CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


野鳥観察(大和市) [2019年01月07日(Mon)]
 今回は、藤沢市の北部に位置する大和市で、引地川の源流でもある「泉の森公園」の野鳥を公開します。 写真は昨年1月冬に撮りましたものですが、今期冬も見られると思います。
 
DSC_3487キンクロハジロR5C6トリ2_566.JPG
      キンクロハジロ
DSC_3503ヒドリガモR4C5トリ_560.JPG
       ヒドリガモ
DSC_3587バンR4C5A-3トリ2_562.JPG
         バン
DSC_3589オオバンR4C5トリ_563.JPG
        オオバン
DSC_3558アオサギR4C5トリ2_561.JPG
      アオサギ
DSC_3526コサギR5C6A-3トリ_564.JPG
         コサギ
DSC_3657カワセミR9C9A-6トリ2_565.JPG
        カワセミ
 キンクロハジロ(冬鳥)は雄が黒色で紫光沢の頭部、水に潜って取ることが得意で20秒近く潜っていられます。
 ヒドリガモ(冬鳥)は頭が赤いところから「緋鳥」「火鳥」といわれたことに由来、額が出ていてクリーム色の縦線があります。
 バン(留鳥・冬鳥)は嘴の先が赤く先端が黄色、水田の番をすることから名付けられました。
 オオバン(冬鳥・留鳥)は嘴が白い、首を前後にゆすりながら水面を泳いでいることが多い。
 アオサギ(留鳥・漂鳥)は日本のサギ類の中で一番大きい(全長約93cm)、青灰色をおびた体色が特徴、水辺でじっと待ち伏せて獲物を捕らえ、大きな魚はくちばしで突き刺す。
 コサギ(留鳥)は嘴が黒く、足の指が黄色。
 カワセミ(留鳥)は緑色の翼とコバルト色の背、オレンジ色の胸と腹、黒くて長い嘴(メスは下が赤色)美しい体色から水辺の宝石と言われます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml