CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«読まれる助成金申請書を書くコツ | Main | 風力発電を活用したパートナーシップによる資金開拓»
プロフィール

長浜洋二さんの画像
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
ビデオリサーチ執筆コラム
logo_vri.jpg
01271000_54c6e32f59479.jpg

『広報会議』(2015年3月号)

『「社会課題先進国」日本のNPO、なぜ広報が必要なのか?』を寄稿


sendenkaigi_20120301.jpg

『宣伝会議』(2012年3月1日号)

『マーケティング部門と密接に連携 これからのCSR活動の形を考える』の座談会に参加


sendenkaigi_20110515.jpg

『宣伝会議』(2011年5月15日号)

『米国NPOに学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディ』を寄稿


https://blog.canpan.info/hijichomoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hijichomoku/index2_0.xml
Twitterユーザーによるファンドレイジング・イベント [2009年02月16日(Mon)]
2月12日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の1つ、“Twitter”のユーザーは、全世界200以上の都市で実施されたイベント“Twestival”(ツウェスティバル)へ集結しました。Twitterは、ブログとチャットを足して2で割ったようなWebサービスで、140文字以内のテキストを投稿するものです。

Twestivalは、単なるユーザー・イベントではなく、Charity: WaterというNPOに対するファンドレイジング・イベントという位置づけです。もともとは、昨年9月に英国ロンドンで小さなグループが集まり、地元のスープ・キッチンの支援をしたことが始まりです。当初、30名くらいが集まるだろう思っていたところ、蓋を開けてみると250名もの人が集まったそうで、しかも、約1,000ポンドもの資金を獲得することができたとのこと。今回のイベントは、1月後半に告知され、世界各国の複数の都市で同時開催されることになりました。

Charity: Waterは、途上国において井戸を掘ったり、雨水貯蓄システムを設置し安全な飲料水を提供するという活動を行っており、イベントの売上げや、tipjoyと名付けられたインターネット経由の寄付金は、同NPOに寄付されます。ファンドレイジング目標金額は、米国、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアで行われるイベントで総額100万ドルです。

オンライン寄付以外にも、イベント会場では、チケットを販売したり、寄付された物品をくじ引きで販売したりと、ファンドレイジングのための様々な仕掛けが行われたようです。また、Twestival.fmという音楽ストリーミングサイトも開設され、寄付することで、ミュージシャンから無料提供された曲を聞くことができるというサービスも提供されています。

ちなみに日本でもイベントが行われたようですね。短い告知期間にもかかわらず、全世界で同時多発的にイベントが実施されるというのは、これまでには考えられなかったことではないでしょうか。インターネットの威力、そして、インターネットでのコミュニケーション以上に、人々がリアルな場での繋がりを求めているあらわれですね。

【2009/02/11 The New York Times記事参照】

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ

ファンドレイジングの記事一覧へ≫≫≫


NPOファンドレイジングボランティア寄付社会的起業CSRソーシャル・マーケティングマネジメントパートナーシップ教育メディアまちづくり公共政策
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

» NPOブログ記事の読み比べ評価!: NPO/ビジネス支援 by Good↑or ... from NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
「NPO/ビジネス支援」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投... [ReadMore]
Tracked on

コメントする
コメント