CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日本財団留学生活動 | Main | 動画シリーズ »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
エクアドルからのハチドリ![2009年10月24日(Sat)]




17日、国分寺のカフェスローで、「ニコラさん&ダリオさん」を迎えたトークイベントが開催されました。彼らはエクアドルで「世界で初めて有機認証をもらったエビの養殖」、「コーヒーのアグロフォレストリーと日陰栽培」、「エコペーパー」、「有機コンポスト」、「エコシティ(エコホテル、エコビレッジ)」、「農村地域の子供たちの環境を中心とした質の高い教育」、「フェアトレード」などを実践してきました。



日本財団留学生3人で通訳のヘルプに入ることができ、一番近い位置で二人やコーディネーターの辻信一さん(ナマケモノクラブの世話人)、藤岡亜美(スローウォーターカフェ代表)の話しを聴くことが出来ました。



今回のトークショーですごいと感じたのはニコラさんやダリオさんが活動をしている「エクアドルのマナビ県バイーア・デ・カラケス市」は、3つの大きな自然災害の被害を受け、町は壊滅的な状態になったそうです。

- 97〜98年に起きたエル・ニーニョ現象
- その後に起きた大震災
- エビの養殖によるマングローブの大量伐採(80%以上が伐採されているそうです)とそれに伴う多様性の減少、ダリオさんの言葉を借りると「自然豊かだった川が白い砂漠へと変化した」そうです。そして、「マンチャ・ブランカ(白い斑点)」と呼ばれるウィルス性の病気の異常発生による生産者への壊滅的な打撃。

これだけの災害を連続的に受けていたにもかかわらず、「危機」「機会」へと代え、町を再建するにあたって「エコシティ宣言」を働きかけたのもニコラさんとダリオさんです。辻さんも、この「エコシティ宣言と町の再建」を支えることにナマケモノ倶楽部の原点があると述べていました。



トークショー終了後にダリオさんと話すことができ、自分もペルーで「伝統医療を取り入れたエコビレッジモデル」を造りたいと話をしたら、暖かいコメントを頂きました「それは絶対やるべきだ、自分もここまで活動が大きくなるのを夢にも思っていなかったよ。自分はただ住む環境、子供たちに残せるものを追い求めていく中で、活動が自然と大きくなっていた。自分にあった志をしっかりもてれば、仲間は自然に集まっていくから」

ダリオさんの言葉には大きな力を頂きました。
そして来年、エクアドルには行くと約束をしました。


ダリオさんとニコラさんのプロフィールはナマケモノ倶楽部のページで見ることが出来ます:
「ダリオさん&ニコラさんプロフィール」


それから10月26日と27日にもイベントが企画されていますので、興味のある方は是非参加をしてみてください:
「10月26日イベント」
「10月27日イベント」




カフェスロー8周年記念イベント[2009年05月18日(Mon)]

先週の土曜、国分寺にあるカフェスローで「国際有機コーヒーデー&カフェスロー8周年記念イベント」が行われました。



今回のイベントのテーマは「手作りの平和〜手つむぎの暮らしと分かち合いのスロービジネス」でありました。南米エクアドルから二人の女性活動家が招待され、彼女らが中心となって立ち上げた「グルーポ・ムヘレス・メディオ・アンビエンテ(女性と環境団体)」についての生の声が聞けました。特に印象に残ったのは、団体の活動や民芸品のフェアトレードを行うことによって、少しずつ女性の立場が認められるようになったことでした。南米、特に地方では女性差別が強く、男性優位社会(マチズム)となっています。この問題は代々と伝わっている考えですので、簡単に解決できる問題では決してありません。

団体を立ち上げた当初は旦那に許可がもらえなかったり、周りの女性もマチズムに慣れ過ぎていたりして話を進めるのは相当大変だったそうです。でも、彼女らは周りの反対を押し切って、前に進むことが出来ました。


日本語からスペイン語のウィスパリングを行っているところです。
今回は打村君と交代交代で行いました。



現地植物であるサイザル麻「カブヤ」を使った
手作りの民芸品です。カブヤは環境に優しい植物繊維で
染色に使われている着色料も100%天然由来です。
通訳をやったお礼にプレゼントしてくれました〜笑い






2部のほうではナマケモノ倶楽部やカフェスローの代表メンバーによるトークショーが行われ、8年間の苦労・失敗や達成などについて話し合われました。中でもフェアトレードとは何かについて話し合われた部分が印象に残りました。

「フェアトレードは人と人とのつながり、人と自然とのつながり、
人と未来とのつながり」


自分も将来「健康・食・環境・コミュニティ」に関わる活動をやろうと思っていますので、今回のイベントではいろいろ考えさせられました。


キャンドルナイトin善了寺[2008年06月25日(Wed)]




先週の金曜日(6月20日)戸塚の善了寺で行われた「キャンドルナイトin善了寺」に参加をしました。僕は正直、先月まで「百万人のキャンドルナイト」について殆ど知りませんでした。でも「アレイダさんの講演会」で辻さんと出会って、ナマケモノ倶楽部の活動に参加するようになりました。



日本で行われている「百万人のキャンドルナイト」は2001年、カナダに原子力発電所を建設するという米ブッシュ大統領の政策に反対する「カナダの自主停電運動」がヒントになっているそうです。カナダの運動を見て、「日本でもやってみよう」と言い出したのが辻さんでした。カナダでは真っ暗な中で行われたそうですが、辻さんは子供たちも怖がらずに参加できるために、ろうそくを灯しながらやることを思いついたそうです。何気なく始められた運動が、思った以上に評価がよかったため、ずっと続けられてきました。
詳しく知りたい方は次のリンクを見てください:
http://www.candle-night.org/jp/

http://www.sloth.gr.jp/aboutus/candlenight/top.htm




今回の「キャンドルナイトin善了寺」には福岡県星野村にある「平和の塔」から採火されました。星野村の平和の塔には「悲しみと希望」の両方が込められて造られたそうです。細かいことを知りたい方は是非次のリンクを覗いてください:http://www.union-net.or.jp/cu-cap/heiwanohi0516.htm



イベントにはトークセッションやライブも含まれていて、非常に心に残る話をたくさん聞くことが出来ました。特に、善了寺の中でろうそくの灯りに照らされていたので、神秘的な雰囲気に包まれているような感じでした。雰囲気の影響もあって、心と感覚の感受性があがり、トークの内容がより鮮明に感じました。

電気や電気製品に囲まれた都会のあまりにも便利な生活から、ちょっと離れて、自分のあり方を問い直すいい機会となりました。

新カフェスロー[2008年06月18日(Wed)]


6月22日と23日に国分寺で「新しいカフェスロー」のオープニングイベントが行われました!!!


エクアドルのフェアトレードコーヒーです。
エクアドルの森を守っているコーヒーです。



会場の様子です
思っていた以上に込みました!!




僕は去年までナマケモノ倶楽部について全然聞いたことがない人間でしたが、たくさんの偶然が重なって、つながりを持てるようになりました。去年通訳として参加した第58回ピースボートで「中村隆一さん」と知り合い、先月行われたアレイダ・ゲバラさんの講演会で「辻信一さん小澤陽祐さん」と仲よくなりました。ナマケモノ倶楽部を立ち上げた人たちと直接話しをすることによって、心に強い共感が芽生え、倶楽部の活動に参加するようになりました。


ピースボートで仲良くなった中村隆一さんです〜。
中村さんとはグアテマラで一緒にマヤ民族の家で
ホームステイしました〜。


今回のオープニングイベントではナマケモノ倶楽部を立ち上げたメンバーとエクアドルから来ていたカルロスソリジャさんのトークイベントが行われました。そしてなんと音符うれしいことに、同時通訳を頼まれました〜笑い

短い時間でたくさんのテーマが取り上げられました。例えば「幸せについて」、「エクアドルのアグロフォレストリ」、「スロー農業の苦労」、「豊かさについて」などがあげられます。歌手のアニャさんは素敵な歌声で、意味深いメッセージが込められた2曲を披露しました。



トークイベント
左から辻信一さん、カルロスソリジャさん、
アニャ・ライトさんと中村隆一さんです



今回、通訳が出来るお陰で一番近いところで、このすごいメンバーの話を聞くことが出来ました。話しを聞いているだけで胸が熱くなるのを感じました。時々話されている内容に集中し過ぎて、通訳を忘れてしまうこともありました困った・・・普段同時通訳をやっているとき、話しの内容そのものにあまり集中しないのですが、今回は自分の心を動かす内容がたくさんありましたので集中せずにいられませんでした。

その中でも今回自分の心に残ったフレーズは:
「人とのつながりのお陰で、不可能に見えていたものが実現しました」
でした。人とのつながりの大切さ・・・頭では誰も分かっていることであるが、今の社会では忙しさのあまり、このような基本的で重要なことが忘れられているように感じます。今回ナマケモノ倶楽部のメンバーは「実体験」を通して「人とのつながりの大切さ」「コミュニティと幸せ」などについて話しをしました。理想ではなく「実体験」をもとに語っていたので、心を強く響かせるパワーがありました。

近い将来ペルーでもスロービジネス、スローライフが楽しめる活動を始めたいですね〜。


森を守った男[2008年06月16日(Mon)]




6月12日の夕方、東京有楽町のNature Info Plazaでおこなわれた「エクアドルの森を守った男」の講演会(ナマケモ倶楽部主催)に参加をしました。今回、エクアドルで実際にコーヒーの森林農法をおこなっている「カルロス・ソリジャさん」が招待され、様々な話しをしてくれました。


講演中のカルロスさんと通訳のBさん


エクアドルは南米の多くの国の様に、豊かな自然を持っていますが、鉱山開発のために壊されています。鉱山は想像できないほどの大金が動くので、無残な姿に変えられていく自然を止めるのは本当に難しい悲しい悲しい・・・

この様な現状の中「森を鉱山開発による環境破壊から自然を守りたい!」という思いから、コタカチ郡のインタグ地区で「アグロ・フォレストリー(森林農法)」と呼ばれる方法でコーヒーが栽培されるようになったそうです。カルロスさんはこの運動の第1人者です。 森林の中にコーヒーの樹を植えることで、多様な生態系が生まれ、農薬や化学肥料に頼らないで済む環境に優しい農法です。このお陰で鉱山開発を止めることができ、大切な自然を守ることが出来たそうです。

でも、いいことばかりではなく、「大きな力・経済力」を反対したので、危険な目にもあったそうです。この事件を説明している記事がありますので、興味のある方は是非読んでみてください:http://www.sloth.gr.jp/ecua/junin_061017.htm


会場の様子


カルロス・ソリジャさんは自分の家の周りにある豊かな自然の写真を見せながら、様々な話しをしてくれました。驚くほど美しい自然を見ながら僕は大きな感動に包まれました。そして、自分もペルーに帰ったら「自然を守る活動」に必ず関わると、強く思い直すことが出来ました。


カルロスさん、貴重なお話しを
本当にありがとうございました。


カルロスソリジャの紹介文:http://www.sloth.gr.jp/library/others/080226carlosami.htm
ナマケモノ倶楽部のホームページ:http://www.sloth.gr.jp/
エクアドル情報:http://www.sloth.gr.jp/ecua/ecua_top.html


プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml