CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ピースボート | Main | 日本財団留学生活動 »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
異文化理解プログラム[2008年06月27日(Fri)]

先週の日曜日(6月22日)恵比寿社会教育館で行われた「Cross-Cultural Understanding Program(異文化理解プログラム)」に講師として参加をしました。


今回参加をした講師たちと
コーディネーターの人たちです〜。


このプログラムはIYEO(日本青年国際交流機構) が主催となり、「世界青年の船」や「東南アジア青年の船」に参加した人たちを中心に講師として呼ばれました。今回はスペイン、ベネズエラ、ソロモン諸島、マレーシア、フィリピン、インドネシアとペルーの7カ国から参加がありました。







僕たちは基本的に「自分の国の紹介」、「簡単な言葉」と「食べ物と文化」について30分前後、話しをしました。会場からは思った以上に鋭い質問が多く、ちょっと焦りました〜困った。そして一番盛り上がったのはやはりペルーのお菓子とジュースの試食のときでした〜。



久しぶりに世界青年の船に関わっている人たちと会うことが出来てうれしかったです。

そして何よりうれしかったのは、数年前一度だけ会ったソロモン諸島の友達との再会でした。彼は第11回世界青年の船に参加をしていて、共通の友達の紹介で出会うことが出来ました。お互い1度しか会っていなかったので、殆ど忘れていたが、話をしているうちに思い出しました。世界は本当に狭いですね〜。

人との出会いに不思議な力を感じています。
最近は特に強く感じています。


世界青年の船について書いたときのブログです。
よかったら覗いてみてください。
https://blog.canpan.info/heiji/archive/173


第3回小山6月祭[2008年06月12日(Thu)]

6月1日に栃木県小山市で行われた「第3回小山6月祭(ブラジル故郷祭)」に行ってきました〜。



今回の祭りは伝統的なブラジルの「6月祭」よりは、「ブラジル故郷祭」という感じでした。何が違うかと聞かれても、ペルー人の僕は細かく返事できませんが・・・友達に聞いた話しだと、「6月祭(Festa Junina)」は田舎のお祭りで、女の子はわらの帽子に三つ編みをして顔にはそばかす、男の子は農家の格好をして、「Quadrilha(クアドリジャ)」と呼ばれる踊りを皆で踊るのが風習だそうです。今回の祭りはクアドリジャだけではなく、ブラジルを代表するサンバ、カポエイラ、フォホダンスや若者の間で人気のヒップホップや和太鼓なども披露されました。


子供たちがクアドリジャを踊っている様子




世界的に有名なサンバ!!!
やはりこのとき会場が一番盛り上がりました



その中でも一番自分にインパクトあったのは「カポエイラ」でした笑い。ビリンバオが出す神秘的な音色とグループのリズミカルな歌声の中で行われる「武道ダンス」は本当に印象的でした。若い頃(今でも若いですが(困った苦笑))カポエイラに圧倒されて、自分で習おうと思っていましたが、なんだかんだ言っているうちにこの年になってしまったため、今あきらめています困った悲しい・・・






カポエイラのビデオです。
是非見てください。
本当に凄いです!!!


今回はブラジルのイベントでしたが、雰囲気やのりは南米共通する部分がありますので、懐かしさと特別な感情で心がいっぱいになりました。不思議なものです・・・ペルーにいた頃、祭りはあって当たり前で、毎回同じ様なことが繰り返されるので、殆ど参加していませんでした。つまらないと思うこともありました・・・でも日本にくると「その当たり前」が「当たり前」でなくなるから、祭りや文化に対する特別な感情が生まれるようになりました。

僕の場合は自分の国を離れることによって、自分の国(ラテン)の文化や習慣の魅力を再認識することが出来ました。

幸せってなだっけ[2008年06月02日(Mon)]



「御茶ノ水GAIA古本カフェ」
http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/shop/default.aspx


先週の金曜日「御茶ノ水GAIA古本カフェ」で行われた、辻信一さんの講演会に参加しました。テーマは辻さんの新しい本の題にもなっている「幸せってなんだっけ」でした。


辻さんが自分の新しい本
「幸せってなんだっけ」を紹介しているところ



今回の辻さんの話は深く考えさせられる部分がたくさんありました、その中でも「豊かさという幻想のせいで、幸せを置いてきぼりにされている」という考えが心に残りました。

「経済の中心概念である『豊かさ』という言葉に注目しよう。なぜなら、これまでの物語では、『豊かさ』こそ が、『幸せ』の最も大切な条件だと考えられていたから。ぼくは、ここに大きな罠があると考えている。事実はむしろ逆で、『豊かさ』こそが、今世界中で異常 増殖している『不幸せ』の最大の原因なのではないか、と。」



辻さんの話を聞きながら、自分の視野の狭さに気づかされました。自分も今まで「物質的な豊かさを追い求める生活」を疑問に思っていましたが、生きていくためには仕方がないと思っていました。辻さんはこの様な考え方を社会に当てはめたときに生まれる大きな矛盾を的確に指摘しました。

「社会は『経済成長をするのに環境破壊は止むを得ない』と考えてきた、そして『環境破壊を止めるには経済成長が必要だ』と。。。この考えが中心となり僕たち人間は自分の手で自分たちの首を絞めています。これは企業や政府だけの責任ではなく、豊さの幻想を信じ、それを追い求めてきた僕たち一人ひとりの責任でもある。」


「今まで豊かさの向こうには幸せがあるといわれてきたけど、世界第2のGDPを手に入れた日本、『豊かさ』を手に入れた日本はどう?今は本当に幸せ?幸せな社会?」


辻さんと今回講演会に参加した
日本財団留学生(右からAkira、Gustavoと僕)


辻さんやナマケモノ倶楽部のことはいろいろなところで話は聞いていましたが、実際に初めて会ったのはアレイダさんの講演会(https://blog.canpan.info/heiji/archive/261)でした。アレイダさんの講演会のときもそうでしたが、今回も「幸せとは何か」、「自分の生き方」について考えさせられました。



第1回Nikkei研究例会[2008年05月29日(Thu)]




先週の土曜日、上智大学で行われた「第1回Nikkei研究例会」に参加をしました。今回の研究例会のテーマは「日系コミュニティの葛藤と矛盾、人々の経験とメディア表象の視点からの分析」でした。

僕は「出稼ぎブーム」が始まった80年代の後半に日本に初めて来たので、紹介された新聞記事の中で懐かしいと思うものがいくつかありました。
酒井アルベルトさんのことをより知りたい人は次のリンクを覗いて見てください:
http://www.discovernikkei.org/forum/en/node/2365


発表者の酒井アルベルトさん


今回一番うれしかったのは、6年近くあっていなかった友達との再会でした。彼はなんと!!今回の発表者でびっくりびっくり彼の方から声かけられたけど、正直、最初誰だかわかりませんでした困った困った。。。


研究例会に参加した
日本財団の留学生


アルベルトとは県費留学生(約6年前)だった頃の友達で、共通の友達を通じて知り合いました。世界は本当に狭いですね〜、まさか彼とここで会えるとは夢にも思っていませんでした笑い笑い



フェアトレード[2008年05月26日(Mon)]



5月10日に国際基督教大学(ICU)で行われた「フェアトレードと世界」についての講演会に行ってきました。



ICUに縁のない僕ですが、友人の打村明が講師として招待されていて、彼に誘われました。Akiraは「フェアトレードと学生に出来ること」を中心に話し、ピースボートの活動を紹介しました。


ピースボートとフェアトレードについて話す打村明


今回の講演会の中で、印象に残ったのは「NGOもやい(http://www.moyai.net)の話でした。「もやい」は、「ホームレス状況」に置かれている人々の生活支援、入居支援を行っている団体です。この団体は特に「人間関係」を大きな柱にし、自分たちの活動指針にしています:「『自立』とは、ひとりで生きることではなく、つながりの中で生きること・・・人生の再出発を迎える皆さんと一緒に、 新生活の基盤づくりをお手伝いする。そして、誰もが排除されることなく、安心して暮らせる社会をつくっていく」


NGOもやいの説明


「もやい」の活動の一つに「コーヒーのフェアトレード」があります。「東ティモール」のマウベシ村のコーヒーを直接農家から購入し、自分たちの手で焙煎して販売しています。

東ティモールを選んだ目的としてあげられていたのは「東ティモールはアジアで最も貧しい国だといわれています。貧しい中で一生懸命コーヒーの栽培を行っている人たちの存在を知り、国、国籍が違うけれど、同じ「貧しさ」という悩みを抱えていることを知りました。そこで、相手のことを考えることによって、刺激し合える関係、助け合える関係を作るのが目的です」


愛情がいっぱい込められている
こもれびコーヒー


自分の心の中では「フェアトレード」という概念にはいくつか疑問が残っており、その中でも一番大きな疑問は「世界で行われているフェアトレードは本当に「フェア」なのか?」です。

しかし、「もやい」の話を聞き、心から感動し、共感しました。
世界の中でこのような活動が増えて欲しいですね〜。

自分も近い将来、本当にフェアと呼べるトレード関係作りに関わりたいと思っています。


アレイダ・ゲバラ A[2008年05月21日(Wed)]


アレイダ・ゲバラさんについての前回のブログ:https://blog.canpan.info/heiji/archive/260

次の日、18日、アレイダさんは「アテナジャパン、ピースボートとナマケモノ倶楽部」共催の「ピースローカル☆Revolution、小さな国の大きな奇跡」という題の講演会を行いました。



この日は打村明(元日本財団留学生)と一緒に講演会のボランティア通訳を務めました。前半はアレイダさんの独演会で、後半はナマケモノ倶楽部の辻信一さんとのトークショーが行われました。前半の独演会は3人体制で逐次通訳を行い、後半、僕はアレイダさんの同時通訳にまわり、4人体制で通訳を行いました。通訳ボランティアの依頼は前の日だったので、準備する時間もなく、ぶつけ本番という感じでした。



前半の逐次通訳は思ったより苦労し、三人で協力しあいながら、何とか乗り切ることが出来ましたが、正直なところ、自分の通訳に不満が残りました悲しい悲しい。後半の同時通訳のほうがうまく出来たと思います(個人的に逐次より同時通訳のほうが得意だと感じています)。



後半の辻信一さんとのトークショーでは「スローライフ」、「地域による時間の感じ方の違い」、「豊かさとは何か」、「幸せとは何か」などについて話し合われました。


アレイダさんとナマケモノ倶楽部の辻信一さんのトークショー


その中でも自分の記憶に残った話題は「幸せと豊かさ」についてでした。

国の指標をGDP(国内総生産)からGDH(国民総幸福度)に変えることについて話が始まりました(GDHはブータン国王が打ち出したもので、お金や経済ではなく、国民 一人一人の幸せを高めようとする試みであるそうです)。日本はGDPにおいては世界第2位なのに、幸福度ランキングでは世界178カ国中、95位です。逆にキューバのGDP(世界85位)は日本よりずっと低いのに関わらず、幸福度ランキングは6位です。

この違いについて話し合われたとき、いろいろなことを考えさせられました。。。

そして、アレイダさんは幸せについてこう語りました:

「私にとっての幸せは・・・
幸せは心を穏やかに持てること
幸せは周りの人を助けられること
幸せは誇りを持って生きられること
幸せは子供たちに世界のよさを教えられること
幸せは後悔なく死に際を迎えられること
幸せは歌えること
私は歌うのが大好きです・・・」

と言い残し、心に響く歌声で2曲披露しました。

歌い終わった後、拍手の波が長い間鳴り響きました笑い笑い拍手拍手




今回通訳を行った4人です

4人ともピースボートの元CC(通訳・翻訳)です。


アレイダ・ゲバラ[2008年05月20日(Tue)]


今年はキューバ革命から50年目、キューバ革命の英雄「チェ・ゲバラ」の生誕80年にあたります。この記念すべき年に、チェ・ゲバラの長女「アレイダ・ゲバラ」さんが、5月に初来日し、約2週間の滞在で、日本各地で講演を開催しています。


世界的に有名なチェ・ゲバラ


アレイダさんは父チェ・ゲバラと同じく医師(小児科医)で、ハバナの小児病院に勤務するかたわら、キューバが推進している開発途上国への医療支援活動に従事するため、ラテンアメリカやアフリカの国々をたびたび訪れています。こうしたキューバの医療を通じた国際的人道支援活動や、キューバ国内の先進的な医療が、今や世界的な注目を浴びています。

僕は運よく17日、明治大学で行われた講演会:「アレイダさんが語る、父チェ・ゲバラへの想いとキューバ医療が目指していること」と18日、JICA地球広場で行われた講演会:「ピースローカル☆Revolution、小さな国の大きな奇跡」に参加することが出来ました。

アレイダ・ゲバラ全国講演スケジュールに興味のある方は次のリンクを見てください:
http://www.atenajapan.com/news/pdf/aleida03.pdf



2日間を通して非常に心に響く言葉を聴くことが出来ました。キューバについて、チェゲバラについて、自分が行っている活動の数々、世界状況についてなど幅広く様々なテーマに触れていました。

その中でも僕の心に残ったのはアレイダさんの心の暖かさでした。彼女の言葉を聴きながら、本当に暖かな温もりに包まれる感じでした。




心に残った言葉は:

チェ・ゲバラと比較されたとき、アレイダさんは:「大切なのはチェの娘であることではなく、キューバの娘であることです。父親であるチェが歴史的に偉大な人であったとしても、娘の私がそうであると限りません。人の偉大さは『社会的にどれだけ役に立てるか』にかかっています。私は母国キューバのお陰で社会に少しでも役に立てることが出来ています。」と答えました。

父の死について聞かれたときは「父の死を嘆くのではなく、より良い世界のために戦った彼の意思、共感できる彼の哲学を受け継いで、実効することにより、彼は人々の中で生き続けます。だから人を助けるために、私に出来ることをやる、そうすることにより父は自分の中で行き続けます」と答えました。

紹介したいアレイダさんの言葉は山ほどありますが、今回のブログではこれぐらいにしておきます。次回もう少し書こうと思っています:https://blog.canpan.info/heiji/archive/261





プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml