CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«米国のホリデーシーズンにおけるオンライン寄付の増加 | Main | NPOでのボランティア経験の有無と寄付金額の違い»
プロフィール

長浜洋二さんの画像
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
ビデオリサーチ執筆コラム
logo_vri.jpg
01271000_54c6e32f59479.jpg

『広報会議』(2015年3月号)

『「社会課題先進国」日本のNPO、なぜ広報が必要なのか?』を寄稿


sendenkaigi_20120301.jpg

『宣伝会議』(2012年3月1日号)

『マーケティング部門と密接に連携 これからのCSR活動の形を考える』の座談会に参加


sendenkaigi_20110515.jpg

『宣伝会議』(2011年5月15日号)

『米国NPOに学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディ』を寄稿


https://blog.canpan.info/hijichomoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hijichomoku/index2_0.xml
グラミン財団とマイクロソフトによるテクノロジー強化プログラム [2009年12月18日(Fri)]
マイクロファイナンスの先駆けであるグラミン財団(Grameen Foundation)とマイクロソフト(Microsoft)は、開発途上国の貧民層にファイナンシャル・サービスを提供する団体のテクノロジー強化について、ジョイント・プログラムを開始すると発表しました。

同プロジェクトでは、一連の教育やメンタリング・フォーラムなどの活動が含まれており、マイクロファイナンスを提供する団体のコミュニケーション力をテクノロジー面から支援していきます。プロジェクト開始の場所としては、マイクロファイナンスの進展度合いやテクノロジー・インフラの整備状況などの観点から、フィリピンが選ばれています。

これに伴い、グラミン財団では、デビッド・エーデルシュタイン(David Edelstein)をグラミン技術センター(Grameen Technology Center)の新ディレクターに任命ました。同氏は以前、マイクロソフトに勤めていたこともあり、開発途上国の人びとに向けた低コストの技術プロジェクトやビジネス戦略立案などに携わった経歴を持っています。

グラミンではグーグル(Google)とパートナーシップを締結し、既にアフリカでプロジェクトを実施していますね。携帯電話を活用し、インターネットへのアクセスがなくても、農業や健康、貿易といった情報を入手できるというものです。人、モノ、金といった組織経営の慢性的なリソース不足を補うためにも、NPO/NGOの活動には積極的なテクノロジーの活用が必須ですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ

パートナーシップの記事一覧へ≫≫≫


NPOファンドレイジングボランティア寄付社会的起業CSRソーシャル・マーケティングマネジメントパートナーシップ教育メディアまちづくり公共政策
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

» weight loss from weight loss
グラミン財団とマイクロソフトによるテクノロジー強化プログラム-飛耳長目:アメリカにみるNPO戦略のヒント [ReadMore]
Tracked on

コメントする
コメント