CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日系社会 | Main | グリーンナッツ »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
世界船:タンザニア[2006年11月30日(Thu)]


前回のブログ:南アフリカ共和国

南アフリカの次に止まった港はタンザニアでした。

タンザニアでは当時の大統領が直接出迎えてくれて、感激でした笑い



タンザニアは東アフリカ最大の国です。面積は日本の約2.5倍で、雄大な自然と様々な野生動物が見られることで有名です。頂上を雪で覆われた、アフリカ最高峰のキリマンジャロ(5,895メートル)もあります。ヘミングウェイがその荘厳さにインスピレーションを得て小説を書いたあの山です。

タンザニアでは約126の言語が話されています。スワヒリ語と英語が公用語で、ビジネスにも使われています。国土の25%は動物・自然保護のためにそのままの姿で保存されており、まぎれもなく「サファリ」(スワヒリ語の「旅」)の本場です。

我々の滞在時間が短かったため、残念ながらサファリを楽しむことが出来ませんでした悲しい。動物大好きな僕は結構楽しみにしていたのですが。。。

代わりにマコンデ・アート(木彫で自然界の物、動物、人などを彫ったもの)やティンガティンガ・アートが帰る民芸品マーケット、現地ラジオ局、新聞社、国立博物館と子供の養子施設に行きました。






タンザニアのダンスは本当に凄かった!!
激しく、明るいリズムは心を打つ力がありました。


印象に残っているのは子供たちの施設でした。ここでも世界の貧困を肌で感じることが出来ました。子供たちは本当に人懐っこく、明るい表情をしていました。。。彼らを見てたくさんのことを考えさせられました。



実は船に乗る数ヶ月前、両親の商売が倒産し、辛い時期が続いていました。。。通訳のアルバイトはやっていましたが、不安定で親を手伝えるほどの収入がありませんでした。貯めた少ないお金は、大学の学費に使うつもりでいました。世界船のペルー代表として選ばれたときは本当に嬉しかったですが、お金の心配がありました。。。親に相談したら「二度とないチャンスだよ、お金の心配しないでいいよ、何とかなるから。世界を見て人生についてたくさん学んでおいで」と喜んで、応援してくれました。

自分の家族には辛い時期が続いていると思っていましたが、南アフリカやタンザニアの子供たちに触れ合うことによって、自分が逆に恵まれていると思い知らされました。施設のある女の子の綺麗な目を見ていたら、応援してくれた両親の顔が心に思い浮かび、感謝の気持ちでいっぱいになりました。。。涙がこぼれるのを一生懸命こらえながら、「頑張る、何があっても頑張る。そしていつか人を助けられる立場につく」と心に決めました。

続く。。。
世界船:南アフリカ[2006年11月28日(Tue)]


前回のブログ(セイシェル)

セイシェルの次は南アフリカ共和国のケープタウンに止まりました。

初日はロベン島を見学しました。島の周囲は海流が強く、脱出が困難なところを見いだされ、17世紀の終わりから島の大部分は刑務所として使われました。当時のロベン島に収監された囚人はオランダの植民地のさまざまな政治的指導者で、南アフリカ出身者だけでなくインドネシア出身者もいたそうです。




ロベン島から見られる美しいケープタウンの景色


20世紀の後半、政治犯の強制収容所として使われ、ネルソン・マンデラが収監されました。ネルソン・マンデラは僕にとって思い出に残る人物であります。何故なら、ペルーの高校を卒業するとき、卒業生は自分たちのグループに名前をつける習慣があって、僕が卒業(95年)したとき「ネルソン・マンデラ」という名前が選ばれていました。実際に彼が収監された場所を見学できるとは夢にも思っていませんでした。


ネルソンマンデラが収監された部屋


南アフリカで一番心に残ったのは、貧富の差でした。ケープタウンの港は先進国とは変わらないショッピングモールや高級レストランなどが建ち並ぶ反面、バスで30分ぐらい離れている郊外の広大な黒人居住区であるスラム街があります。我々はそこの貧しい人々の生活を直接肌で感じ、一緒にスポーツ交流をしました。サッカーをやっていた青年たちは貧しさを感じさせない、美しい瞳をしていました。どんな厳しい状況の中でも、自分たちが生まれてきた環境の中で一生懸命行きようとしている姿勢が強く伝わりました。決して生きることを諦めない、希望に満ち溢れた目の輝きがありました。それを見て、「自分は今まで何をしてきたのだろう?凄く恵まれているのに、文句ばっかり言っているではないか。。。」と強く考えさせられました。



それから、海賊映画とかで聞いたことがあった「喜望峰」を見学することが出来ました。喜望峰は神秘的な力を感じさせる場所でした。大陸と海のコントラストは今でも自分の記憶の中に焼きついています。



続く。。。タンザニア

世界船:セイシェル[2006年11月27日(Mon)]


前回ブログ:ナショナルプレゼンテーションA

シンガポールの次に止まった国はセイシェルでした。船に参加をしてなければ、セイシェルってどこ?と聞かれても答えられなかったと思います。セイシェルは小さな島国で、一番大きな島でもバスで、1時間で一周できてしまいます笑い

セイシェルで心に残っているのは、美しい海でしたラブ。白い砂浜に透き通る透明な海ハート。。。ボクは初めてこの様な海で泳ぐことが出来ました泳ぐ







自由時間の計画をたてるとき、セイシェルの友達に「どこがお勧め?」と聞くと「時計台と100年生きた亀の見学」と言われたので、取りあえず時計台を選びました。船から20分ぐらい歩いて、やっと着いたとき「これが時計台か〜、ふ〜ん、何でこんなに有名なのだろう落ち込み?」と。。。正直な第1印象でした。



それから、セイシェルで思いがけない嬉しい出会いがありました。船が止まった国では、必ずその国の代表者たちを招いた夜のナイトレセプションが行われていました。レセプションには勿論、日本大使も参加していましたが、セイシェルには日本大使館がないため、代表としてケニアの日本大使が来ました。その人が何と!!!「1996年、在ペルー日本大使公邸占拠事件のとき、ペルーの日本大使だった青木氏でした」。僕はこの事件のとき、フジテレビや読売新聞で通訳のアルバイトをしていましたので、近くで見ていました。実際にあったことがなかったのですが、青木元大使のことをよく知っていました。まさか、会えるとは思っていませんでした。

そして更に嬉しかったのは、青木大使と直接話しが出来たことです。食事をしているとき、大使の方から「Hola, eres peruano?(こんばんは、ペルー人ですか?)」と声をかけられました。感動的な出会いでした笑い拍手

続く。。。南アフリカ共和国(ケープタウン)

世界船:ナショナルプレゼンテーションA[2006年11月26日(Sun)]


前回ブログ:ナショナルプレゼンテーション@




エジプトの踊り。


バーレンの豪華な布を使った演技。


アラブ首長国連邦やカタールの砂漠のダンス。
(男性だけで構成されたデリゲーション)


残念ながら他の国やペルーのNPの写真が手元にありません。
ペルーのNPデリゲーションの女の子一人が足首を捻挫してしまい、延長しなければいけませんでした。みんなは早くNPの緊張を肩から下ろしたかったのですが、9人しかいない中、一人でも欠けるとプレゼンテーションをやるのが不可能でした。結局1ヶ月遅れてやることになりました。

去年、世界船で感じたことについて紹介をしたことがありますので、興味がある人は是非覗いてみて下さい。

第12回世界青年の船での体験1
第12回世界青年の船での体験2

続く。。。セイシェル



世界船:ナショナルプレゼンテーション[2006年11月25日(Sat)]


前回のブログ(シンガポール)

各国のナショナルプレゼンテーション(NP)には、踊り、ビデオ、パワーポイント、劇などを通じて、その国の文化、習慣などが伝わりました。一つ一つがユニークで、印象に残ることがたくさんありました。


セイシェルの華やかな衣装と元気の出る明るい踊り。



タンザニアの歴史を再現した演技とダンス。



インドならではの神秘的な踊り。
普段は大人しい女性たちが、舞台に立つとガラリと変身をして、全員を圧倒させる力がありました。



南アフリカのリズミカルな踊り。


中でもメキシコがたった9人で見事に「祭り・フェスティバル」を再現しました。



続く。。。ナショナルプレゼンテーションA
第12回世界青年の船A[2006年11月24日(Fri)]


前回のブログ



最初の1週間は船上で様々な活動(講義、ディスカッション、レクリエーション、グループ活動、クラブ活動など)を行いながら、シンガポールに向かいました。各デリゲーションは自分の国を紹介する30分のナショナルプレゼンテーション(NP)があり、そのための準備もありました。ペルー代表は毎日の活動が終わった後に集合し、2時間近く踊りの練習をしていました。

この一週間は本当に毎日忙しく、プログラムが始まる朝8時からNP練習が終わる23時過ぎまで休むことが殆どありませんでした。ペルーNPは三つの地域(海岸地帯、山岳地帯、ジャングル地帯)の代表的な踊りを紹介することになっていました。ペルー代表は9人で男性は2人しかいなかったので、踊りが苦手な僕でも踊らなければいけませんでした。

寝不足が続く、忙しい毎日の中、あっという間にシンガポールに到着しました。口から水を吐くマーライオンに迎えられ、みんなで一週間ぶりの陸を楽しみにしていました笑い。船から降りて面白い現象に襲われました。1週間船の上で生活をすることによって、体は船の揺れになれてしまい、動いていないはずの陸がユラユラ揺れる錯覚を感じてしまいました困った。船乗りは慣れている現象らしいですが、初めて体験するボクは驚きました困った





シンガポールで印象的だったのは高いビルが立ち並ぶ、近代的で綺麗な町並みでした。路上にはゴミ一つ落ちていなく、ペルーではあり得ないほど綺麗でした。



シンガポールでは1泊しかいられなかったのですが、ハプニングの連続でした。

自由行動のとき、新しく仲良くなった友人と買い物をした後、マーライオンの近くで食事をしました。降りる前に何度も「船の出港が遅れる様なことがあったら大変だから、集合時間は絶対に守れ。。。」と注意されていましたので、40分余裕を持ってお店を出ました。

さてタクシーに乗ろうと思ったら、「どこにも見当たらない!!!」お店に戻り、店員にどこでタクシーを拾えるかと聞いたら、近くのデパートにタクシー場があると言われ、友人と向かいました。いざ到着したら「行列があるではないか〜!!!困った困った、15人ぐらいいた列の後ろに立ち、タクシーを待ちました。5分おきぐらいに来るタクシーを見ていたら「絶対間に合わない困った困った」と思って、焦る気持ちが大きくなる一方でした。違うタクシー場に行こうと決めて、移動しましたが、同じく長い列がありました困った困った

やっとの思いでタクシーに乗れたとき、集合時間5分前となっていました。結局15分遅れて到着しました困った困った。船の入り口まで走ったら、ここでも遅刻した人たちの列が出来ていました困った

初の港で遅れた人が多かったため、特別ミーティングが開かれ、ガミガミ言われました。遅れた自分が悪いので、言い訳は何一つ出来ず、謝るしかありませんでしたすいませんすいません。頭の中では「40分余裕持って出たはずなのに。。。」と思いながら、しゅ〜ん悲しい悲しいとなりました。タクシーを拾うのがこんなに大変だったのは初めてでした。

一旦、落ち着いてシンガポールで買ったお土産を見ようと思ったら「ギャ〜びっくりびっくり鞄をタクシーに忘れた!!!!」、船は既に動いていて、諦めるしかありませんでした。「自分のために買ったTシャツが〜、友達のためのお土産が〜悲しい悲しい、そして友達にあずかっていたお土産も。。。すいませんすいません


続く。。。ナショナルプレゼンテーション

第12回世界青年の船[2006年11月23日(Thu)]


想ってみると世界青年の船に参加をして、素晴らしい経験をしてから、もう7年近く経っています。。。今日、偶々CDの整理をしていたら、世界船の写真が見つかりました。ずっと見当たらなかったから、日本には持ってきていなかったと思っていました。当時、デジカメがなく、普通のコンパクトカメラしかなかったから、思うような写真が撮れなくて、少し残念です。

数年ぶりに世界船の写真を見ていたら、あの頃の想い出がよみがえり、懐かしい気持ちが心を満たしてくれました。

1999年9月、17カ国、270人の青年を乗せた「日本丸」が出港するシーンの写真がありました。あのとき、船員に紙のテープを渡され、「見送りに来た人にめがけて投げるように」と言われ、皆が一斉に投げました。彩りのテープが綺麗に空を舞い、今まで見たことのない光景が浮かび出ました。





船員が鐘を鳴らし、船がゆっくりと動き出す船と共に、自分の心の中が「期待、希望、嬉しさ」でいっぱいになったのを今でも覚えています。投げられた紙テープは少しずつ伸ばされ、切れていきました。



自分の人生を一生変える経験になるとは、このとき思ってもいませんでした。


続く。。。
プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml