CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«自主避難者の権利と保障  | Main | 一木一草»
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
赤坂憲雄氏の声、ラジオ深夜便、〜東北学〜狩猟文化 [2011年10月25日(Tue)]

ラジオ深夜便が聞こえてたので、

だれだろう?この声は、この話は?と

音を大きくすると、

なんだって〜?

「東北学の提唱 云々」と言ってるではないか!

え、まさか、この人が、、、

とにかく、声だけ聞いてると、

30代の静かで謙虚な研究者と言う感じ。

論文を書き続けている人は、

こうも、淡々と丁寧に、乱れることなく話せるのか。。。と

感じ入ると共に、こっちがすごく落ち着く話し方だ。

それにしても、この人は、プロフィールからすると

50代後半だけど、

驚くべき不思議な若さを感じさせる声だ。

東北学を提唱した理由についてや、

(柳田國男民俗学への疑問、

東北は縄文を起点に語られるべきではないのか?ということなど)

1990年代、東北を歩き始めたころ、

「おしん」の世界・・・寒い・暗い・貧しい・・・は終わったと感じていたが、

震災で、それらの昔の姿が露わになったような気がする、ということ、

などなど、を、訥々と、しかし、熱を持って明快に話されていた。

(このあたり、省略すると、ちょっと誤解が生まれるかもしれない、すいません)

今は、東北の復興会議メンバーとして 福島への3つの提言、

@除染、A医療(継続的な内部被ばくなどの検査)、B自然エネルギー特区化

をしているそうだ。

ご本人は東京生まれだけど、

お父さんは福島県出身なので、自分自身は福島、東北に

根をおろして生きて行く(こうい言い回しではなかったけど)という

ような覚悟が聞きとれた。

東北全体を将来的に自然エネルギー特区に、というシナリオを持っていると言う

壮大な話だ。

(自主避難の権利と保障の現実的な話とは、肌合いの違いも感じるが、

長い展望として、それが実行されるようにチェックしていきたい、とも言われていた)


偶然だったけど、ラジオで声と話が聞けてよかった、

また起きてきて、

忘れないように書きこんでるわけ。


・・・・・・・・・・・・・・

『東北学3号』、福島市の古本屋(てんとうふ)さんから夏にネットで買いました。

介護民俗学の提唱+実践者の六車由美さんの

「人身御供と殺生罪業観」を読みたかったからだ。

本の中身を見たら、そうだそうだ、

私は、昔、こういうの知りたかったんだ、、、、という内容がずらり

まだ、全部読んでないけど、

で、その中にインタビュー「ケガレと差別」があり、

赤坂氏が辻本正教氏にいろいろなことを聞いている。

この第3号は総特集「終了文化の系譜」であり、

帯には「瑞穂の国に亀裂が走る!濃密に残る狩猟と供犠の風景」とある。

夏からずっと狩猟や動物供儀とか特に頭に残ってたので

(元もと、そうなんだが)

9月、KYOTO EXPERIMENT のチラシの中に

「Matadouro (屠場)」というブラジルのダンスのタイトルを見た時は

すごくこれが気になり出した。

それが、MarceloのWSに出ることになっていったんだった。





トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
自主避難者の権利と賠償保障を訴える母親の切実さと、このロマンチックにも思える赤坂氏の話の間には、大きな距離があるように感じられる様な気がする。
それがつながるようにしなければならないけど、。。。
Posted by: goshima  at 2011年10月25日(Tue) 15:21