• もっと見る
私たち医療法人社団平成会は、「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」を理念に
お客様一人ひとりの心に寄り添うケアを行動指針としています。

詳しくはホームページをご覧ください。
右向き三角1http://www.heiseikai-group.com/

« 2022年05月 | Main | 2022年07月 »

連携相談室
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
プロフィール

医療法人社団 平成会 会津事業部さんの画像
検索
検索語句
タグクラウド
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/index2_0.xml
リハビリ新聞「熱中症・脱水について」[2022年06月29日(Wed)]
皆さん こんにちは晴れ
ケアヒルズ青木の齋藤です。
今回は、「熱中症・脱水」についての
リハビリ新聞を紹介しますexclamation

熱中症とは体温が上がり、体内の水分や
塩分のバランスが崩れたり、
体温の調節機能が働かなくなったりして
体温の上昇やめまい、けいれん、
頭痛などのさまざまな症状を
起こす病気のことです。

熱中症といえば、炎天下に長時間いた、
真夏の暑い中運動をしていたといった
ケースを想像するかもしれませんふらふら
しかし、実際は梅雨の合間に突然
気温が上がったなど、身体が暑さに
慣れていない時期にかかりやすい
病気でもあります。

また気温が低い日でも湿度が高いと
熱中症にかかりやすくなります。
家の中でじっとしていても室温
湿度の高さから熱中症にかかることもあります。

人間は年を重ねるごとに、体重における
体内の水分量の比率は徐々に減少します。
一般的に高齢者の体の水分量は、
若い頃に比べると約10%減り、
約50%だといわれています。
つまり、体の中の水分量が少なくなる為
若い頃より脱水症になりやすいといえます。

※上記をクリックしてください。

脱水症を予防することで、熱中症も防ぐ
ことができるので、普段の生活から
こまめに水分や塩分を摂るように
しましょうexclamation

令和4年6月29日(水)
医療法人社団 平成会
デイサービスセンター ケアヒルズ青木
齋藤 可菜

Posted by 平成会 会津事業部 at 15:25 | ケアヒルズ青木 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ