CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

東大手の会のblog

東大手の会は、東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で有給職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。


<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
研ちゃん
バーチャルメンバー (06/29) ムサシ
バーチャルメンバー (06/20) ムサシ
バーチャルメンバー (06/19) 相互リンクサイト「五月雨リンク」
「ホッ♪」と茶屋の5月開店日記 (05/28) 通りすがり
「ホッ♪」と茶屋の4月開店日記  (05/24) sally
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/30) 井田
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/29) 小牧チーム 野菜担当
ドタバタな忘年会♪ (12/29) 研ちゃん
ドタバタな忘年会♪ (12/22) sally
東大手の会の忘年会について (12/17)
最新トラックバック
第3回休眠預金活用制度学習会〜「NPO・市民活動を活発にする地域の基金」〜フォーラム開催のご案内 [2018年06月09日(Sat)]
★広報協力のご依頼をいただきましたので、以下のイベント情報についてご紹介いたします。

(転送・転載歓迎)
------------------------------------------------------------------
第3回休眠預金活用制度学習会
〜「NPO・市民活動を活発にする地域の基金」〜フォーラム開催のご案内
------------------------------------------------------------------

日頃は「市民活動応援☆きらきら基金」の活動にご理解とご尽力を賜り、誠にありがとうございます。

「きらきら基金運営委員会」と「認定NPO法人みえきた市民活動センター」は、平成29年度に、2回の「休眠預金活用制度学習会」と「第8回桑名員弁地域円卓会議」を開催しました。
そこで重ねて来た議論を踏まえて、第3回では、東京と佐賀から講師をお迎えして「休眠預金活用制度の現況」と「他県の基金の取組み」について学び、NPO・市民活動を応援する地域の基金について、考えて行きたいと思います。

つきましては、フォーラムの企画書とチラシを作成いたしましたので、ご案内申し上げます。

皆様のご参加を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成30年6月吉日    

市民活動応援☆きらきら基金運営委員会 
代表  小笠原まき子 まちのファンクラブ代表
副代表 郷司 房夫(認)みえきた市民活動センター理事長
副代表 木下裕美子(特)いなべこども活動支援センター理事長
副代表 川島 浩 (特)生ごみリサイクル思考の会 理事長

■企 画 書
私たちの身近には、小さな、でもいっしょうけんめい人や地域の役に立とうとがんばっている市民活動がたくさんあります。
私たちは、市民の活動が活発に行われることが、住みやすいまちをつくり、地域の未来を豊かなものにすると考えています。
きらきら基金は、「まちを歩いていると自分の寄付の成果が見えるような、そんな市民活動を応援する小さな基金を作ろう」という思いのもとに、2011年に生まれました。
今日「NPO・市民活動」は広く社会に認知され、公的な社会貢献活動への期待は高まっています。
就職先としてNPOやNGOを希望する若い層も、少しづつ増えてきました。しかし、そのような人材を確保できるのは比較的資金に恵まれた組織であり、地域の課題解決を目指す小さな団体は、その活動をボランタリーに支える人たちによってやっと続けられているのが現状です。
昨年6月と9月に開催した「休眠預金活用制度学習会」では、地域のNPO・市民活動を取り巻くさまざまな課題について、議論を行いました。第1回では「休眠預金活用制度」や「NPO・市民活動を支えるさまざまな動き」「活動資金の状況」などについて、会場を交えて意見交換をしました。
第2回では「地域の基金のこれからの取組と基盤整備」について学習しました。2回の学習会をとおして、課題の解決に取り組む現場の団体が、継続的な資金や人材を確保することが難しく、思うように活動を拡げて行くことが出来ずにいる状況が浮かび上がってきました。
また、活動を支える側の連携がうまく機能していないことも分かってきました。「こんなに必要な取組みが、どうして課題の現場に届かないのか」という声に、どう応えるのか。
NPO・市民活動団体が活動を続けていくためには「継続的な資金」と「活動を支える連携」が必要です。
第3回の学習会では、「休眠預金活用制度の現況」と「他県の基金の取組み」について学び、これからのNPO・市民活動を活発にする地域の基金について、考えて行きたいと思います。

■資料〜フォーラムの内容とタイムスケジュール

「NPO・市民活動を活発にする地域の基金」

日時:平成30年7月19日(木)13:00〜17:00
場所:くわなメディアライブ1F  多目的ホール
主催:市民活動応援☆きらきら基金・認定NPO法人みえきた市民活動センター

12:30 受付開始    
13:00 開会挨拶
きらきら基金運営委員会副代表 川島 浩
司会 きらきら基金運営委員会事務局長 白尾豪紀
13:15 第1部学習会
基調講演 「休眠預金活用制度とNPO支援」
認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会代表理事 関口宏聡氏
13:45 基調講演 「佐賀未来創造基金」
公益財団法人佐賀未来創造基金理事長 山田健一郎氏
14:15 関口氏と山田氏の対談
司会 認定NPO法人みえきた市民活動センター理事 川戸由起
14:45 シるミるカフェ「課題解決のプログラムを体験する」CAPみえ 志治優美氏
15:15 休憩
15:30 第2部討論会
第9回桑名員弁地域円卓会議
議題「NPO・市民活動を活発にする地域の基金」
コーディネーター 認定NPO法人シーズ代表理事 関口宏聡
円卓会議委員
エンパワメントみえ代表 志治優美
NPO法人太陽の家代表 対馬あさみ
潟fンソー大安製作所 総務人事厚生課 森 浩子
且O重銀総研 総務部長兼調査部主席研究員 先浦宏紀
公認会計士/税理士 黒田朱里
行政書士/パソコン要約筆記サークル「ことのは」代表 加藤 等
桑名商工会議所監事/きらきら基金運営委員会代表 小笠原まき子
きらきら基金運営委員会事務局長 白尾豪紀
認定NPO法人みえきた市民活動センター理事長 近藤順子
アドバイザー 公益財団法人佐賀未来創造基金理事長 山田健一郎
(以上敬称略)
16:30 参加者との意見交換
17:00 閉会挨拶 きらきら基金運営委員会副代表 木下裕美子

※ご不明な点は、下記担当者までお尋ねください。
 [連絡先]「休眠預金活用制度」学習会担当 川戸由起
e-mail:kawato@rivers-ld.jp
------------------------------------------------------------------------
↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます
第3回チラシ休眠預金活用制度学習会.pdf
タグ:休眠預金
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

東大手の会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/higashiote/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/higashiote/index2_0.xml