190312_1.jpeg
なにしろ初めて作るものですから、何が正解かわからず・・・。
米麹や麦麹は、麹のあまーい、こうばしーい、いい香りがするのですが、豆麹の独特な香りといったら!!
とりあえず糸が引いていないから、うまくできているんだろうと。
豆麹は雑菌に弱いらしく、失敗すると納豆菌がまわっちゃうそうな。
20190312_2.jpeg
出来上がった豆麹で豆味噌作りにもチャレンジ!
出来上がった豆麹に、塩と水を加え、2〜3日寝かせます。
20190312_3.jpeg
取り出して、つぶします。
20190312_4.jpeg
ひたすら、すりこぎでつぶします。
ただひたすら、つぶします。
いつもの味噌作りと全然違う!!
フードプロセッサーがほしい!!
20190312_5.jpeg
つぶした豆麹を再びつめつめ。
重しをのせたら、2年後までさようなら。
えーーーーーっ!
うまくできるのかなあ・・・?
とっても気になりますが、あけられません。
できてのお楽しみです。

残りの豆麹と麦麹とお醤油で、“醤(ひしお)”なるものも作ってみました。
仕込んで1週間ほどで出来上がりました。
お豆腐の上にのせて食べると、おいしいんだろうな〜という滋味深い味でした。

たまにはやったことのないことにも、チャレンジしてみないとね!
皆さんもぜひ、日野春にチャレンジをしに来てくださいね!!