CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「トレランDE婚活」女性のみ募集期間延長しました。 | Main | 11月3日「トレランDE婚活」実施しました。»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
もえ
焚き火と魚釣り (01/05) もえ
最終日、朝ごはん (01/05) 見守る親
おはようございます (01/04) もえ
いついつ8日目です! (01/03) 市川 裕一朗
出来上がりました〜! (10/15) 剛毛で覆われたアソコ
保存食の活用 (09/22) オヤジではないがオヤ
川遊び (08/20) 国際自然大学校
川遊び (08/15) 参加者の親
川遊び (08/14)
「冒険教育プログラムファシリテーター養成会」 [2014年10月27日(Mon)]

10月25日〜26日、日野春校で「冒険教育プログラムファシリテーター養成会」Aが開催されました。参加者は6名。少人数の特長を活かして中身の濃い研修ができました。

PA260040.jpg

初日の狙いは、室内でのプログラム実施のノウハウを学びました。どうしてもレクを
実施してしまいがちなのですが、ちょっとしたグッズがあれば、イニシアティブや
コミュニケーションを目的とした体験学習プログラムが実施できます。
初日の活動の一部を紹介します。

PA250003.jpg
<ポーキュパイン> 無理だと思う課題をアイデアと粘り強さで達成しました。

PA250004.jpg

PA250006.jpg

PA250010.jpg
<わいわいブロック> 求められるものはコミュニケーションですが、全体と個のバランスを
取りながらどう見ていけばいいのかということについて学びました。

PA250017.jpg
<アルファベッドスープ> 工場チームと運送チームに分かれてパズルを作成、いかにして
時間短縮を図るかという活動でした。

20141025_205633.jpg
<Ring to Ring> リングの中の卵を、紙コップへ運ぶチャレンジでした。

2日目は、野外でのハイエレメントの体験。
PA260049.jpg

ハーネスやヘルメットのつけ方のレクチャーを受けたら早速チャレンジです。
チャレンジャーとして自分と向き合うこと、同時にビレイヤーとして仲間が
安心してチャレンジできる環境を作るかということも学びました。

最初は、トラバース系のチャレンジ「平行ロープ」
2本のケーブルを使って平行移動します。
PA260043.jpg

PA260041.jpg

次はインパクト系のチャレンジ「パンパーポール」
丸太の上に立って、ぶら下がっているバーめがけて飛びます。
PA260082.jpg

PA260083.jpg

二人組で行うチャレンジは「巨人のなわばしご」にチャレンジしました。
二人で力をあわせてハシゴをのぼっていきます。ハシゴの間隔は上に登るほど
広くなっています。
PA260104.jpg

20141026_155553.jpg

20141026_155604.jpg
ハイエレメントの活動は、指導者も参加者となることで、参加者の心の動きやチャレンジしているときの気持ちを体験することができ、今後のファシリテートに役立つかと思います。

いろいろな切り口で様々な体験をすることで、たくさんの学びがあったと思います。
ファシリテーションは冒険教育プログラムだけで使うものではなく、キャンプの指導に
おいてや、普段の組織での関わりなど、様々な局面で活用できる方法です。
ぜひ、今回の学びを活かしてもらえればなと思います。

ワッシー


コメントする
コメント