CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


江の島とオリンピック(藤沢市) [2019年06月25日(Tue)]

 江の島は昭和39年(第18回)東京五輪ヨット競技会場に続いて、来年は2020(第32回)東京オリ・パラのセーリング会場です。

 第18回の遺産としてヨットハーバー、木造帆船「やまゆり」、聖火台、世界女性群像噴水池などがあります。2020東京オリ・パラに向けては、会場・道路の整備、小田急片瀬江ノ島駅の立替などが進められています。

 写真を公開します。

DSC_9988ヨットハーバーR5C6A-13K0.6トリ_1157.JPG

     江の島ヨットハーバー

DSC_0013ヨットハウスR5C5A-12トリ_1156.JPG

ヨットハウス(平成26年6月1日オープン)

IMG_0037帆船やまゆりR5C5A-6K1.7トリ.JPG

IMG_0016帆船やまゆりR5C5A-8トリ_1151.JPG

      帆船「やまゆり」

DSC_9998聖火台R5C6A-12トリ_1146.JPG

    聖火台(第18回東京五輪)

DSC_9946女性群像R5C6A-22トリ_1140.JPG

DSC_9950女性群像R5C5A-10K1.3トリ_1141.JPG

     世界女性群像噴水地


 「やまゆり」は第18回東京五輪の際に、来賓用セーリングクルーザーとして活躍し、航行する優雅な姿から「湘南の貴婦人」と呼ばれます。全長13.3m、高さ15mのマスト。今もNPO法人帆船やまゆり保存会により管理されて現役で航行しています。

 聖火台は当時の設置位置から2度移動しています。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml