CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年02月 | Main | 2012年04月»
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
もえ
焚き火と魚釣り (01/05) もえ
最終日、朝ごはん (01/05) 見守る親
おはようございます (01/04) もえ
いついつ8日目です! (01/03) 市川 裕一朗
出来上がりました〜! (10/15) 剛毛で覆われたアソコ
保存食の活用 (09/22) オヤジではないがオヤ
川遊び (08/20) 国際自然大学校
川遊び (08/15) 参加者の親
川遊び (08/14)
森の山賊キャンプ 3日目 [2012年03月28日(Wed)]

昨日の夕食後、夜の森へでかけ、落とし穴の近くで息をひそめて待っていると、山賊がアジトに
帰ってきました。そして運よく、落とし穴に落ちました。山賊がびっくりして悲鳴をあげると
みんなでいっせいに大きな声で、「いただきまーす」の大合唱。

さらにびっくりした山賊は、森へと逃げていきました。落とし穴の近くを調べてみると
なんとそこには、残りの2枚の地図が・・・・。

施設に戻って、あてはめてみると、ぴったり。
地図が完成しました。
DSCF2186.jpg

3日目は、いよいよ地図をもとに宝さがしです。
IMGP5123.jpg

すると、山賊のマークのシールを発見。この下を掘り始めます。
IMGP5138.jpg

IMGP5133.jpg

P3280210.jpg

掘り続けていると、何かを発見!
P3280216.jpg
どうやら大きな缶のようです。
P3280217.jpg

中には指令と一緒に「山賊の旗」と「山賊の腕章」が・・・。
P3280220.jpg


山賊の腕章をつけて、記念撮影。この腕章に名前を書けば、念願の山賊になれます。
IMGP5147.jpg

みんなで寄せ書きをした山賊の旗
DSCF2188.jpg

こうして、2泊3日で子ども達は、無事に「宝」をゲットしてかつ山賊になることができました。

森の山賊キャンプ 2日目 [2012年03月27日(Tue)]

森の山賊キャンプ2日目。
昨日見つけた暗号は6枚
DSCF2123.jpg
DSCF2124.jpg
DSCF2125.jpg
DSCF2126.jpg
DSCF2127.jpg
DSCF2128.jpg

どうやら暗号の裏は地図らしい
DSCF2187.jpg

いまある暗号をてがかりに、ほかの暗号を探しに出かける。
CIMG0695.jpg

すると、18枚の暗号をつなげると、こんな地図ができた。
全部そろっていないらしい。
DSCF2184.jpg

しかし、こんなカードも見つけてきた。不吉な予感・・・
CIMG0739.jpg

どうやら、足りない地図は、山賊が持っているらしいと、子ども達は推測。
お昼ご飯を食べた後、どうやって山賊が持っている地図をもらうか
考えることにする。

作戦会議中
DSCF2147.jpg

1時間あまりの話し合いの結果、「山賊の書」を参考に、つぎのような「かも作戦」をたてた。
DSCF2150.jpg

晴天の空のもと、さっそく作戦開始。落とし穴を掘り始める。
DSCF2152.jpg

DSCF2159.jpg

穴が掘れたら、シノダケを運んでふたをする。
DSCF2166.jpg

DSCF2177.jpg

落とし穴の完成!
DSCF2176.jpg

大きな声を出す練習中。掛け声はなんと「いただきまーす」
DSCF2181.jpg

このあと、夜にアジトに帰ってくる山賊が、落とし穴に落ちるかもしれないのを
みんなで見に行きました。さてどうなることやら・・・。
森の山賊キャンプ 1日目 [2012年03月26日(Mon)]

今日から2泊3日で、森の山賊キャンプ。

今回のキャンプはストーリーキャンプです。
ストーリーキャンプとは、ある物語にそって展開されるキャンプです。
さまざまな演出があり、こどもたちはヒーロー、ヒロインになりきります。

今回のストーリーは、日野春に眠っている「宝」を山賊になって探すという
ストーリー。しかし、別の山賊も「宝」を狙っているという情報が・・・

日野春校に着くと、こんな巻物が届いていました。
CIMG0604.jpg

最初の「試練」。みんなは、寒い中森を知りに、探検に出発!
CIMG0607.jpg

森の中では、走って、飛んでと大騒ぎ!
CIMG0612.jpg

CIMG0613.jpg

探検を進めると、さらに巻物が・・・
1867_1332748807_4-thumb-322xauto-4085_.jpg

巻物にそって進んでいくと、暗号6枚と「山賊の書」をゲット!
でも、この暗号だけではわからない。
CIMG0618.jpg

暗号を解読するのは、明日のお楽しみ!

夕食のメニューは、「鶏の山賊焼き」。山賊焼きは山賊揚げともいい、山賊が「ものをとりあげる」ことがな名前の由来とか・・・・。山梨の隣の長野県が発祥の地。
CIMG0619.jpg
明治大学付属中学高等学校応援部合宿 2日目 その2  [2012年03月24日(Sat)]

合宿2日目の午後は、各グループでの「ウォール」というアクティビティーのチャレンジ。
「ウォール」とは、約4mの壁を何の道具も使わずに、全員が乗り越えるというプログラム。

体力ももちろんですが、順番やどうやって乗り越えさせるかといった、知力も問われます。

今回は15分の作戦会議のあと、各グループ20分のチャレンジタイムでの実施です。

CIMG0600.jpg

CIMG0602.jpg

女子部員がほとんどの中で、獅子奮迅の活躍をする男子部員。高い所が苦手にもかかわらず、上から必死に引き上げる生徒など、どのグループも学年を超えて、必死に取り組む姿が印象的でした。

 2日間のチャレンジのあと、研修の学び、気づきをノートにまとめました。

『普段は、応援をする立場ですが、今日はほかのメンバーに応援をされて、応援されr側の
立場にたてることができてよかったです。改めて応援のすごさを実感できたのがよかったです。』

とてもいい体験ができたようです。







明治大学付属中学高等学校合宿 2日目 その1 [2012年03月23日(Fri)]

合宿2日目は、冬に舞い戻ったような天気で、冷たい雨。
今日は、ハイエレメントという高い所でのチャレンジをします。

まず、ハーネスという「安全ベルト」をつけます。
DSCF2093.jpg

ハイエレメントは、4つのチャレンジの中から、1つを選択して実施します。
どんなチャレンジかというと・・・

@クライミングウォール
 13mの壁を、ロッククライミングのように上ります。正しいルートを読む力とあきらめない
 忍耐力が問われます。

CIMG0527.jpg

CIMG0536.jpg

 チャレンジャー以外のメンバーは、ロープを持ちながら、エールを送ります。
CIMG0529.jpg

 ブラボー!壁の頂上まで登れた生徒もいました。
2012-03-23 12.33.52.jpg

A手つなぎトラバース 
 2人組で、手をつないで、上にぶらさがっているロープを利用しながら、ワイヤーの上を
 歩くチャレンジです。

CIMG0545.jpg

CIMG0546.jpg

(3)パンパープランク 
丸太の上の台から、目の前にあるバーに飛びつくというチャレンジです。「一瞬の勇気・度  胸・決断」が問われます。
CIMG0550.jpg

CIMG0551.jpg

CIMG0552.jpg

(4)キャットウォーク 約7mの高さのところにある丸太を渡ります。「最初の一歩」を踏みだず怖さと大切さを教え てくれるチャレンジです。

CIMG0575.jpg

CIMG0576.jpg

すべてのチャレンジが成功するとは限りません。そこには一人一人さまざまなドラマがあることでしょう。でもこの体験そのものが、きっといろいろなことを気づかせてくれるでしょう。
明治大学付属明治中学高等学校応援部合宿 第1日目 [2012年03月22日(Thu)]

3月22日〜25日まで、明治大学付属中学高校の応援部が合宿に来てくれました。

開校式では、すばらしいエールを披露してくれました。
2012-03-22 10.50.40.jpg

紫紺の旗を玄関にかざり、気合い十分です。
2012-03-22 12.41.10.jpg

さっそくプロジェクトアドベンチャーのコースに移動して、グループでチャレンジを
始めます。
2012-03-22 13.00.00.jpg

チャレンジ風景
2012-03-22 13.45.47.jpg

今回の合宿での、プロジェクトアドベンチャーの体験の目的は、「上意下達」のカラーが強い
応援部に、上級生と下級生が一緒に協力したり、信頼しあってチャレンジするという関係も
作っていきたいというのがねらいだそうです。

2012-03-22 20.20.46.jpg
夜は、宿舎で本日の体験の学びや気づきを、ノートに記入後、発表しあいました。

                                     <ワッシー>
「冒険教育プログラム」ファシリテーター養成会開催のご案内 [2012年03月15日(Thu)]

 当校では、4月14日(土)-15日(日)の1泊2日で、「冒険教育プログラム」ファシリテーター養成会を開催します。
 当校にあるプロジェクトアドベンチャーのコースを活用した、学校向けの「冒険教育プログラム」の体験と模擬指導をすることができます。
 本講座を終了した方は、「冒険教育プログラム」の指導者となって活躍していただくことができます。

ご関心のあるかたは、ぜひご参加ください。詳細は下記のちらしをご参照ください。

チラシ.pdf
日野春駅出発しました [2012年03月04日(Sun)]

DSCF2057.JPG
「ひのはる冒険隊」、日野春駅を出発しました。