CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
私たち医療法人社団平成会は、「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」を理念に
お客様一人ひとりの心に寄り添うケアを行動指針としています(ISO9001認証)。

詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.heiseikai-group.com/
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
★守山通信★〜守山工房「新年の目標カード作り」〜 [2020年01月21日(Tue)]


みなさんこんにちは手(チョキ)

今回は1月18日(土)に行われた守山工房についてご紹介します。


今回の守山工房では新年の目標カードハートを作っていただきましたNEW
CIMG8949.JPG


抱負・目標を自筆していただき、ぜひ目のつくところで自身の目標に向かって日々頑張っていただきたいと思いますペン

CIMG8951.JPG


作り方は
@好きな柄のカードを選び、日付と名前を書きますメモ
A今年の干支のネズミのイラストを糊付け
B空いたスペースに今年の目標を書いていきます


間違って「平成」って書かないようにね(>_<)
CIMG8955.JPG

CIMG8959.JPG

CIMG8963.JPG



可愛いネズミ貼れましたか?猫
CIMG8969.JPG


「最近は字かかないからなぁ」「あの漢字どう書くんだっけか?」と細いペンにお客様も大苦戦ふらふら

CIMG8978.JPG

CIMG8979.JPG

CIMG8981.JPG

今年の目標みなさんかけましたか?
みなさんはどんな目標を書いたんでしょう?教えてくださーい目


CIMG8983.JPG

CIMG8984.JPG

CIMG8988.JPG

CIMG8991.JPG

CIMG8996.JPG


みなさんご自身の健康と一緒に守山に休まず通うことくつを目標にしてくださっていますね。


こちらはオリンピックをみんなで応援することを目標とされていますねスポーツ
CIMG9000.JPG

みんなで日本チームをたくさん応援していきましょうね。



今年の守山の目標は
お客様が怪我や病気なく毎日笑顔で守山に来ていただけるようにすることですかわいい


今後もお客様と一緒に目標に向かって努力してまいります。

令和2年1月22日(水)
医療法人社団 平成会
デイサービスセンター守山 芳賀手(チョキ)
             和田猫

Posted by 平成会 郡山事業部 at 16:09
★守山通信★〜こやまケア活動日記〜 [2020年01月21日(Tue)]


みなさんこんにちは雪


今回のこやまケア活動日記では「身体拘束と高齢者虐待防止法について」をご紹介します。
CIMG8941.JPG

まずは身体拘束についてご紹介させて頂きます。

ここで紹介させていただく身体拘束とは「四肢をひもで縛る」といった物理的な拘束だけでなく、「行動を落ち着かせるため、向精神薬の過剰服用」「脱衣やおむつ外しを制限するために介護衣(つなぎ服)を着用させる」などといった物理的・精神的問わず本人の意思に反し行動を制限することを言います。


身体拘束は人権的側面からだけでなく、生活の質(QOL)を根本から損なう危険性を有しています。


また、身体拘束の種類によっては身体機能の低下につながり、寝たきりや時には死期を早めるケースも生じかねません病院

身体拘束の問題は高齢者ケアの基本的なあり方に関わるものであり、関係者が一致協力して身体拘束の廃止に取り組むことが重要となります。
CIMG8944.JPG

〜高齢者虐待防止法〜
正式名を「高齢者虐待の防止、高齢者の養護に対する支援などに関する法律」となります。

虐待には大きく5つの分類に分けられます。
・身体的虐(暴力行為・身体の拘束)
・心理的虐待(脅し・無視・嫌がらせ)
・性的虐待(本人との合意のないあらゆる形態の性的行為またはそれの強要)
・経済的虐待(合意なしの金銭の使用・金銭の利用の理由なく制限する行為)
・介護・世話の放棄・放任(水・食事を十分にもらえない・介護や医療の制限)

これらの行為はしてはいけないのはもちろん、これらの行為を発見した人は市町村への通報義務があります。

CIMG8942.JPG

CIMG8946.JPG


今回の勉強会にて「スピーチロック」という言葉が挙げられました。

スピーチロックとは言葉の拘束というものです。
「待ってて」
「立たないで」
「○○しないでください」
といった対象となる方の行動を制限するような言葉かけを指します。

決して本人を害する目的ではないのですが、行動を制限する以上は身体拘束と同じものになります。

守山ではスピーチロックではなく、お客様の了解を得られる言葉かけを意識して対応するよう心がけております。
「トイレはいっぱいですのでもう少しお待ちくださいね」
「まだ、手洗い場は空いていないので座っていて大丈夫ですよ」
「かゆくても傷になるので掻かないようにしましょう」

CIMG8947.JPG


実はこのスピーチロックという言葉は去年の会議にも話が挙がりました。
守山では「接遇向上委員会」というものがあります。

接遇とは、相手を思いやり、もてなす気持ちを持って対応する事です。

去年の11月「自分の言葉使いを振り返ってみよう」にて
・スピーチロックはしていませんか?
・やさしい口調を心掛けていますか?
・ゆっくり聞きやすい語りかけを意識してみましょう。
・お客様一人ひとりのペースに合わせてお話しましょう。
という目標が挙げられていました。


来月の接遇向上目標は
「お客様の目線に合わせよう」です。
お客様に対し、目線が上からだと威圧感を与えてしまう事があります。
お客様の立場に沿って接するよう心がけましょう。


接遇向上委員会はお客様が守山をより良い気持ちで利用して頂けるよう
様々な視点から安らぎの場所となるよう取り組んでおります。


お客様が安心・安全に過ごせる施設であるよう今後も全職員一丸となって努めて参ります。

令和2年1月21日(火)
医療法人社団 平成会
デイサービスセンター守山 芳賀手(チョキ)
             和田猫
Posted by 平成会 郡山事業部 at 14:50
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

平成会 郡山事業部さんの画像
平成会 郡山事業部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/heiseikai-koriyama1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiseikai-koriyama1/index2_0.xml