CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«スターバックスの社会貢献プロジェクトとDonorsChoose | Main | 寄付者がNPOに寄付を行なう際にチェックする5つのポイント»
プロフィール

長浜洋二さんの画像
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
ビデオリサーチ執筆コラム
logo_vri.jpg
01271000_54c6e32f59479.jpg

『広報会議』(2015年3月号)

『「社会課題先進国」日本のNPO、なぜ広報が必要なのか?』を寄稿


sendenkaigi_20120301.jpg

『宣伝会議』(2012年3月1日号)

『マーケティング部門と密接に連携 これからのCSR活動の形を考える』の座談会に参加


sendenkaigi_20110515.jpg

『宣伝会議』(2011年5月15日号)

『米国NPOに学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディ』を寄稿


https://blog.canpan.info/hijichomoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hijichomoku/index2_0.xml
クーポン共同購入サイトとNPOのパートナーシップの動き [2010年08月25日(Wed)]
日本でも最近、期間中に一定以上の人数が集まった場合にクーポンを購入できる“クーポン共同購入”が流行っていますね。米国ではさらに先に進んでおり、単に消費者にとってメリットがあるだけでなく、NPOもそのメリットを享受しているようです。

今月、日本のQ:podを買収し、グルーポン・ジャパンを立ち上げると発表した米クーポン共同購入の最大手グルーポン(Groupon)では、学校の先生が物品が必要な授業を公示して、寄付者から募ったお金によりその物品を調達することができるドナーチューズ(DonorsChoose.org)と連携して社会貢献活動を行っています。

今年5月、DonorsChooseがグルーポンのサイトで情報を掲載したところ、162,000ドルものお金を集めることができたそうです。グルーポンの利用者がDonorsChooseへのギフトカードを購入した場合、その倍の金額がDonorsChooseのサイトで掲載されている各種プロジェクトに提供されるという仕組みです。差額については、パーシングスクエア財団(Pershing Square Foundation)からの助成金により補填されるそうです。

この他にも、コーズオン(CAUSEON)というサイトでは、売上げの20%を地元のNPOに提供しています。サイトの利用者は寄付先NPOを選定することもできます。

それにしても次から次へと新しいWebサービスが登場する米国。さらに、それに乗り遅れずに上手くそれらサービスを活用しているNPO。このスピード感が何ともいえないですね〜

【2010/08/18 THE CHRONICLE OF PHILANTHROPY記事参照】

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ

パートナーシップの記事一覧へ≫≫≫


NPOファンドレイジングボランティア寄付社会的起業CSRソーシャル・マーケティングマネジメントパートナーシップ教育メディアまちづくり公共政策
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント