CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
私たち医療法人社団平成会は、「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」を理念に
お客様一人ひとりの心に寄り添うケアを行動指針としています(ISO9001認証)。

詳しくはホームページをご覧ください。
右向き三角1http://www.heiseikai-group.com/

« ひと夏の思い出 | Main | こやまケア活動日記 »

連携相談室
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
プロフィール

医療法人社団 平成会 会津事業部さんの画像
検索
検索語句
タグクラウド
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/index2_0.xml
【こやまケア活動日記】「高齢者の食事について」[2020年07月30日(Thu)]
【こやまケア活動日記】「高齢者の食事について」

こんにちは!アルコート南です。
今年は毎日のように雨が降り、なかなか梅雨が明けませんね雨
最近はいつも、お客様と一緒に「はやく晴れの日が見たいなあ」とお話ししております。
じめじめした気候に加え、コロナウイルスの第2波が迫っており、気分も晴れない毎日ですが、しっかり食べてしっかり寝て、元気に過ごせていけたらいいですねexclamation


さて、7月の目標ですが
高齢者の食事」でした。
IMG_1014.jpg


はじめに、ST(言語聴覚士)の方を迎え、高齢者の食事についての勉強会を行いました。
IMG_1016.jpg


皆さん「誤嚥性肺炎」という言葉を聞いたことはありますか?
誤嚥性肺炎とは・・本来食道に入るべき食物が誤って気管へ入ってしまい(誤嚥)、その食物や唾液に含まれた細菌も気管に入りこむことで起こる肺炎のことです。
高齢者の方は特に起こりやすく、一度発症したら完治させないと再発リスクが高く、重症化しやすいので注意が必要です。
また高齢者の死因第3位が肺炎であり、その大半が誤嚥性肺炎と言われています。

私は毎日のお客様とのかかわりの中で、食べ物の飲み込みが悪かったり、むせりがひどいご様子を見てきました。
いつ誤嚥性肺炎を引き起こすか分からないということで、
高齢者の方の食事は危険と隣り合わせであることを改めて学ぶことが出来ました。
勉強会を通して、これからもお客様の食事のご様子を観察し、誤嚥に繋がらないように気を付けていきたいと感じました。


次に、毎食前の口腔体操を意識して行いました。
口腔体操を行うことによって、口や舌の筋肉が鍛えられたり唾液を出しやすくなり、食べ物を飲み込む力を助けることができます。
毎日行うことで、お客様ご自身も体操の内容を覚えられて、一緒に楽しく体操しておりますexclamation
下の写真は毎日の口腔体操をしている様子ですひらめき
顔のマッサージや舌を動かす運動、パタカラ体操等を行っております!
InkedIMG_1024_LI.jpg

お客様にいつまでもおいしく食事を楽しんで頂くために、今後も支援していきたいと思います晴れ




                     令和2年7月31日 医療法人社団 平成会
                        健康倶楽部あいづ アルコート南 
                           こやまケア推進委員 佐々木

Posted by 平成会 会津事業部 at 04:30 | アルコート南 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/archive/1977

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント