CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


日本その日その日 [2018年06月18日(Mon)]
 「日本その日その日」(“Japan Day By Day1917Boston)著者はE・Sモースで、翻訳は石川欣一氏の本を読みました。
 大森貝塚の発見で知られるモ−ス博士は 、明治10年に初来日(計3回来日;アメリカ人)しました。そして、江の島に東洋最初の臨海実験所を建て、シャミセンガイをはじめ多くのものを採取しました。江の島には僅か1か月程度の滞在でした。
 その後、関東・北海道・関西・九州など日本の各地を訪れ、日本人は礼儀正しく正直で、清潔なことなどに強い印象を受けました。
 また。民具、自然を生かした装飾品に関心を持ちました。帰国後、これら見聞したことなどついてスケッチを交えてこの本に纏め、日本を世界に紹介しました。

DSC_6745臨海実験場のスケッチR5C6A20トリ_208.JPG
     モースの臨海実験場
DSC_6744臨海実験場内部R5C9A20K-1.5トリ_211.JPG
臨海実験場内部(窓に見えるのは片瀬東浜?)

 モ−ス博士は、設立間もない東京大学理学部動物学・生理学の教授になりました。そして、日本で最初の進化論の講義をしたことでも知られています。
 博士は、日本の民具などをたくさんの品々を収集しました。モ−ス博士が収集したものと同様なものがこのブログのリンク集にある「江戸民具街道」で観ることができます。
 現在も、モース博士関連のことを調査・研究などで活動している集まりのモース研究会があります。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml