CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«不況の影響と匿名による寄付の増加 | Main | 民間企業による広告費削減と公共広告の増大»
プロフィール

長浜洋二さんの画像
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
ビデオリサーチ執筆コラム
logo_vri.jpg
01271000_54c6e32f59479.jpg

『広報会議』(2015年3月号)

『「社会課題先進国」日本のNPO、なぜ広報が必要なのか?』を寄稿


sendenkaigi_20120301.jpg

『宣伝会議』(2012年3月1日号)

『マーケティング部門と密接に連携 これからのCSR活動の形を考える』の座談会に参加


sendenkaigi_20110515.jpg

『宣伝会議』(2011年5月15日号)

『米国NPOに学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディ』を寄稿


https://blog.canpan.info/hijichomoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hijichomoku/index2_0.xml
パートナーシップと若者向け交通事故防止プログラム [2009年05月17日(Sun)]
米国では、交通事故が10代の若者が死に至る一番の原因になっていますが、ボーイズ&ガールズ・クラブ(Boys & Girls Clubs of America:BGCA)では、民間企業と協働し、交通事故を防ぐ取組を行っています。

BGCAは、小口貨物輸送会社でサプライ・チェーン・ソリューションを提供するUPSの関連慈善組織である、UPS財団(UPS Foundation)から助成を受け、業界でも最高クラスの評価を得ているUPSの安全運転技術を10代の若者に教えています。ベースとなっているのは、「UPS Road Code」という、実際にUPS社員に対して実施しているトレーニング・プログラムで、授業形式の4つのセッションとコンピュータを活用した運転シミュレーションを行います。また、ボランティアとして、約150人のUPS運転手が参加しています。

UPS財団からBGCAに拠出された助成金(3年間で150万ドル)のおかげで、「UPS Road Code」は、今年、アトランタ、ロサンジェルス、ダラスなど10都市で、推定1,200人のティーンエイジャーに提供されます。さらに同プログラムは、2010年には他の都市へも拡大される予定です。

データによると、ティーンエージャーの3人に1人以上が交通事故で死亡しているそうですが、BGCAにとっては、なんとかして解決したいものであることは言うまでもありません。一方、UPSにとってこの取組は、スキルを持つ社員をボランティアとして提供する社会貢献活動であり、両者の持つ課題と解決策がうまくマッチしたパートナーシップだといえます。

【2009/05/09 centredaily.com記事参照】

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ

パートナーシップの記事一覧へ≫≫≫


NPOファンドレイジングボランティア寄付社会的起業CSRソーシャル・マーケティングマネジメントパートナーシップ教育メディアまちづくり公共政策
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

» NPOブログ記事の読み比べ評価!: NPO/ビジネス支援 by Good↑or ... from NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
「NPO/ビジネス支援」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投... [ReadMore]
Tracked on

コメントする
コメント