CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
出番まち (03/17)
ヘルピングハンズアンドハーツジャパン事務局ブログ
名称特定非営利活動法人ヘルピングハンズアンドハーツジャパン
代表者本田直輝
詳細住所名古屋市港区船頭場五丁目323-2
電話番号052-710-7479
FAX番号
URLhttps://hhahj.jpn.org/
E-mailinfo@hhahj.jpn.org
設立(年月日)2008年
目的国際協力活動の豊かで健全な発展と地域住民の参加による国際協力を実現することを目的とする。
活動内容設立当初は現地法人とフィリピンでの教育支援事業や栄養不足改善事業に取り組み、台風被害を受けたフィリピン・レイテ島でのアグロフォレストリー事業を支援するプロジェクトを推進しています。  国内の多文化共生事業では語学を通じた国際交流や国際理解セミナーなどを行っています。特に日本語事業では、日本語や日本文化を理解する外国人を一人でも増やすことで日本への親しみや理解を世界に広げています。また日本語を教える活動は、異なる文化を互いに尊重しあうことで平和な世界を築く為の重要な草の根活動の一つとしても推進しています。国際交流を通じた多文化共生の実現により、我々日本人がさらに国際的視野からグローバル社会で活躍する事を目指しています。  海外では東南アジアで地球温暖化対策を目的とした植林や農業を行っています。地球環境保全を持続可能とする技術として大学の研究機関や現地カウンターパートNGOと協働でアグロフォレストリ―やアグロエコロジーを実践しています。
ごあいさつヘルピングハンズは「多文化共生の実現」をミッションに国内及び海外で活動してます。国内の多文化共生事業では語学を通じた国際交流や国際理解セミナーなどを行っています。特に日本語事業では、日本語や日本文化を理解する外国人を一人でも増やすことで日本への親しみや理解を世界に広げています。また日本語を教える活動は、異なる文化を互いに尊重しあうことで平和な世界を築く為の重要な草の根活動の一つとしても推進しています。国際交流を通じた多文化共生の実現により、我々日本人がさらに国際的視野からグローバル社会で活躍する事を目指しています。

海外では東南アジアで地球温暖化対策を目的とした植林や農業を行っています。地球環境保全を持続可能とする技術として大学の研究機関や現地カウンターパートNGOと協働でアグロフォレストリ―やアグロエコロジーを実践しています。

多文化共生事業を通じて日本の地域づくりにも貢献しています。日本国内の地域課題を、海外で培われた新たな視点を交えて見つめなおすことで、地域の国際化、多様性を生かした社会づくりを進めています。団体を支える地域社会とのつながりを深めることによって、地域に根付いた活動を目指しています。

 開発途上地域の抱える課題と日本の地域課題には共通点も多く、例えば「保健・医療・福祉」、「環境保全」および「子供の健全育成」や「街づくり」等は、国際NGOと日本のNPOの主要活動分野として共通しています。グローバル化の進展する中で、日本での日常生活や社会の在り方が、開発途上地域の問題の遠因となっていることも少なくありません。このような視点から見ると、国際協力活動と日本国内の地域課題に取り組む活動には、本質的に大きな差はありません。そこで、「地方発の地域とつながる国際協力」を新たなモットーとして活動を進めています。各会員のユニークな個性や創意工夫、地場産業や地域社会のありようを基にして、地域課題にも取り組みながら、相互に学び合い、支えあう双方的な活動として運営しています。

 市民の自覚と責任に基づくボランタリー精神に基盤を置き参加型運営を心がけ、社会的に必要とされる事業には積極的に取り組み、長期的に成長の見込める事業を行っています。先駆的な活動へのチャレンジによって市民が創り上げる新たなる公共性を開発し共生型の 21世紀の市民社会をめざしています。
レイテ島アグロフォレストリー事業ココナッツ農家のアグロフォレストリーへの転換を通じた農村環境の回復及び生活改善を行っています。ハイヤン台風被害を被ったフィリピン・レイテ島北部における復興支援により地元農村の環境および経済が復興することを狙いとしています。アルブエラ市の約200世帯以上のココナッツ農家の社会経済的調査および作物・農地適合性調査を実施し、事業対象となった260農家世帯のうち、143世帯の事業参加農家に対して有機農業、木材樹木や果樹の植林、野菜栽培などに関する研修を実施し、農家に野菜の種子、バナナをはじめとする果樹・木材樹木の苗木を提供し、農地管理に関する技術的助言を行っています。

 2017年は合計8,500本の苗木(高付加価値木材樹木、果樹および竹、根菜類及び野菜の種子を含む)を植栽しています。また、地元のコミュニティ組織による収穫物の販売も支援しており、政府系組織「気候変動と飢餓に対する女性の行動」によって事業を引き継ぎ、今後の生産と販売を主導しています。 2019年からはレイテ州北東部タナワン市周辺農村部における事業の導入を開始し、年間30000本の苗木植栽を予定しています。また、当事業はトヨタ自動車の環境助成プログラムにも採択されています。
国際交流・多文化共生事業外国人に日本語を教えています。プライベートレッスンで場所と時間を自由に設定して行っています。会社員・主婦・留学生などの在日外国人から短期滞在者までたくさんの生徒さんが勉強し、多くのボランティアスタッフにご活躍頂いております。名古屋や愛知県以外にも東京や海外などたくさんの生徒やスタッフさんが参加しています。教えていただけるボランティアスタッフを募集中です。ネイティブ講師の英会話!誰でも1回からご予約で受けられます。英会話の交流会も定期的に開催!
海外の文化と環境セミナー語学教育以外にもさまざまな国際交流・異文化理解促進事業を行っています。「海外の文化と環境セミナー」(名古屋市後援)では外国人講師がその国の文化や環境に関する意見を発表し、参加者が異文化理解について討論する機会を提供しています。

 すべて英語で行うセミナーでは、海外の生の声で直接理解できるだけでなく、参加者同士も英語で議論することで英会話力向上も目指しています。環境問題を通して日本や国際社会の多文化共生のあり方をお互いに考え合うことを目的としており、毎年たくさんの方に参加いただいています。
ヘルピングハンズは「多文化共生の実現」をミッションに国内及び海外で活動してます。ヘルピングハンズアンドハーツジャパンハーツジャパン HH JapaNeedsでは日本語ボランティアも募集中。
プロフィール

ヘルピングハンズアンドハーツジャパンさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hhahj/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hhahj/index2_0.xml
月別アーカイブ
リンク集