CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ドライブ・マイ・カー  | Main | 賢治のわかりにくさ»
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
坂山さんの結審 裁判傍聴の感想 [2021年12月14日(Tue)]


裁判員裁判だったこの裁判。

懲役3年、執行猶予5年、という主文が始めに読まれた。

いろんなことの違和感があった判決内容。

心神喪失と心神耗弱、その違いは判らないし、

坂山さんを知らないから言えない。

が、

もし私が被告だったら、罪を贖うことはもうできないわけだが、

服役という時空間の中で、身を置きたいと思うのではないか?と感じた。

医療刑務所があるのかどうかわからないが、、、、。

そのほうが優しいのではないか?

それと、障碍者の命が軽視されてる気がした。

この判決を新聞やニュースでしって、介助がしんどかったら

殺されても仕方がない存在なんだというメッセージを撒いてるのではないか?

あと、施設に入れてしまえ、という発想に行く人がいるのではないか?

地域で生きることをより難しくさせるのではないか?

あと、福祉行政の落ち度や遅れが問題にされなかったよ。

京都の住民の冷たさ、りゅうくんの作業所入りを断った人たちは、何も思わないのか?

役所の人間は傍聴に行ったのか?

とか、
だんだん腹立たしくなってきた。





トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント