CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


運慶への招待 [2018年06月15日(Fri)]

 市販本「運慶への招待」(朝日新聞出版編者、浅見龍介監修)を読みました。

 運慶の作品は全国に沢山伝わっています。しかし、「運慶への招待」の本によれば『確定ではありませんが、運慶の作品として取り上げられる仏像は31体であると言われています。運慶は1150年に生誕したと言われ、奈良法隆寺北円堂内には運慶工房のベテラン・若手が終結して完成させた仏像群があります。運慶の作品は古代ギリシアの彫刻に匹敵するものと言えるかもしれません。』と述べています。ウイキペディアに記載の運慶のスケッチと作品を公開します。

800px-運慶.jpg

      運 慶

Miroku_Bosatsu_by_Unkei_(Kōfuku-ji,_1).jpg

  興福寺北円堂弥勒仏像

800px-Jizo_Rokuharamitsuji_(Unkei_attrib).jpg

   六波羅蜜寺地蔵菩薩像


 「運慶への招待」の本によれば、『運慶のスゴサは当時のスタンダードを乗り越えた現実感と存在感がある。願成就院の阿弥陀如来坐像は、ひだを深く刻み自然なひだになるようバランスを整えていて、衣の下に存在する肉体の量感が圧倒的。』と述べています。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml