CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« カムカム | Main | ペルー料理 »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
人間の唾液はすごい!![2006年11月17日(Fri)]



New Scientistというウェブサイトで面白い記事を見つけました

フランスのパストゥール研究所が行った研究によると、人間の唾液から取り出される「dubbed opiorphin」という物質に、モルヒネの6倍の鎮痛作用があると発見されたそうです。

研究はラットで行われ、「dubbed opiorphin」を1グラムは、モルヒネ3グラムと同等の鎮痛効果が得られたと述べられています。「モルヒネ」は中毒性があって、心理学的副作用があるので、「dubbed opiorphin」はモルヒネに代わる期待の物質であります。それに、この物質には抗うつ作用もあると考えられています。

研究はまだ途中段階で、これから「dubbed opiorphin」の副作用についての研究が進められていきます。



人間の唾液に隠れた凄い作用があるとは驚きです笑い
大学で「唾液には抗菌作用」があるのを聞いたことがありましたが、鎮痛作用は初めて聞きました。人間の唾液にこのような作用があれば、きっと動物にも同じことが言えるでしょう〜。そうなれば、「動物が怪我をすると傷口をなめる」のはうなずけますね。動物たちは本能的に鎮痛作用があることを覚えたのかもしれません。

今まで、噛むことによって、成長ホルモン分泌促進、胃の負担減少、糖類の消化(唾液の酵素)などがあるといわれていましたが、「鎮痛作用・抗うつ作用」が唾液にあると分かれば、「ものをよく噛んで食べなきゃ〜」ですね〜。特に慢性的なストレスにかかっている人たちやうつ症状を持っている人は、食事を楽しんで、ゆっくり食べる習慣をつけるよう、努力しなければいけませんね〜。

発見されて間もない「dubbed opiorphin」ですが、これからの研究が楽しみです。
様々な応用方法がありそうです。

西洋医学への疑問[2006年08月02日(Wed)]






西洋医学は多くの病気を対症療法だけで、済ませていることが多いです。
痛みがあれば、鎮痛剤
炎症があれば、坑炎症剤
熱があれば、解熱剤
下痢があれば、下痢止め
などが殆どです。

毎日の様に「薬」は莫大に売られ、飲む患者さんが数え知れないほど多いです。
しかし、対症療法は症状を抑えるだけであって、原因を根本的に治すわけではないことを頭に入れなければいけません。それに、薬には必ず副作用があります。短期的に飲む分には問題がありませんが、長く飲んでいれば、必ず身体に負担をかけ、歪みが生じます。

例えば、西洋医学では多く使われている坑炎症・鎮痛剤、ステロイドホルモン剤などがあります。痛み、アレルギーなどには必ず使用されます。
坑炎鎮痛剤はどの様な作用を持っているかを見ると:プロスタグランジン(血管拡張作用)の精製を阻害し、血管を閉じるように働きかけます。おしかける痛みの物質が止められるので、痛み自体は一時的に止まります。しかし、血流を止めているので、同時に組織修復もストップしてしまいます。短期間飲む分には問題がありませんが、長く服用していると、血管収縮が慢性的に起こり、血圧が上昇し、心臓に負担をかけます。血圧が上がれば、降圧剤が処方されます。交感神経緊張(ストレスと薬の副作用)のせいで脈が早くなり、不安になるので、抗不安剤を投与されます。それで、糖代謝が促進されるので糖尿病になり、糖尿病の薬を投与されます。さらに血流が悪いので、身体中の関節が壊され、腰痛、膝痛が起こり、更に鎮痛剤が処方されます。。。

もう一度原点に戻ってみると「痛み」は「働きすぎ、頑張りすぎ、ストレス」によって生じています。鎮痛剤で痛みは一時的に止められても「ストレス」そのものを改善したわけではないので、本当の治癒には導かず、逆に身体への負担を大きくしてしまったことになります。「治る」どころか、悪循環を更に悪くしてしまい、「痛み」から始まった治療が「難病」へと繋がるケースは少なくはありません。

これを是非、知った上で、「薬」の投与を判断してください。
必要以上に飲めば必ず、そのしっぺ返しを受けることになります。

私は個人的にこの様な治療法に疑問を持って、東洋医学の世界に入りました。

続く。。。

思考の力A[2006年07月12日(Wed)]


前回の「思考の力@」でも説明をしましたが、「アドレナリン・ノルアドレナリン」はストレスホルモンとも呼ばれ、生物が「危険」にさらされると自然に分泌されるホルモンであります。アドレナリンの作用として:心拍数増加、血糖値上昇、末梢血管収縮、代謝を活発化などが上げられます。これらの作用のお陰で、危険の前に「戦・逃・警戒」に身体が備えられます。自然の中で生き抜くために、必要不可欠なホルモンであります。

通常なら「危険」の前でアドレナリン系が上昇し、身体を動かし、危険が過ぎると元のレベルに素早く戻ります。しかし、ストレス社会となった今では、多くの人は身体を動かさずに、感情だけを抑制しようとします。仕事をしていて「イヤだ」「何を!」「ふざけないで!」と思っていても、表には出せないことが多いです。その結果常に、アドレナリン系ホルモンが体内を流れ、行き場が無く、悪影響を与えていきます。

アドレナリン系ホルモンが常にあると、血管収縮が持続的に起こり、心臓が強く働かなければいけなくなり、血圧が上昇します。長年この状態が続くと心臓肥大、脳梗塞、脳内出血などにかかりやすくなります。

それから、持続的な血管収縮で血流が悪くなり、末梢で酸素不足状態になります。細胞が「パニック状態」となり、酸素が来ると高率良く利用しようとして、「活性酸素」を多く作ります(活性酸素はエネルギーをたくさん出せるので、激しい運動、細菌と戦うときなどに都合が良い)。しかし、エネルギーの行き場がないと、近くの脂肪と結びついて過酸化脂肪(老化物質)となります。

もう一つの活性酸素の経路として、ストレスにより作られた活性酸素は水に溶け、活性化水素(一般名:オキシドール)となり、更に塩分が加わると、サラシ粉(水道水に入れて殺菌に使用される猛毒)になり、アンモニアがつくとモノクロラミン(非常に危険な発ガン物質)となります。

環境汚染による発ガン物質は勿論危険ですが、体内で作られる上記の発がん物質の方が何十倍も危険だと言う研究者もいます。

体内で常に化学変化が起きています
明日、上司に呼ばれたら、「また叱られる」「イヤだな〜」と思うか;「褒められる」、「何か相談をしたいのでしょう」と思うかを良く自分の反応を見てみましょう。



ネガティブに発想すれば、必ず身体に負担をかけてしまうことを忘れないで下さい。
思考の力@[2006年06月29日(Thu)]



皆さん知っていました?
思い・感情」は全て脳内で物質化され、化学反応となって「何か」を引き起こしています。今までは無視されがちでしたが、科学の発達により、「思い・感情」が身体全体に大きな影響を与えることが分かり始めました。

プラス思考」を持つと脳から「エンドルフィン系ホルモン」が分泌されます。
マイナス思考」だと「アドレナリン系ホルモン」が分泌されます。
それぞれのホルモン系には非常に多くの働きがありますが、簡単にまとめると:

エンドルフィン系:はストレスの緩和剤としての働き、心を落ち着かせます。それから、免疫力の増加作用もあると言われています。

アドレナリン系:身体を興奮状態にし、「戦う・逃げる」体制に備えられます。自然の中で生き残るには、必要不可欠なことです。しかし、慢性ストレスにより、長く分泌されていると、身体の老化を早め、免疫力の低下に結びつきます。


恐い「ガン」の例

我々の免疫細胞には「NK細胞」と呼ばれる細胞があります。このNK細胞は様々な働きを持っていますが、ここでは一つだけ紹介したいと思います。NK細胞はガン細胞に穴を開け数分で除去する働きを持っています。

「マイナス思考・ストレス→アドレナリン系」により、NK細胞の機能が低下し、身体全体の老化を早めています。現社会では生活習慣、食生活が崩れ、不安定な睡眠、環境汚染などが当たりまえとなっています。この様な環境の中でガン細胞の誕生が促されます。この上、NK細胞の機能が低下していれば、ガンが発病する確立が格段と上昇するのは当たりまえです。

逆に「プラス思考・リラックス・瞑想→エンドルフィン系」により、NK細胞は「幼若化現象」を起こすと報告されています。エンドルフィンがあれば、NK細胞が活発になり、ガンにかかり難くなると言うことになります。

様々な心理研究によれば、人間はマイナス思考になる傾向があり、多くの人間は「1日の7〜8割がマイナス発想」だと言われています。

これなら現社会のガン発症率が上昇するのもうなずけます。
日本では大体5人に1人がガンにかかると言われています。
非常に深刻な確率であります。

この確率を減少させる、一つの予防方法として「プラス思考の維持」が上げられます。

ストレスを慢性的に抱えている人は、是非このことを真剣に考えてほしいと思います。。。

自分の健康は、自分の「思考」により大きく左右されることを忘れないで下さい。

続く。。。

このテーマに興味がある方は次のリンクをのぞいて見て下さい:
脳内革命:

生命の不思議B[2006年06月20日(Tue)]
生命の不思議A


科学は非常に早いスピードで進化しています。
そのお陰で昔なら、想像も出来なかったことが、今では当たりまえとなっています。
しかし、科学の進化は裏表があるのを忘れてはいけません。人間の生活を助ける一面もあれば、非常に危険な一面も持っています。

歴史的に見ても、ダイナマイトはトンネル、建物の建替え、鉱山などの為に発明されたのに、大量破壊兵器に変化をしました。原子力も、高エネルギー源として発明されたのに、核兵器へと変化しました。。。機械類も生産率・移動スピードを上げる代わりに、環境を汚染します。

医療関係でも、新医薬品には必ず副作用があり、ある症状を軽減する代わりに、身体に負担をかけます。使用量を間違えれば、命に関わる薬品もたくさんあります。

遺伝子の世界でも、驚くほどの進化を見せています。遺伝子組み換え食品からクローンまで。。。個人的に「人間が下手に触れてはいけない領域」だと思っています。遺伝子は生命そのものを司るので、それを下手にいじれば、「しっぺ返し」は思いもよらないほど大きいと思います。

それに、科学・化学が進化すれば、する程人間のプライドが上がり、「自然・生命・人間への尊敬・感謝の心」を失っていきます。「敬意・感謝の気持ち」が込められていない、科学の進化は非常に危険です。。。

ここで一つ思い出して欲しいことがあります:
それは、いかに科学・技術が進歩しても、人間は自然を支配することが不可能です。今の人間の「自慢のテクノロジー」、「お金」を全て寄せ集めても、たった1個の細胞すら作ることが出来ません。我々が最も軽蔑している「細菌」1個すら作れません。

このことから二つのことが分かります:
−自然の凄さと
−60兆の細胞から成り立つ、我々一人一人の凄さとポテンシャリティです。

科学が進歩してきている今だからこそ、我々は原点に戻り、「生命に対する尊敬と自然への感謝」を取り戻すべきだと思います。そして、自分がどれ程、恵まれているか、どれ程の可能性を秘めているかを自覚し、「科学と自然」、「人間と自然」の共存を目指すべきだと思います。

生命の不思議A[2006年06月19日(Mon)]


生命の不思議@のリンク。。。

遺伝子の「構造と原理」は全ての生命で共通していますが、二つと同じ組み合わせはありません。一組の親から生まれる子供は70兆通りの組み合わせの中から自然に選択されます。70兆!?人間一人一人は70兆という膨大な数の中から選ばれた奇跡的存在であります。宝くじを当てるより何百倍以上と難しい確率ですよ〜。

一人一人は「存在している、生きていることが奇跡の中の奇跡」であることを自覚して、一日一日を大切にしながら、生きていくべきだと思います。価値のない人間などこの世に存在しません。考えても見てください、我々の身体の中の細胞1個1個に1000冊以上の情報が刻まれています。今の人間は、この情報のたった5%しか利用していないと言われています。後の95%は「off」状態になっており、可能性として秘められています。

このポテンシャリティを開花すれば、誰もが凄い人間になれます。「思考」次第です。

多くの人々は科学、技術の発展、物質的世界に目がくらみ、目の前にある事実を見落としています。「人間中心的」な考え方を持ち、自然を軽蔑する人が増え、破壊し、生命に対する「尊敬・感謝の心」を忘れ、段々「ネガティブ思考」に溺れて行きます。

Mixiで友達が「言霊」について書いています。Mixiに参加している人たちは是非呼んで見て下さい。個人的に共感する部分がたくさんあります。
「Mixiでの言霊リンク」

今度から半分「水」が入った「コップ」を見たとき:
− 半分しか入っていないと思うか?
− 半分も入っていると思うか?
良く考えて見てください。

普段から思っている「小さなこと」でも必ず「」で化学変化を起こし(化学伝達物質、ホルモン分泌など)、身体全体に影響を与えているのを忘れないで下さい。遺伝子関係の研究を行っている一部の人たちも、「この変化」は細胞一個一個に影響を与え、遺伝子のon、offにも影響を与えると述べています。

「良い遺伝子」、「悪い遺伝子」のon、offは自分たちの思考次第と言うことになります。

細胞一個一個に非常に大きな可能性が秘められていることを常に意識して、一生懸命生きていれば、必ず自分の人生もポジティブに変化して行くと確信しています。

自分の身体に秘められた「可能性」の開花は自分次第です。

我々は70兆分の1の確立で選ばれて「奇跡」です!!

少しずつではありますが、「ポジティブ・シンキング」の力・影響が科学的に立証され始めました。もう目を背けることが出来ない状況になってきました。
自分の可能性、奇跡的に選択されたことを感謝しながら、より良い自分をつくって行きましょう。

続く。。。

生命の不思議@[2006年06月18日(Sun)]


生命の凄さについて考えたことがありますか?
この話題に触れだしたらきりがありませんが、自分なりに3回に分けて「生命の凄さ」について触れたいと思います。


今回は次の質問から始めたいと思います。
世界の人口はどれぐらい上昇するか分かりますか?

現在、全世界の全人口は約60億人と言われています。
この数字想像出来ますか?

60億と言われると、自分には想像出来ない数です。
更に驚くべきことは、全ての人間はたった1個の細胞から60兆の細胞まで成長してい行くと言うことです。

60億人がそれぞれ、60兆の細胞と言われると「ギョッ」とします。

この細胞1個1個には例外なくDNAが含まれています。DNAは皆さんも知っての通り、遺伝子であり、生命維持には不可欠であります。簡単に説明しますとDNAは鎖状に並んだ、4つの塩基(A:アデニン、G:グアニン、T:チミン、C:シトシン)で構成され、二重らせん構造をしています。塩基は組み合わせにより、「情報」を保存します。

DNAは各細胞の核に含まれ、1個の核に含まれる遺伝子の基本情報量は30億の化学文字で書かれていると言われています。30億文字です!この膨大な数字を本にしますと、1000ページの本で1000冊になります!!
「自分の場合は一生かけても読みきれない量だと思います。全て「暗記しろ」と言われたら泣きたくなります」。

この莫大な量の情報は顕微鏡を使用しなければ見られない、細胞1つ1つの中に入っています。

どれぐらいの大きさか想像出来ますか?
重さを考えると、1グラムの2000億分の一グラムしかありません。

1グラムの2000億分の一?
分かりやすく例えると、地上の全人口(60億人 X 60兆の細胞)のDNAを集めて、重さを量っても、米粒1つの重さ以下しかありません。

現在、世界に存在するどのパソコンでも、この大量の情報を一瞬で処理すのは不可能です。
更に、この膨大な情報処理はマイクロの世界で絶えなく行われています。

凄いと思いませんか?
科学が進化すればするほど、自然の凄さと完璧さに圧倒させられます。


続く。。。


子どもの肥満[2006年06月16日(Fri)]




今日は肥満について面白い記事を読みました。
興味がある方はDr. Kay Rheeのインタビューを読んで見てください(英語ですけど)

インタビューリンク

この記事によれば「厳しいしつけ」は子供の肥満につながるという結果が新しい研究(アメリカ)で明になりました。厳しいしつけの元で育てられた子供は5倍近く太った子供に成長すると言われています。

リー博士は「暖かく子どもの意思を尊重する両親に育てられた子どもは、正しい食生活や運動方法かを判断する能力が見につくと考えられます。一方、厳しくしつけられた子どもはストレスから逃れるため、過食に走ると考えられます」と述べています。

今までストレス・感情と健康のつながりは無視されがちでしたが、最近心身医学も発達し、様々な研究が進められています。どの研究でも、「子供の時の経験」が大人になっても大きく影響すると分かってきました。

多くの大人は「子供のことを思って」厳しく育てようと試みますが、子供が一番必要としているのは「愛情」です。仕事で忙しい人ほど、家庭内ルールに拘り、言いたいことだけ言うって、子供の話に耳を傾けない人が多いです。しかし、この様な態度は子供に一生残る大きな傷となることを考えなければいけません。何事も「バランス良く」やらなければ良い結果は生まれません。

心身医学の研究が進むにつれ、社会、教育、人々の態度、あり方が大きく問われて行くと思われます。



プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml