CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【緊急告知】10月5日に福岡で出版記念イベントを開催します! | Main | 名古屋でNPOのマーケティングとファンドレイジングのお話をします!(10/21)»
プロフィール

長浜洋二さんの画像
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
ビデオリサーチ執筆コラム
logo_vri.jpg
01271000_54c6e32f59479.jpg

『広報会議』(2015年3月号)

『「社会課題先進国」日本のNPO、なぜ広報が必要なのか?』を寄稿


sendenkaigi_20120301.jpg

『宣伝会議』(2012年3月1日号)

『マーケティング部門と密接に連携 これからのCSR活動の形を考える』の座談会に参加


sendenkaigi_20110515.jpg

『宣伝会議』(2011年5月15日号)

『米国NPOに学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディ』を寄稿


https://blog.canpan.info/hijichomoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hijichomoku/index2_0.xml
NPOで転職する際に意識しておくべき8つのポイント [2014年09月29日(Mon)]


転職により職場を去る時は、去る方も去られる方もあまり良い気分はしないものです。仕事を辞める側も、2度と会うことはないだろうとタカを括って言いたい放題言い、後味悪く別れた後、しばらくして別の場所でバッタリ会ったり、一緒に仕事をすることになったりというのは良くある話です。また、そういった去り際の悪さは噂になってすぐに広まってしまいます。とりわけNPOセクターは、まだまだ小さなセクターであり、どこでどう一緒になるか分からないため、別れ際は綺麗にいきたいものです。

この記事では、転職により職場を去る際に意識しておくべき8つのポイントが紹介されています。

(1)連絡先を最新にする
職場を去る前に、とりわけ潜在的な照会者(身元保証)、または連絡をとり続けたい相手の連絡先情報(LinkedIn、Eメール、電話など)が最新のものになっているかどうかを確認する。

(2)所持品を整理する
最終日にバタバタしないように、事前に個人の所有物などは片付けておく。職場によってはセキュリティ上の理由で、辞職後すぐにオフィスを退出しなければならないケースもあるため、重要な個人情報を置き忘れることがないようにファイル類などを細かく確認しておく。

(3)落ち着く
転職には大なり小なり組織内での混乱はつきもの。同僚たちの言うことをいちいち気にせず、平静に対処する。

(4)退職届けを書く
口頭で上司や同僚に伝えるだけでなく、退職届けを文書で提出するのが望ましい。文書はポジティブかつ簡潔にまとめ、かつ、その職場で過ごした時間が価値のあるものであったことを記載する。

(5)事前に通知する
組織規模が小さいNPOであるほど、転職による人員減の影響は大きい。このため、前職が新規採用に付随する業務に十分な時間が確保できるように事前に通知をする。エントリー・レベルの業務の場合、最低2週間前での通知を行う。

(6)正直に伝える
転職を伝えることは、ある意味で、その職場に対して改善点を伝える良い機会にもなる。伝える際には、ただ不平を言うのではなく建設的に伝える。

(7)引き継ぎをする
転職に際して、本当に自分の存在が必要なプロジェクトや業務はきちんと完了させるようにする。後任に対してもしっかりと引き継ぎを行うとともに、緊急事態に備え、転職先の連絡先を伝えることは前職からも感謝される。

(8)フォローアップをする
職場を去る前に同僚に忘れずにお礼を伝える。Eメールで転職先に赴任したことを伝えたり、共に過ごした時間が有意義であったことを伝えるだけでも効果がある。

NPOはまだまだ狭い業界であるため、以前勤めていた職場と良い人間関係を構築しておくことは、以降のキャリアプランにも大きな影響を及ぼします。日本では一般的ではありませんが、米国では、転職にあたり前職の上司や経営層などから“推薦状”を求められるため、良好な関係を構築・維持することは死活問題とも言えます。

私も過去に何度か転職していますが、去り際が綺麗だったかどうかというと、???なところもあったような気がします(^_^;)

【2014/09/23 NONPROFIT QUARTERLY記事参照】




長浜洋二 著





にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ

マネジメントの記事一覧へ≫≫≫

NPOファンドレイジングボランティア寄付社会的起業CSRソーシャル・マーケティングマネジメントパートナーシップ教育メディアまちづくり公共政策
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント