CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«おせちクイズ | Main | ダンシャリアンになれるか?»
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
龍と詩人 [2012年01月04日(Wed)]


年賀状、なんと、まだ 1名様しか出せていないのだ。

3日のうちにやろうと思いつつ、

考え始めて、手を付け始めたら、ちょっと大変なことになってきた。

「触って楽しむ」年賀状にしようと思ったのだ。

これはこれであきらめてないんだが。。。。

龍の形を毛糸か紐でボンドで貼り付けようとしてた。

一枚一枚の作業です・・・・

これじゃ、2月になってしまう?



その前から、「龍」で、ずっと思い浮かんでいたのは、

賢治の「龍と詩人」

これは、賢治の芸術観やら、自然と人の関わり方やら、

個性と表現の考え方やら、示唆に富んだ作品。

元旦によく読んでみたら、

老いた龍のチャ―ナタは、千年の昔に自然に対して勝手なことをして

皆を苦しめたため、十万年、洞に閉じ込められたまま、海と陸との見張り番を

させられている・・・・・

これは、原発のことにも、読みとれるではないか。

「預言者」 「設計者」、という言葉からは、

詩人(=芸術家)のあるべき姿勢を書いていると思うが、

終わりの方では、老いた龍と若い詩人スールダッタが

異世代交流による未来の世界のデザイン会議を二人でしようと

話している。

ファンタジックであるが、

現在の活動家へのメッセージだ。

どこまで、すごいのだろう。


岩手では、花巻と大槌町を結ぶ「イーハトヴ・メルヘン街道」を作ろうという動きがあるそうだ。

http://www.asahi.com/national/update/1031/TKY201110310190.html


昨年、実現できなかった岩手でのパフォーマンス計画を

何とか今年来年さ来年につなげられるようにイメージしてみよう。





「龍と詩人」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/4865_14855.html

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント