CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«二日連続で見た不思議な夢 | Main | 9月21日 賢治忌»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シルヴァーノ・アゴスティ監督作品 メモ [2021年05月06日(Thu)]


連休中にアップリンク・クラウドで、アゴスティ―作品を観た。

6本。

72時間で1作品500円。

「快楽の園」
「ふっつめの影」
「カーネーションの卵」
「愛の渦」
「天の高みへ」
「人間大砲」


「快楽の園」

黒いオルフェが、だぶって来る。

モーリス・ロネ
この人は、悩み葛藤苦悩する役が
似合うんだろう。

そして、結婚したばかりの
若い妻、対照的な向かいの部屋の「奥さん」。
この、黒い髪と黒い眉、黒い瞳、そして少し褐色の肌(映画の中では、特に褐色感が強調されてるような気がした)、魔女的なイメージ。

ラストで、若妻は、死んでいるのか?
こめかみ辺りと、小鼻が少しひくひくしているのがわかったが、
死んでいる設定だったのだろうか?

死の伏線は、
結婚式での妻の母親のことば、
倒れた後で、棺桶の中の妻の姿のイメージ、
カルロのバスルームでの夢の中の
奥さんが若妻を抱いて、海に入っていくシーン。


アゴスティ―の作品には、朝日が昇る前の海と太陽、
夜の海と太陽がよく出てくる。
波、雲、不穏なイメージに結びついていくような波の表情。

そして、やはり、この監督は編集がすごい。

キリスト教の教会の白い服を着た少年たちが二列になって
海岸近くの丘の上の行列と、
感が言い沿いの平たい岩の上で踊る若者たち、
そして、若者たちは、モリコーネの音楽で、ロックというか、ゴーゴーみおたいな音楽に合わせて踊ってる。女性はみんなミニスカートで、このあたりが時代を感じさせる。
少年たちが近くを通り過ぎるとき、一旦踊りは止まるが
遠ざかると再び踊り始める。

TEMPO
確かそういう字幕の後。

ほかの作品もそうなのだが、
キリスト教会の権威への強烈な批判、
そして、現実と妄想が入れ代わり立ち代わり
現れてくる。
精神医療への関心度、
それらが、次々と映像になって出てくる。

(つづく)










トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント