CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«告祀(コサ) | Main | 明朝、献花に行く»
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
絶滅危惧種が狭い檻に、嗚呼動物園 [2020年08月25日(Tue)]


数十年ぶりの京都市動物園。

ユーチューブでゴリラ家族の様子が楽しくて、

市内に住んでるんだから、と、仕事帰りに寄ってみた。


ジャガーは、狭い檻で、まるで猫のように

暑い中、ひっくり返って寝ていた。

夜行性なんだろ。

しかし、しかし、狭い檻。

アムールトラも、狭い檻!

京都市、こんなんでいいのか?

いいわけないだろ!

金持ち目当てのホテル立てる余裕あるんだったら、

こういう稀少な野生の生き物を狭い檻に入れて生きさせることを
なんとかしたらどうか?と、
怒りを感じてしまう。
虐待だこれは。

ゴリラの所は、一番広い感じがした(生物のからだの大きさに比べて)

観客用のトイレなどは、昔に比べたらすごくきれいにはなっているが、
しかし、京都市動物園は、狭さが決まってるんだが、
猛獣ゾーンの檻を
もっと何とかしろと言いたい。

職員さん達も、暑い中、必死で働いておられた。

ああ、、こういうことに対する予算の少なさを痛感した。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント