CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«4月15日〜16日「冒険教育プログラム」体験会 参加者募集中! | Main | 日野春のはる»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
もえ
焚き火と魚釣り (01/05) もえ
最終日、朝ごはん (01/05) 見守る親
おはようございます (01/04) もえ
いついつ8日目です! (01/03) 市川 裕一朗
出来上がりました〜! (10/15) 剛毛で覆われたアソコ
保存食の活用 (09/22) オヤジではないがオヤ
川遊び (08/20) 国際自然大学校
川遊び (08/15) 参加者の親
川遊び (08/14)
ヴァンフォーレ甲府U-18 冒険教育プログラム [2017年04月04日(Tue)]

3月下旬にヴァンフォーレ甲府U-18の選手のみなさんが、日野春校で
「冒険教育プログラム」を体験しに訪れました。

これから始まるシーズンに向けて、
チームの一体感をつくりたい。選手たち一人一人が
自分で判断できるようになってほしい。
ことが目的でした。

最初に「上手くなること」と「強くなること」について考えてもらいました。
「上手くなること」は個人的なことです。
「強くなること」はチームの命題。
この2つは必ずしもイコールではありません。
「上手い」だけでは「強く」はなれない。
この2つをどうつなげればいいかを考えながら活動に入りました。

「向上心を持つ」「勝負にこだわる」。
活動にあたって、参加者が大切にしようとしたことです。
それを大切にしながら、活動は始まりました。

20170326_110006.jpg

活動は、いつも以上に自分たちで考えさせ、判断させました。その判断がときとして間違っていたとしても、その失敗から気づき、学び、修正する能力も身に着けました。

20170326_125810.jpg

もうひとつは2WAYのコミュニケーションについてこだわりました。
伝わったつもり、言っただろうはミスコミュニケーションにつながり、ミスパス、失点に
つながります。彼らの中に自分の考えを伝えることはもちろん、ほかのメンバーの意見に
耳を傾けることの大切さもメッセージとして伝えました。

20170326_134800.jpg

20170326_142248(0).jpg

20170326_151424.jpg

最後に、今年のスローガンをひとりひとり書いて発表しました。
彼らの今年の目標は、プリンスリーグ関東への復帰。日野春校での学びをどうピッチの上で
表現してくれるのか、楽しみです。

ワッシー

コメントする
コメント