CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 詩と写真 | Main | 出稼ぎ生活を振り返り »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
母親の手作り[2009年10月30日(Fri)]


子供の頃、母親は手作りが好きで、いつも何かを縫ったり、編んだりしていました。特に好きだったのは布の切れ端をもらったり、安く買ったりして、ミッシンで縫い合わせてテーブルクロス、ソファーカバー、布団カバー、かばんなどを作ることでした。いろいろな布を縫い合わせていたため、カラフルで華やかなものばかりでした。親戚や知り合いはよく母を褒め、作ってもらえるように頼んでいるのを覚えています。

小さい頃は各布の模様や色を指で追うのが好きでしたが、小学校に上がってから、何故か恥ずかしく思うようになりました。特に友達が家に泊まりに来たとき、周りの人と変わっているのを知られるのが嫌に感じるようになりました。

小学校低学年のときの出来事ですが、学校の行事で初めてキャンプがありました。持ち物の中にスリーピングバッグが含まれていて、当時家になかったため、母が作ってくれると言ってくれました。皆が一緒に泊まる中で、自分だけカラフルな寝袋がイヤでイヤでしかたありませんでした。いくら親に普通のものを買ってくれるように頼んでもだめで、泣き崩れました。「そんなケチくさいことをやめてよ!!」とまで言ってしまいました。そのとき、母の悲しそうな目を今でも覚えています。結局は母が愛情を込めて作ってくれた寝袋で行くことになって、先生には「かわいい」、「きれい」と褒められましたが、自分の中では晴れない気持ちでいっぱいでした・・・



数年後、親が経営していた会社が倒産し、日本に来ることになったのですが、それ以来、帰国しても母の手作りが一切なくなりました。

このような出来事から20年以上経った今、日本で6年近く留学生活を送っている自分がいます。何でも手に入る便利な都会生活を送ってきたのですが、逆に自然・環境の大切さ、スローライフ、手作りなどを大切にするようになりました。今後、ペルーでコミュニティトレード・ベースで植物繊維やリサイクル物を用いた、バッグや鞄作りを行いたいと思っています。

よく考えると、今自分が目指している生き方は、両親が田舎暮らしで自然に行っていたことでした。小さい頃、周りの目を気にし過ぎて、嫌がっていた生活・・・「ものを大切に長く使う」、「無駄な買い物をしない」、「手作り」、「畑が近くにある生活」・・・今になって母に言ってしまった言葉「そんなケチくさいことをやめてよ!!」と彼女が浮かべた悲しそうな眼差しを思い出すと自分の心を痛めています・・・



今更、誤っても母は覚えていないのかもしれない、その代わり、帰国したらできる限りの親孝行をしようと思っています。そしてもう一度、手作りのものを作ってくれるように頼もうと思っています。



食をちょっと考えて[2009年10月17日(Sat)]


JICA横浜の移住資料館の入り口で
考え深い模型を見つけました。
先進国と開発途上国の食べ物の
消費の違いについてまとめたものです。




先進国では穀物の多くは家畜の
肥料に使われ、肉に変わっていきます。

しかし、

20KGの穀物から、わずか3KGの肉しか作れません。
そして3KGの食肉は1日の消費量では二人分にしかなりません。




開発途上国で穀物は
直接食べる場合が多く

20KGの穀物は1日の消費量では48人分にもなります。



我々は何気なく食肉を消費していますが、
影ではこのような「差」がうまれています。
日々の食事をちょっと見直すだけで
もう少し環境に優しい生き方を
目指すことが出来ます。

肉を食べないように進めているわけでは
ありません。

ただ、

自分が何を食べているのか?
影では何がおきているか?
をよく理解して、

自分の毎日の食事には
「たくさんの人々の努力」と「生命」を
頂いていることを常に意識しようとしています。

そうすれば

少しずつ

自分が出来ることが自然に見えてくると
信じています。





水の危機[2009年06月24日(Wed)]


「1秒の世界A」という本によれば、1秒間に世界で12万7千トンの淡水が使われています。これは25mプール325杯分になるそうです。地球上に存在する約14億の水のうち、人間が利用できる淡水はわずか0.01%です。



我々はこの貴重な水を意識して使っているのでしょうか?
日本で一人当たり平均に使用する水の量は:
 トイレを1回流すだけで12L
 浴そうにためる水は約200L
 シャワーを3分間出しっぱなしにすると36L
 食器洗い5分で60L
 洗濯1回で110L
 洗面・手洗い1分で12L
 歯磨き、30秒出しっぱなしで6L
合わせると1日平均241Lもの水を使用していることになります困った困った



人口増加と近代化によって淡水の使用が急速に増加し、汚染も進んでいます。様々な研究によると今世紀半ばまでに最悪の場合60カ国、70億人が水不足に直面すると言われています。

直接使用する水以外に、食品の輸入によって、他国の水を使用しています。例えば「米1Kgで3,600L」「牛肉1Kgでは2万L」もの水が使われます。日本の食料自給率は年々減少し、今では約38%だそうです。60%も輸入に頼っていることになります。1年間で日本が輸入している食糧全て国内で生産するとしたら640億m3の水が必要となるそうです。これは国内の総水資源使用量の3分の2に相当し、他国の水に依存した生活を送っています。日本は水豊かな国ですが、他国で起こる水不足は決して他人事ではないですね。



ペルーの首都リマは砂漠地帯にあり、1本の川(リマック川)にほとんど依存しています。アンデス山脈に雨が降らないと川の水位が減少し、断水が当たり前のように行われます。このため多くの家では貯水タンクがあり、水道がある時間帯に溜めておきます。地域によってはトラックで水が運ばれ、バケツで購入する行列も珍しくありません。

子供の頃からこのような現実を見て育ったはずなのに、日本にいると、水の豊かさに慣れついつい「水の大切さ」が忘れがちになってしまいます困った困った

生物絶滅の危機[2006年10月29日(Sun)]



地上に生命が誕生してから、40億年経っています。この長い年月の中、生物が進化していき、多様な生物が誕生し、非常に豊かな生態系が出来上がりました。現在、動物・植物を合わせて、約2000万種いると言われています。

40億年。。。我々の想像を超える数字ですが、人間は100年足らずで、この敏感な生態系バラナスを破壊し続けてきました。大量生産と物質社会が普及し、人口が爆発増加してから、森林伐採、湖沼や河川の埋め立て・コンクリート化、オゾン層破壊、砂漠化、農薬大量使用、環境汚染、温暖化などが深刻化しました。



信じられないことに、毎年5〜15万種の生物が絶滅しています。一日で換算すると100〜300種が毎日、この地上から姿を消していることになります。過去の絶滅の数万倍の速度で絶滅しているといわれています。WWF野生生物保護協会出版の『レッドデータブック』によれば、100年以内に全生物の25%が滅びるそうです。



我々、人間は考えているのでしょうか。。。

確かに世界的に沢山の対策がとられるようになっています。「動物保護地域」、「絶滅危機動物の繁殖」、「緑の増加」、「二酸化炭素・環境汚染の減少」、「遺伝子冷凍バンク」、「法律・規則」などなど。。。しかし、これらのプロジェクトはあくまでも西洋医学でいう「一時的な対症療法」であって、「原因療法」にはなっていないと個人的に感じています。

この「環境破壊」の原因は、社会を構成する「人間一人一人の心のあり方(欲望)」にあると思います。いくら一部の人たちが努力をしても、直接関係していないにも見える我々が「心のあり方」を変えなければ、本当の「原因療法」にはならないと思います。

「私には関係ない」、「私には何も出来ない」と思っていても、この社会の一員である以上、「環境破壊の輪」に入ってしまっています。直接、動物を殺さなくとも、森を切り倒さなくとも、肉を食べるだけで、木材を使うだけで、破壊の悪循環に参加をしています。これらを心にとめて「自然に対する優しい心」を取り戻す必要があります。「肉を食べない、木を使わない」と言っているわけではありません。自然の恵みを利用しながらも、上手いバランスが必ずあると信じています。

政府が「法律・規定・規則・対策」を沢山作っても、それに伴う一人一人の「心」がなければ、解決に近づくことがないと思っています。スペイン語の諺で「Si no eres parte de la solucion eres parte del problema(解決の一部ではなければ、問題の一部である)」というのがあります。

まず、一人一人が環境問題に対して、敏感になって「感謝の気持ち」を取り戻す必要があります。心の奥から生まれる「優しさ・感謝の気持ち」さえあれば、破壊の悪循環は自然と改善されていくと信じています。



自然の叫び声[2006年09月19日(Tue)]


人間は現在の技術を
全て費やしても
たった一枚の葉っぱの性能を
勝ることが出来ない

どんないいカメラでも
自然の美しさ全てを
捉えることが出来ない

それなのに
ヒトは
物質の世界に
目が眩み
欲に身を任せ
自然を軽蔑する様に
なった

森林伐採
環境汚染

容赦なく続け
大地を
死の色で
被いつくし
続けている

自分たちの手で
崩したバランスによって

たくさんの災害に
遭遇している



これらの天災は
自然の呼びかけでしかない。。。
我々は
それに早く
気がつかなければ
呼びかけは
叫び声に変わり
たくさんの涙を
流すことになるだろう。。。



世界危機[2006年07月08日(Sat)]


人間社会の驚異的な人工爆発(この百年で世界の人口は4倍に増え、あと50年で更に1.5倍になるとされています)と急激な工業化によって、地球上に大きな異変が起こっています。

いつになったら我々人間は目を開けるのでしょうか。。。

毎日の様にテレビ、新聞で気候の異変が報道されているのにも関わらず、「ふ〜ん大変だね」、「〜の国の人達かわいそう」、「早く政府が何とかしなければ」、「ま〜私には関係ないは〜」で終わり、自分たち一人ひとりの生活を一切見直そうとしません。しかしこれは決して他人事ではありません。一人ひとりの責任であって、近い将来一人ひとりが見る現実になる確率が非常に高いです。

1万年前には全陸地の34 %を占めていた森林面積が、現在では26 %程度まで減少していると言われています。1万年といわれると長い年月に聞こえますが、アマゾン森林地帯だけを例にとると、この十数年でスペインの面積に匹敵するほどのジャングルが消えました。この森林伐採は全世界で見られ、今もなお続けられています。

それから機械類のエネルギーの源となっている燃料を燃やすことにより、二酸化炭素だけでなく、大気中に様々な物質を撒き散らしています。森林伐採と空気汚染により温暖化が急激に促進しています。過去1000年の気温変動のデータを見ても、過去100年で急激な上昇があることがはっきりと分かります。



このまま行けば、大型ハリケーン、大津波、大雨、砂漠化、感染病、ウィルス感染、食料不足、飲水不足、大震災が当たり前となる日はそう遠くはないでしょう。。。これらが「もの」の奪い合い、資源をめぐった戦争が増えるでしょう。。。癌患者、うつ病、精神疾患、自殺、殺人なども爆発的に増加するでしょう。。。







常にこの様なことが起きているのに、人間社会は大きな変化を見せていません。
これは政府、国だけに任せられる問題ではありません。
一人ひとりが問題認識し、自分の生活改善をしなければいけません。

人間社会を身体の病気に例えると、「ガン」に非常に似ています。細胞が爆発的に増加し、栄養を食荒らし、健康な細胞を窒息させ最終的に身体の破滅へと導いていきます。。。このまま行けば地球と言う「固体」「身体」を窒息させてしまうことになります。

人間は地球上に多くの文明を築いてきましたが、大自然の圧倒的な力の前にはなす術もないというのが現実であります。

共存の道を選ばなければ、必ず自分たちの首を絞めることになります。
自分たちで蒔いた種を自分たちで刈り取ることになります。

「欲望」「自我」「愛情」「思いやり」に変えるだけでいいのです。

どうして人間にはこれ程難しいことなのでしょうか〜?

水の危機のブログ記事

自然から学んだ。。。[2006年06月16日(Fri)]
99年に参加した第12回世界青年の船では忘れられない思い出が山ほどあります。この事業での経験は前にも書きましたので紹介をしておきます。

第12回世界青年の船での体験1
第12回世界青年の船での体験2

世界青年の船では「人間関係」についてたくさん学びましたが、それ以上印象に残ったのは海の美しさです。船上から眺める日の出、夕日、星空は最高の情景でした。「日の出」を見るために、朝起きを決めていましたが、朝は苦手ですので、いつも寝過ごしていました。「これではいけない」と思って、何回かは寝ずに待ちました。。。

周りは何も見えない真っ暗な中、ポツーンと現れる赤い光は何とも言えない美しさでした。それまで様々な悩みを抱えていた僕の心の中に、新たな光が注ぎ込まれたことを感じました。残念ながら、今載せられる写真がありません。。。

文明に左右されない自然のコントラストは本当に印象的でした。それまでは自然、景色にあまり興味がなかった自分でしたが、「海の美しさ」に圧倒され、それからは自然に目を向ける様になりました。

もう一つ印象的だったのは「イルカ」です。イルカは子供の頃水族館でしか見たことがありませんでした。海の上で「自由」に元気良く泳ぎ回るイルカたちの群れは、水族館のイルカと比べ物にならないほどのオーラを発生していました。





興味津々のイルカたちは良く船を囲むようにして泳ぎ、注目されていると分かると飛んだり、回転をしたりパフォーマンスを披露していました。誰にも教わっていない、ただ自然の知恵・本能で遊んでいる様子は最高でした。イルカたちは「心」から楽しんでいることを強く感じました。今まで小さなことで溺れていた自分に、新たな希望を与えてもらったようで、晴れ晴れとした気持ちになりました。





自然は本当に人の心を癒す不思議な力があります。イヤな感情も知らないうちに消されていきます。人間社会の「心」が濁り始めたのも、自然に対する尊敬がなくなり、破壊し始めたからではないでしょうか。。。


命の尊さ[2006年06月07日(Wed)]



皆さん知っていました?
日本では年間約20万匹の犬、30万匹の猫が処分されています。一日に換算すると約548匹の犬、822匹の猫が殺されていることになります。

更に詳しく知りたい人は

我々、人間は大多数の「命」を犠牲にして生きています。今回は例として一番身近にいる犬猫を上げましたが、家畜やその他の動物を数に入れたらとんでもない数になります。

この現実を知っている人は本当に何人いるのでしょうか?

確かに動物が生き延びるために多かれ、少なかれの犠牲が必要です。これは自然の法則です。これを良い・悪いと言うつもりはありません。しかし、人間社会が都会化し、大量生産を行うようになってから、この現実から離されました。今では豚、牛、鳥ではなく、スーパーでは「肉」として簡単に購入出来ます。だから、何の罪悪感も無く、自分の人生を過ごすことが出来ます。

私は大学(獣医学科)の実習で畜殺所へ何度も行きました。その光景は今でも忘れられません。動物の列を棒で叩きながら、無理やり歩かせます。動物は自分の寿命を感じ取るかの様に、悲しみと恐怖を混じった目を浮かべながら、逃れられない終末へと進めさせられていきます。初めてクラスで畜殺所に行ったときは、数人涙を流しました。実習で犬・猫を殺さなければいけないときのことは言うまでもありません。。。悲しい

この現状を悪く言うつもりはありません。今の社会を維持するためには必要なことなのかもしれません。私が言いたいのは、「生命に対する敬意・感謝」をいかなるときも忘れてはいけないと言うことです。「命と絶つ」と言う現実から離されたことによって、多くの人々は「敬意の心」を忘れ、「自己中心・自己満足」の毎日を送っています。

残酷だからと言って「動物を常に犠牲にしている」と言う現実を覆い隠すより、肌で感じ、受け止めて生きた方が良いのではないでしょうか?私の場合は「死」に触れることによって、「命」について深く考えるようになりました。



プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml