CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


湘南台灯籠流し(藤沢市) [2019年08月19日(Mon)]

 夏の風物詩の1つで、先祖の霊に感謝する日本の伝統的行事「第23回湘南台引地川灯籠流し」が円行公園とその界隈で開催され、見物に行きました。

 公園内には地元の方々が整備・管理されている竹林内がライトアップされていて大変に混雑していました。

 撮りました写真を公開します。

DSC_3764灯籠流しR5C&a12トリ_1433.JPG


DSC_3975灯籠流しR5C6A12トリ2圧(配布).JPG


DSC_4135灯籠流しR5C5K1トリ圧(配布)5.JPG

DSC_3912灯籠流しR5C5A20K0.5トリ2圧(配布).JPG


DSC_3841灯籠流しR5C6A20トリ圧(配布).JPG

     引地川灯籠流し
DSC_4182竹林R5C5A22圧(配布).JPG

DSC_4183竹林R5C6A30圧()_1431.JPG
    円行公園の竹林




面掛行列(鎌倉市) [2018年09月21日(Fri)]

 先日は、鎌倉の御霊神社、極楽寺、稲村ヶ崎などを巡りました。御霊神社では毎年9月18日に開催されている面掛行列を見学しました。平日に関わらず多くの見学者が集まっていて大混雑でした。

 その時の写真を公開します。


DSC_4560面掛け行列R5C5A-9トリ_384.JPG

        面掛行列

DSC_4575面掛け行列R5C6A-9トリ2_396.JPG

      福禄寿のお面姿

DSC_4498サーフィンR5C12A-20トリ_383.JPG

    稲村ヶ崎より江の島を望む

 御霊神社は関東平氏5家の始祖、鎌倉氏・梶原氏・村岡氏・長尾氏・大庭氏の霊を祀った五霊神社であったといわれ、その後 御霊神社となったといわれます。祭神も集約され、鎌倉権五郎景正のみを祀るようになりました。

 景政は、その武勇をもって知られ、敵に射られた左目に突き刺さった矢を抜こうと、一人の武士が景政の顔に足をかけたところ、景政はその非礼を叱責したといいます。

 このような伝承から、志の成就(必勝招来、学業成就)の神徳があるとされます。

 ここ神社は、江の島・鎌倉七福神の1つである知恵の神様で知られる「福禄寿」のお面があり、このお面が面掛行列で見られました。

藤沢市民まつり(藤沢市) [2018年09月14日(Fri)]

 今年も、9月29日(土)・30日(日)に藤沢市民まつり(第45回)が開催されます。

 開催場所は藤沢駅周辺、藤沢市民会館及び周辺、遊行寺・ふじさわ宿交流館などです。

 催しの内容は、大パレード・ご当地物産ブース「絆」・屋台村・お笑いライブ・遊行歌舞伎・ふれあい動物園・オリンピック・パラリンピックPRブース・遊行寺境内めぐりスタンプラリー・各種ステージなどです。

 昨年のパレードの写真を公開します。


DSC_3063市民まつりR5C6A-2K1.5トリ_371.JPG


DSC_2996市民まつりR5C6A-6K1トリ_370.JPG


DSC_3472市民まつりR5C5K1.4トリ_372.JPG


DSC_3225市民まつりR5C5K-1.9トリ_368.JPG DSC_3228市民まつりR5C5A-2K-2トリ_369.JPG

    藤沢市民まつりパレード

藤沢宿・遊行の盆 その3(藤沢市) [2018年08月06日(Mon)]

 前回に続き、「藤沢宿・遊行の盆」内で踊られた地元「湘南なぎさ連」の「阿波おどり」を掲載します。ここの阿波おどりは、躍動感あふれて男女の踊りの違い、男女のかけひきなど大変素晴らしかったです。写真を公開します。


DSC_3100阿波おどりR2C5A-6K-0.8トリ_299.JPG

DSC_3029阿波おどりR5C5A-3K-1トリ_298.JPG

DSC_3144阿波おどりR5C5A-6K-0.3トリ_300.JPG
    阿波おどり(湘南なぎさ連)
 徳島の夏祭り「阿波おどり」は、今月(8月)12〜15日に開催されます。有名な文句『同じ阿保なら踊らにゃそんそん』で知られて、400年位の歴史を持ちます。その言葉通り、見て楽しく踊って楽しい阿波踊りと言われています。
 阿波おどりは「念仏踊り」と呼ばれ、踊りながら念仏を唱える仏教儀式が起源とされていて、遊行寺に伝承されている「踊り念仏」と起源が同じように考えられます。

続きを読む...
藤沢宿・遊行の盆 その2(藤沢市) [2018年08月03日(Fri)]

 今年の夏は、記録的猛暑が続いて、全国各地で最高気温が35度以上の猛暑日を記録。『東日本の7月の平均気温2.8度上回り昭和21(1946)年の統計開始以降で最も高かった』と気象庁。熱中症に気を付けて下さい。

 前回「藤沢宿・遊行の盆」の模様を掲載。その中の「西馬音内(にしもない)盆踊りについて記載します。西馬音内町は秋田県雄勝郡にあった町で、現在は羽後町中心部にあたります。この盆踊りは毎年816日から18日まで西馬音内本町通りにおいて行われます。

 「阿波踊り」、「郡上おどり」と合わせて日本三大盆踊りとも言われます。(「藤沢宿・遊行の盆」ではこの祭りを観覧できます)、

 身体全体で表現し、特に手の先を使いで細やかに踊る厳かな「西馬音内盆踊り」の写真を公開します。


DSC_2958西馬音内盆踊りR2C5A-2トリ➀圧(公開).JPG


DSC_2934西馬音内盆踊りR2C5A-2K-1.5A圧(公開).JPG DSC_2938西馬音内盆踊りR2C5A-2トリB唖ツ(公開).JPG


DSC_3418西馬音内盆踊りR2C3トリC圧(公開).JPG

      西馬音内盆踊り


 今年は816日午後6時から9時までの3時間番組のNHKBSプレミアムで、全国に生中継で「大中継!にっぽんのお盆」というタイトルで、京都の「五山送り火」や熊本県御船町の「精霊流し」などと共に、お盆行事として生中継される予定です。


続きを読む...
藤沢宿・遊行の盆(藤沢市) [2018年07月31日(Tue)]

 7月29日に、毎年恒例の「藤沢宿・遊行の盆」を見に行きました。多くの方で賑わっていました。

 遊行寺に伝承されている踊り念仏は、鎌倉時代に時宗開祖の一遍上人が全国を遊行(教化)で念仏を唱えているうちに弟子が踊りだし、見ていた民衆もこれにならって踊り出したというのが始まりと言われ、一説には盆踊りの始まりとも言われます。

 当日は地元の遊行おどりを始め、西馬音内(にしもない)盆踊り(秋田)、郡上おどり(岐阜、今回は台風のため中止)、阿波おどり(湘南なぎさ連)が見られました

 撮りました写真を公開します。

DSC_3266遊行の盆R5C5A-3K-1.5トリ圧(公開).JPG

      遊行寺参道の賑わい

DSC_3298遊行の盆R5C5A-8K-5トリ圧(公開).JPG

      大盆踊り(境内)

DSC_3103阿波おどりR5C5A-3K-3トリ_289.JPG

  阿波おどり(ふじさわ宿交流館内)

DSC_3434西馬音内盆踊りR5C5A9K-1トリ圧(公開).JPG

     西馬音内盆踊り(境内)


 遊行寺は時宗(浄土宗系)の総本山で、正式には(とう)沢山(たうさん)無量光院清浄光寺(しょうじょうこうじ)と言います。創建は鎌倉時代の末期(1325年)、遊行四代呑海上人の開山です。


メルシャン工場見学とワインは何故健康に効果があるか。(藤沢市) [2018年07月05日(Thu)]

 先日は、普段はなかなか見ることができないメルシャン藤沢工場内部を見学しました。

 神奈川県は全国一番のワイン生産地で、その内90%以上のワインをこのメルシャン藤沢工場で製造しています。この工場は焼酎やブランデーなどワイン以外のお酒も製造しています。

 見学は、製造と包装の行程、製造者や研究者らの話、ワインの試飲などです。

 ワインはポリフェノール、ミネラル、ビタミンが含まれており、体内の抗酸化作用(動脈硬化予防)、抗ガン(ガン予防)、血圧降下(高血圧予防)、特に高級ワインには糖尿病予防効果などの多くの効果が期待されます。特に、赤ワインには、緑茶と比べると6倍程度のポリフェノールが含まれていると言われています。

 ポリフェノールはブドウの果皮と種子に多く含まれていて、赤ワインは果実(果皮・果汁・種子)丸ごとを発酵するのに対し、白ワインは果汁のみで発酵し、酸味の強い物は一般的に魚料理に合うとされます。赤ワインは濃厚な風味のものは一般的に肉料理に合うとされます。


IMG_0010メルシャン工場見学R5C5A-4トリ2_239.JPG

      工場見学の服装

メルシャン藤沢工場写真.jpg

    藤沢工場構内(ネットより)



 

 この工場では、ワインによる様々な取り組みを行なっていて、イベントも多数開催されており、藤沢ワイン祭りは毎年11月に行われています。

 工場の撮影は一部を除いて禁止です。ネット上では工場見学の体験記が複数掲載されています。興味のある方は検索してはいかがですか。


泣き相撲(藤沢市) [2018年05月14日(Mon)]

 昨日は、白旗神社へガイドに行きましたら、一心泣き相撲を開催していました。TVでは以前に見たことはありましたが、実物を見るのは初めてでした。

 お相撲さんらしき方が幼児を抱え相撲を執っていました。そのほか手形を採ったり、四股を踏んだりいろいろの催しもので賑わっていました。

 写真を撮りましたが了承を得ていませんので、会場風景を公開します。

IMG_0028泣き相撲R5C5A-3トリ_353.JPG


IMG_0009泣き相撲R5C5トリ_356.JPG

    白旗神社の一心泣き相撲


 泣き相撲は、1歳前後(白旗神社では首が座いる幼児から2歳半ごろまでとのこと)の幼児の泣き声を土俵上で競わせる日本の風習・神事。現代では主に幼児の成長や安産を祈る目的で行われるが、神社で行われるものには氏神に対する新しい氏子の披露という意味もあります。例は少ないものの各地で行われ、勝負は相手よりも先に泣いた方を勝ちとするもの、逆に負けとするものと地域によって異なり、本来は勝敗に関係なく大声で泣かせる事に目的があったと思われます。

 泣き相撲あるいは泣き笑い相撲は以下の地で行われています。青森市の泣き相撲 ⇒ 浪岡八幡宮、花巻市成島部落の泣き相撲。正式名称は十二番角力式⇒ 三熊野神社 (花巻市)祭祀、鹿沼市樅山町の泣き相撲 ⇒ 生子神社 (鹿沼市)祭祀、台東区浅草の泣き相撲 ⇒ 浅草寺、藤沢市の一心泣き相撲⇒相州藤沢・白旗神社 など全国で行われています。



平塚七夕まつり [2015年07月07日(Tue)]
怪我で1ケ月ほど観光ガイドを休んでいました。復帰後は色々忙しくご無沙汰していました。
久しぶりに、写真撮影に「平塚七夕まつり」の織り姫パレードを撮りに行きました。
朝は小雨でしたが、パレードが始まるころは曇り、撮りました写真をご覧ください。

DSC_9991○平塚七夕パレードミスC13K-1トリ.JPGDSC_9987○平塚七夕パレードC12A-6K-5トリ.JPG
江の島天王祭(神幸祭)の八坂神社神輿の海上渡御 [2013年08月09日(Fri)]
先月(7月14日)に開催されました天王祭の八坂神社神輿の海上渡御を
小船から見るチャンスがありましたので、写真に撮りました。海上からの撮影ですと、お囃子や観客が大勢集まって、江の島一のお祭の様子が分かります。このお祭は神奈川県祭50選の一つ選ばれています。
画像 100海上渡御八坂神輿JSC15CH-20回-0.3○圧Web.jpg
| 次へ
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml