CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ペルーの紹介 | Main | その他 »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
日系ユース会議[2006年12月02日(Sat)]


今週の金曜日、日本財団で「日系ユース会議(仮名)」事業化のための意見交換会が行われました。JICA留学・研修生、日本財団奨学生、Nikkei Legacy、海外日系人協会と日本財団の代表者が集まり、日系社会について様々なことが話し合われました。主なテーマとして:

− 日系人とは、日系人としての自覚
− 日系社会を維持していくことの意義、意思、問題意識
− 今後の日系人、日系社会の行方

などでした。











出身地(ブラジル、パラグアイ、チリ、アルゼンチン、ボリビア、ペルーなど)、専門分野などがバラバラでしたので、面白い意見がたくさん聞けました。
その中でも、共通していた問題点として「若い世代でアイデンティティが薄れてきている」、「若い人たちの積極的な参加を増やす」、「世代交代」、「出稼ぎが抱える問題」などが上がりました。

そもそも日系社会は日本人移住者たちがよりよい未来を目指して、団結をして作ったものであります。言葉・文化が違う国の中、厳しい労働条件と差別の中、前へ進みたいという共通意識が、団結力を強くしていたと思います。でも5世、6世までいる今では、日本語を話せる人が少なくなり、日系社会が持つ目的に共感を感じず、日系社会活動に参加しなくなっています。

日系文化にしかないよさをなくさないために、「新たな日系社会」を目指す必要が出てきています。「上の代の幹部たちと、青年たちが協力し、支えあえる社会」が。。。そのために、
「意識のシフト」が必要だと個人的に思っています。

「日本の援助を受ける」、「誰かがやってくれるのを待つ」から「自分たちに何が出来るか?そして自分に出来ることから実行する」に意識を変えなければいけないと思っています。

今回の様に、様々な団体の日系ユースが集まり、話し合える場は非常に大切だと思っています。横の繋がりを構築できると共に、問題認識ができ、意識の変化へとつながると思っています。

厳しい教育ママ[2006年11月20日(Mon)]


先週あるファミリレストランで晩御飯を食べていたら、横で会話をしていた親子の話が耳に入りました。。。というより、母の方の声がかなり大きかったので、「聞くな」という方が無理でした(子供の方はたぶん5歳前後だと思います)。


何で85点しか取れないのよ〜。来年小学校に入学したくないの?
入りたいよ〜(半分泣いていた)
こんな点じゃ〜無理よ。絶対入れない。お母さんがこんなに頑張っているのに、何で勉強しないのよ。
。。。
間違っている問題は家で何回も教えてあげたでしょ〜?全く、何で覚えないのかな〜。あ〜イヤになっちゃうな〜。
。。。

その後も、お母さんの説教が長く続きましたが、ボクの方は居心地が悪くなったので、サッと食べて帰りました。

あの様な言い方をすれば、出来ることも出来なくなると思いました。「85点で、なんで褒めないのかな」、褒めて間違ったところを優しく教えてあげれば、子供もやる気が出ると思います。子供のモチベーションを高めながら教育するのがベストではないでしょうか。

ただ厳しくして、面白くない問題を暗記させて、間違ったところを押し付けるだけではモチベーションが下がり、出来ることも出来なくなると思います。子供に興味さえ持たせれば、いくらでも伸びると思います。子供の吸収・想像は凄いですから。。。何より、自分で考えさせることが大切ではないでしょうか。

この親子の話しを聞いて、自分の大学入試のことを思い出してしまいました。大学入試のために、1年もかけてたくさんのことを暗記したのに、今役に立っていることは一つもありません。それに、今問題を解けと言われたら、たぶん半分以上解けないと思います。



日本は「入試・資格・国家試験」に他の国以上にこだわっていると感じています。何事も資格・資格・資格です。

資格は確かに大切だと思いますが、勉強全てが資格獲得のための「暗記・暗記・暗記」ではよい専門家・人間が育たないのではないでしょうか。

ごぞんじですか?[2006年11月09日(Thu)]


先週、新宿駅周辺を友達と歩いていたら、南口の一角に2匹の犬と一枚のポスターが目に入りました。ポスターには「ごぞんじですか?年間40万頭以上の犬や猫が行政によって殺処分されています」と書かれていました。随分前に同じ様なテーマをブログで取り上げましたが(https://blog.canpan.info/heiji/archive/20)、一人でも多くの人に、この現状を知ってもらいたいため、また書きます。



この無邪気な2匹の表情を見ていたら、数ヶ月前、軽井沢に遊びに行ったときのことを思い出しました。ホームステイさせてくれた友人が「軽井沢の冬になると何が多くなると思う?捨て犬。。。夏の間、別荘に来ているとき、ペットを飼って、シーズンが終わったら捨てるんだよ〜。別に犬が本当に欲しいのではなく、ただファッションのために飼う人が多いんだよね。軽井沢の商店街を歩くと犬連れの人が多いでしょう〜?あれをかっこいいと感じているんだろうね〜。かって過ぎるよね〜困った」。





人間は「命を何だと思っているんだろう」と考えてしまいます。40万頭を365日で割ると、1日に1000頭を軽く超える数字が出てきます。犬、猫だけでこの数字です。それも日本だけを計算に入れたときの話しです。悲しすぎる現実悲しい悲しい。。。

実は僕が獣医を辞めた理由の一つがここにあります。あまりにも多くの人が動物をただの「商品、もの」としてとらえています。仕事にするには自分も冷たくならなければ、やっていけなかったのです。「お金がないから処分して」「治療にお金がかかるからいいや〜」「長く利外国に出るから」理由は聞き飽きるほどありました。。。変わっていく自分、冷たくなっていく自分がイヤでした悲しい

大学ではいろいろありましたので、この様なポスターやニュースを見ると、特に敏感に反応してしまいます困った困った。。。


暗いブログですみませんすいません。。。
感動的な食事会[2006年11月06日(Mon)]


9月に書いたブログがきっかけ(第47回海外日系人大会A)で、先週、歌手の「井上祐見さんと彼女のマネージャ」に会うことが出来ました。





海外日系人大会では井上さんはアトラクションの部で招待され、素晴らしい「講演会」を披露しました。個人的には演歌はあまり興味がありませんでしたが、じかに井上さんの声に耳と心が奪われました。このことをブログに書いたら、マネージャさんからメールが届き、先週3人で食事をすることが出来ました。まさか個人的に会えると思っていなかったので、感動しました笑い音符

話しを聞いていたら、井上さんはプロ歌手の中で、ブラジルを中心に南米を一番訪問している人であって、8年連続で、8回行っています。南米に興味を持ったきっかけは「ブラジルで開催されたのど自慢」をテレビで視たことだったそうです。テレビを通じてブラジルの日系社会を知り、日本の歌を届けたいという意志が生まれたそうです。

今回の食事で話を聞いて感動をしたのは南米に行くのはお金が目的ではない。南米で活動をしても、日本で知られることがないからね。。。でも毎回『講演会』を楽しみにしてくれる人が一人でもいれば、日本の歌を届けたいハート。日本の歌を聴いて、涙を流すおじいちゃん、おばあちゃん、一緒にステージに上がって歌ってくれる人もいる。日本では絶対にない光景と満足感だよね笑いという言葉でした。それから、「1度、おじいちゃんに、お札を渡され、いくら断っても、『せっかく来たんだから美味しいものを食べて』といわれた。彼の方が必要としているお金なのに。。。そのときは涙が出るほど感動したよ笑い。金額は大切ではない、このとき人間の心の暖かさを感じた音符。それから、毎回、持って帰れないほどお土産をもらうしね。。。南米で知った人の暖かさが、私のエネルギーの源となっている

井上さんの話を聞いているだけで、感動を味わう僕がいました。。。

南米でのオモシロハプニングをたくさん聞くことも出来ました。「ブラジルに行ったとき、好きな食べ物を聞かれたから『お稲荷と鶏の唐揚げ』と答えたら、その年回った全箇所で『お稲荷と鶏の唐揚げ』が出されたよ〜困った困った。みんな私のことを心配して、ハードなスケジュールの中、少しでも喜びを与えたいという気持ちは嬉しいけど、毎日同じメニューには参ったよ〜困った。それ以来『お稲荷と唐揚げ』はあまり食べなくなった〜ウインク」と聞いたとき、三人で爆笑しました笑い

井上さんとは初めて話しをすることが出来ましたが、井上さんには素敵な歌声以外に、暖かな心、人に無い感受性、ユーモアセンスを持っていることを知りました。見習いたいことが山ほどあります。

ずっと応援して行きたいと思っています。



来年ブラジルで行われる「海外日系人大会」「山口県ペルー移住80周年」などの大きな行事にも是非参加をして欲しいと思っています。

近い将来、南米でしか行っていない『講演会』を聞きに行きたいと思っています。

井上さん、マネージャさん、本当にありがとうございました。

富士急ハイランド[2006年10月09日(Mon)]

栃木県に住む日系人の友達(Rさん)に誘われ、日曜日に群馬県のある工場で働く日系人就労者たち(40人)と富士急ハイランドに行ってきました〜笑い。朝6時発の貸切バスに乗って、〓ウキウキしながら4時間ちょっとの道をみんなと楽しく音量話しながら行きました。

いざ、富士急に着いたら、強風のため殆どの大きなアトラクションが動いていませんでした困った困った。おまけに乗れるアトラクションは4時間以上待ちと来ると、みんなのテンションが一気にダウンしました悲しい汗。唯一喜んでいたのは、高いところが苦手なRさんでした怒り



結局、夕方5時まで、たった一つのアトラクションに乗り、後はのんびりと写真を撮っていました。諦めかけていた頃、風が止み、待ちに待ったジェットコースターが運転を開始するアナウンスが流れました。「やった〜笑い拍手!」と思っている間もなく、待ちくたびれた人たちがアリの様に走り出し、あっという間に大大大行列が出来上がってしまいました。



乗りたかった、ローラーコスター「ええやないか」の列の最後に着いたら、「本日はここで終了」と書かれた看板を持った人がいて、「え〜〜〜〜困った困った〓!!!」と思いながら、友人Rさんの嬉しそうな笑顔がありました怒り

バスにでも帰ろうかと思っていたときに、ブラジル人の友達から電話が入って、何と!!前の方で並んでいると言ってくれましたキラキラ拍手。Rさんの顔から笑顔が消え、トボトボと着いて来ていましたが、いつの間にか姿を消し、電話で「あれには絶対乗らないから困った!!!」と言ってきました。

何がともあれ、「ええやないか」に乗れてよかったです。言葉では説明できないほど、エキサイトでスリルを体験することが出来ました。皆さんも是非!!!

結局、2つのアトラクションしか乗れなかったが、たくさんの友達が出来たので、楽しく過ごすことが出来ました。言葉、文化、差別を受けながら、様々な苦労と苦しみを抱える日系人就労者たちですが、出来るだけポジティブで、楽しい日本での生活を過ごそうと努力している人たちに出会いました。

みんなありがとう〜。いいエネルギーをたくさんもらいました。









第3回 MIXI日系オフ会[2006年09月17日(Sun)]


僕はブログを書き始めて1年、Mixiを始めて3ヶ月経とうとしています音符
その間、思いもよらない出会いにたくさん巡り合えました笑い笑い

コンタクトが祖父の時代に切れて、もういないと思っていた親戚にも出会うことが出来ました。インターネットを上手く利用すれば、人と人の距離を縮め、仲間の輪を広げられることを実感しています拍手

今日、Mixiで知り合った「日系人コミュニティ」の人たちと第3回のオフ会(飲み会)に参加をしました乾杯。場所は五反田にあるペルー料理レストラン「Arco Iris」で行われました。料理一品一品の値段は高めですが、量は凄いです〜、日本の普通のレストランの三倍ぐらいあります。それに味も抜群です〜。





普段なら出会うことが難しい人たちが、楽しく飲んだり、食べたりしているのを見ると、何ともいえない嬉しい気持ちで心がいっぱいになります。初めて会う人もいるのに、何故か初対面ではないと感じることが多い。。。不思議な心境です。





みんな本当にありがとう〜キラキラキラキラ
これからも仲間の輪を広げて、楽しくやって行こうね。


子供たちと鬼ごっこ[2006年09月13日(Wed)]
軽井沢ホームステイB


(軽井沢ホームステイA)

小諸でそばを食べた後に、軽い散歩をして、大好きな温泉に入りました〜。温泉の名前は残念ながら忘れてしまったのですが、山の斜面にあって、露天風呂から見られる景色は絶景でした。真っ青な空に、白い雲、そして〜限りなく広がる高原「これぞ贅沢だな〜」と思いながら、合気道で疲れた身体を癒しました。

温泉から見られる景色を撮れなかったのが残念です。。。

「子供たちが待っているから行こう」と言われ、温泉を出ました。
「子供たち?」、僕が知っていた限りではTさんには娘が一人しかいないはず。
よ〜く聞いてみると、奥さんの妹の子供たちも来ているとのことでした。「ペルー人が来る」と言われ、ずっと楽しみにしていたらしい。。。

ペルー人とは言っても、外見は日本人とあまり変わらないので、「子供たちはがっかりするのでは」と少し心配していました困った。でも家に着いて、上品で若々しいオーラを持っている奥さんに「子供たちが待ってたよ〜、上がってバラ」迎えられました。子供たちの素直な笑顔と元気な自己紹介を聞いて安心しました(Tさんの奥さんの話しは次回)。自然が広がる環境の中で育っているから、子供たちの心も広々としているんだな〜と思いました。

子供たちは直ぐに心を開いてくれて「小学校に行こう〜びっくりびっくり」と言われ、殆ど休む間もなく、連れ出されました〜。温泉に入った後だったし、軽い散歩気分で出かけましたが、間違っていました困った。小学校に着いたとたん、手を引っ張られ「鬼ごっこしよう〜!!!」と言われました。

「鬼ごっこ?何年ぶりだろう。。。19年ぶり〜困った?!年をとったな〜」と思いながら、子供たちの後をついて行きました。校庭は広々としていて、数人の子供たちが遊んでいました。

「5〜7歳だ〜、楽勝でしょう〜」と思っていましたが、間違いでした。鬼ごっこと聞いて、3人だった子供たちが、何と8人に増えましたびっくり「はい、エルエルが鬼ね〜」と言われ、ゲームスタート(僕の名前はエルエルで覚えやすかったらしい笑い)。広い校庭で元気よく走る8人を追い掛け回すのは大変でした〜〓!

ハーハー言っている僕に「もっとやろうよ〜、もっと遊ぼうよ〜音量音量」と言われながら、子供たちの元気のよさを思い知らされました落ち込み



Tさんが「雨が降りそうだから帰ろう」と言って、僕は「助かった〜」と心の中で思いました〜ウインク

Tさんの家に帰る途中、自然を眺めながら、「東京にはこの様な環境があまりないな〜」と思いました。東京では家の中でテレビゲームをやる子供が多い反面、軽井沢では大人がついていなくても、自然に触れ合いながら、自由に遊べる子供たちがいます。

「親の愛情、美しい自然の中でのびのびと大きくなって行く子供たちは、きっと素敵な大人になるだろうな〜」

この日、体は疲れていましたが、新鮮な空気、美しい緑、広々とした空間、そして子供たちの素敵な笑顔のお陰で、心は喜びと感謝の気持ちに満たされました。

みんなありがとう、また遊ぼうね〜まる







「軽井沢ホームステイ」続く。。。

小諸手打ちそば[2006年09月12日(Tue)]


軽井沢ホームステイA

軽井沢ホームステイ@
合氣道を終えて、心身統一をしたところ、小諸名物、
小諸流手打ちそばを食べに行きました。


手打ちそば舗 草笛 (小諸市)



小諸蕎麦400年の伝統を守り続け、自家菜園を持ち、信濃1号を主体としたそばの栽培から手がけるこだわりの店です。人気は、タレにくるみをたっぷり使った「くるみそば」です。くるみのコクがそばの旨味をより引き立たせています。近くに「手打ち蕎麦切り体験道場」があり、伝統の手打ちの技に挑戦することもできるそうです。今回は残念ながら、体験することが出来ませんでした悲しい。「次は絶対挑戦するぞ〜笑い!!!」

そばも美味しかったけど、更に印象に残ったのは「くるみおはぎ」でした。甘いものには目がない僕は、もち米の上にのった、ほんのりと甘いくるみ粉が絶妙の味を出していました。思い出すだけで口が潤って来ました〜ウインク





お店の外には昔ながらの水車が石臼を回しているところを見学することができます。Tさんはいつも見ている風景ですので、あまり興味を示しませんでしたが、僕にとって初めてだったので、写真を撮るのに夢中になりましたカメラ





「また軽井沢に行きたい〜〜〜笑い音符ハート



軽井沢ホームステイ続く。。。

軽井沢ホームステイ@[2006年09月11日(Mon)]


友人(Tさん)の誘いで、先週末軽井沢に初めて行って来ました〜。軽井沢駅に着いたときから、日本を離れた様な気がしました。緑の山々が広がる景色、ヨーロッパ風の建物、そして神秘的な味を出す霧の調和が何とも言えなく、美しく感じました。





改札を出て、爽やかな笑顔でTさんが手を振ってくれていました。
「今日は合気道の練習があるから、一緒に行こう」と言われて、
軽井沢のことを少し説明しながら、道場へ向かいました。

気やエネルギーに興味を持っているボクは、
初めての合気道体験を前にしてワクワクしていました。

道場(氣の研究会 清心館道場)では先生は簡単に合気道について説明してくれました:

「合氣道は、まず始めに正しい姿勢を学び、心の姿勢が身体の姿勢をつくっています。心が落ち着いていれば、身体も自然に落ち着き、心が安定すれば、身体も自然に安定します。これを「不動心不動体」と言います。自分自身の心と身体が安定しているから、相手の心を知って、導けます。
合氣道では、相手に心を導く前に、まず自分自身の心が自然と一体になることを第一に考えられ、氣の流れを身体でマスターすることにより、のびのびとした美しい動きが生じるようになります。その動きは人格を磨き、職場や家庭の人間関係を円滑にするなど、生活のあらゆるシーンで活かすことができます。」






実際にやって見て、身体がリラックスしているときの状態と、力んでいるときの状態の安定の違いを実感することができました。呼吸法でリラックスし、正しい姿勢をとり、丹田に集中しているとき、強く引っ張られても、バランスを崩すことがありませんでした。合氣道を極めれば、確かに自分の人生の安定を得られると感じさせられました。

現代社会で毎日の生活に追われ、ストレスをため続ける人たちには、合氣道、気功、太極拳、ヨガの様に「呼吸法、心の安定、身体のバランス」を整えるが必要であることを強く感じました。

1時間の短い体験教室でしたが、様々なことを考えさせられました。



「軽井沢ホームステイ」続く


先生ありがとう〜[2006年09月06日(Wed)]


今日、ある先生から、日本に来て初めて心に響く言葉をもらいました。
「テストのために、物事を暗記するのもある程度大切だけど、鍼灸の良さを自分自身で感じ取ることが大切。基礎ではあれもダメ、これもダメで厳しくなっているが、鍼灸を楽しむ心を忘れてはいけない。鍼灸を楽しみなさい。自分のやっていることを楽しく感じれば、自然と上達するから、まず心から鍼灸のよさを実感して、楽しみなさい」



この言葉を聞いたとき、自分の心が膨らむのを感じました。
日本に来て、国家試験、国家試験、暗記、暗記の連続だったから、モチベーションが下がっていました。タイミングよく、この先生に今の自分にピッタリの言葉を聞かされた様な気がしました。

家に帰っても、先生の言葉が心の中にあり、感謝の気持ちが溢れ出るのを感じました。



多くの先生は、本に書いてあることを読むだけで、何を質問しても「国家試験に出るから暗記しなさい」「古典、教科書にそう書いてあるから」ですまされることが多い。これでは生徒がやる気を無くしても仕方がありません。

日本では「先生が行った研究の数、出した論文の数」でいい先生、悪い先生と判断する傾向があります。しかし、博士号を持ち、たくさんの研究を行ったからと言って、必ずしも「いい先生」とは言えないと思います。逆に履歴上、あまり目立たない人の方が教え方が上手いことが多いです。

生徒の発想と想像力を殺さずに、学問に興味を持たせ、研究心を芽生えさせるのが本当の先生だと思っています。。。

今日久しぶりに「先生」と呼べる人に出会った様な気がしました。。。

先生、素敵な言葉を本当にありがとうございました。

プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml