CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 日本での思い »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
Oconal湖[2009年11月20日(Fri)]


リマ市からバスで約8時間でフニン県のラ・メルセ(La Merced)という町に着きます。そこから更に車で、3時間近くのところにビジャ・リカ(Villa Rica)市(パスコ県)があり、そこには自然保護地区とされている「Oconal湖(オコナル湖)」があります。

ラ・メルセからビジャ・リカまでの道は舗装されていなく、ガタガタと飛びながら、埃だらけになりますが、行く甲斐があります。オコナル湖はペルーの中でも数少ない自然の状態に保たれている湖です。



湖の生態系を守るために、エンジンのついたボートの使用が法律上禁止されており、静かな空間を味わうことができます。湖の周りには3〜4軒のロッジがあり、帰国後に泊まりに行きたい場所の一つです。






オコナル湖で知られている鳥の種類は400以上あり、まだ発見されていない種類も数多くあるといわれています。静かで、綺麗な空間が保たれているので、鳥の楽園となっていますが、植物の宝庫でもあります。

手漕ぎボートで進むと、一番目立つのは蓮の花です。僕はこれほど美しい蓮の花を初めてここで見ることができました。人工的に育てられた蓮にない、輝きを感じることができました。



話が変わりますが、ビジャ・リカと隣にあるチャンチャマヨ周辺では世界でも認められている、ペルーで一番美味しいと評価されているコーヒーが栽培されています。この地域にはドイツ系の移民がコーヒー栽培を初め、現在では200億円近くの市場にまでに成長したと言われています。

ビジャ・リカやチャンチャマヨで最近、環境の面で注目を浴びている、コーヒーの日陰栽培が主に行われています。コーヒー生産者たちはペルーで珍しいと言えるぐらい、環境に対する意識が高く、農園は豊かな生態系に恵まれています。

環境やコーヒーに興味がある方は是非勧めたい場所です。

アマゾンで鍼灸治療?[2009年11月03日(Tue)]


今年の8月ペルーのチャンチャマヨと呼ばれるアッパージャングル(標高の高いジャングルのこと)の村に行くことが出来ました。村は名前は「アルト・パロマル」でコーヒー生産で成り立っている場所です。

ガイドをしてくれていた人に、日本で鍼灸を勉強していると言ったら「ここでも似た様な治療を植物使ってやるんだよ」と教えてくれました。彼の話によれば「筋肉痛、神経痛、五十肩、膝の痛み」などに使われているそうです。僕は何度かジャングルに行く機会がありましたが、初めてこのような治療を耳にしました。



森を歩いているときに治療に使われる植物を見せてもらいました。チャンチャマヨでは「Chalanka(チャランカ)」と呼ばれているそうです。インターネットでも調べてみました、見つかりませんでした。残念ながらここで学名を紹介することが出来ません。もし誰か写真を見て、植物の学名がわかれば是非教えてください。

痛みの度合いによって使われる部位が変わるそうです。痛みが軽いとき、葉っぱの細い毛のようなトゲの部分を使うそうです。治療はいたって簡単なのですが、痛みの部位に葉っぱを押し当てるだけです。


今回の写真だと見にくいですが、
葉っぱの裏に見える毛のような部分を
治療に使います。


僕も腕に試しましたが、想像していた以上に嫌な感覚におそわれました。葉っぱのトゲは細いので、甘く見ていました。痺れ痛い感じで、腕の皮膚は直ぐに赤くなりました(医学用語ではフレアと呼ばれる現象です)。鍼灸でも鍼を刺したとき、鍼体の周りにフレア現象が起こることがよくあります。治療の中ではいい反応として受け止められる場合が多いです。ただ「Chalanca」を用いた場合の反応が非常に早く、大きいので、この植物特有の成分が影響していると思っています。



痛みが大きい場合は茎の太いトゲを使用するそうです。さすがにこの部分を試す勇気がありませんでした困った困った

ガイドが自分が経験した「Chalanca」治療を話してくれました。突然、日本で言われている「四十肩」になり、関節周辺が痛くなり、肩が上がらなくなったそうです。病院で受けた治療では良くならず、シャーマンの友達に相談したら「Chalanca治療」が進められました。疑い半分にやってみたら、次の日から嘘のように痛みと可動域制限が改善していたそうです。

村のいろいろな人に話しを聞いてみたら、皆「Chalanca治療」のことを知っていたが、痛いから治療として使用したことがあると答えた人が少なかったです。

鍼治療も初期の頃、植物のトゲや動物の骨が使われたと思われています。ペルーのアッパージャングルの小さな村で、鍼灸の初期の治療方法を見つけると思っていませんでした。世界の伝統哲学や伝統治療の不思議なつながりを感じました。

鍼灸の機序の一つとして「異物が体内に侵入することにより、末梢神経から神経伝達物質が放出され、血管拡張作用を促したり、痛みを緩和したりする」と言われています。「Chalanka治療」でも同じような効果が得られると個人的に思っています。




マジックウオーターツアー[2009年10月31日(Sat)]


リマ市の元市長「ルイス・カスタニェダ・ロシオ」が約13億円で「Parque de la Reserva」と呼ばれる古い公園を新しくよみがえらせ、2007年7月にオープンしました。リマの住民から様々な批判を受けましたが、今となってほとんどの人が納得している様子です。

公園は18万平方メートルあり、現在では世界で最も噴水が多い公園としてギネスブックにも載っているそうです。ツアーなどでは「Circuito Magico del Agua(マジックウオーターツアー)」と呼ばれています。

僕は今年の8月初めて見に行くことが出来ましたが、思っていた以上にすごかったです。


「Fuente Tunel de las Sorpresas(驚きのトンネル噴水)」


噴水の中で最も高く上がるのは「Fuente Magica(魔法の噴水)」と呼ばれ、80mまで上がります。その他に音楽のリズムに合わせて、迷路を作り出す「Fuente Laberinto del Ensueno(夢の迷路噴水)」があり、中に入って遊ぶことが出来ます。楽しいですが、一度入ったら中々出れません。それに焦って出ようとするとびっしょ濡れになります。今回、行ったのは冬で、遊んでいた人たちは震えていましたが、それでも楽しそうに走り回っていました。僕は出来るだけ濡れないように頑張りました。


「Fuente Magica(魔法の噴水)」
最も高いときで80m上がります。



それから、噴水とイルミネーションショー、レーザーショー、霧状になった噴水に映像も流されていました。このショーにははっきり言ってビックリしました。ペルーでこれほどレベルの高いショーが楽しめるとは思ってもいませんでした。

ツアーの一部をビデオで紹介していますので、良かったら覗いてみてください。



投資された金額はペルーにしてはすごいですが、新しいツアースポットとして生まれ変わったので、やったかいがあったと思います。公園内に警備員が多く、安全で、オープンから2年以上経ったいまでも、非常にきれいに保たれています。

リマを訪れる機会があれば、絶対見逃せないスポットです〜。




MI PERU[2009年10月01日(Thu)]

自分の故郷ペルーを多くの人に知ってもらうために、
ビデオを編集しました。
前回ブログに記載した
KIZUNA EARTH PROJECT」ビデオが
基になったものです。

南米ペルーに興味のある方は是非
覗いて見てください。
ペルーの良さを自分の
フィルターを通して
まとめています。



このビデオを編集するために
10年近く溜め込んだ
写真や映像がこめられています。

一人でも多くの人が
ペルーの魅力に惹かれれば
幸いです。


「Suri」ビデオ版[2009年05月20日(Wed)]

ずいぶん前にペルージャングルで食べられている幼虫「SURI」を紹介しましたが、今回ちょっとしたビデオを編集しましたので、勇気がある人は是非見てください。
「SURI」の細かいお話しは前回のブログを覗いてみてください。
https://blog.canpan.info/heiji/archive/225



ビデオで見ると違った印象が伝わってきます困った困った
ビデオにはペルージャングルのおにぎり「フアネス」も少し出てきます。
https://blog.canpan.info/heiji/archive/227
フアネスはお勧めですラブ

長いバージョンのビデオはYouTubeで見ることが出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=g8q-kYPUsvQ

僕が生のSuriを食べているシーンも出ます〜。

マリア・レイチェ公園[2007年07月05日(Thu)]




ペルーリマ市の中でミラフローレス地区が海に近く、近代的な部分、昔ながらの建物と広々とした公園があるので遊びに行くのが好きです。

リマに住んでいた頃、よく「Parque Maria Reiche(マリア・レイチェ公園)」でお弁当を食べていました(「マリア・レイチェ」はドイツ生まれで、ナスカの地上絵研究に一生を捧げた人です)。

崖の下から吹き上がる海風とリズムよく響く波の音を聞きながら、ナスカの地上絵をテーマにした花を眺めていると、心が癒されます。この公園から眺められる夕日は本当に最高です太陽。夜になると、ラインがライトアップされますので、また違った雰囲気を味わうことができます。夜はカップルが多いですがウインクウインク。。。

土日には「カポエイラ」、「太極拳」、「瞑想」などを行うグループが集まり、公園が人でいっぱいになります。








今回の3月、公園で仲良くなった犬です〜笑い
元気いっぱいに走り回っていて、ちょっと呼んでみたら
全速力でボクのところに飛び込んできましたハート
一日の疲れとストレスを本当に癒してくれました〜!!!
ボクが動物好きだからかもしれませんが、
動物には不思議なエネルギーを感じます。


アマゾンの酒、Masato[2007年06月14日(Thu)]




ペルーアマゾンには毎年行っていますが、今回初めて「Masato(マサト)」というお酒を飲みました。Masatoは南米でよく食べられている「Yuca(ユカ)」という山芋を発酵させて作られています。YukaはブラジルやパラグアイではMandioca(マンディオカ)と呼ばれています。


Yuca、ペルーではフライや煮物にしてよく食べられています。


Masatoを発酵させるには、女性が生ユカを噛み砕き、口腔の常在菌と唾液を利用しています困った。アマゾンでは有名なお酒なので、話しはよく聴いていましたが、作り方は作り方なので、中々自分から飲もうと思いませんでした。でも今回、先住民の村を訪問した際に出されて、断りきれず飲みました困った。ペルーの先住民は訪問者を暖かく迎え入れますが、出されたものを断るのは非常に失礼にあたり、1度やれば、関係がダメになる可能性が高いそうです困った困った



村人にとっては外国人(僕はペルー人ですが、彼らから見れば、外国人と変わらない)を見るのは珍しいため、Masatoを飲むシーンはたちまちみんなに注目されていましたびっくり。Masatoは酸っぱく、Yucaの繊維がたっぷり入っているためトロトロしていて、飲みにくいです。出されたお椀を飲み干そうと頑張りましたが、飲んでも、飲んでも一向に減らず、最後諦めて、一緒に行った友達にバトンタッチしました。


代わりにMasatoを飲んでくれた友達
彼も初めて飲んだので少し戸惑っていましたが、
頑張って飲み干しました。
勢いよく飲んだので、優しいおばちゃんにウインク
お代わりを出され、困った顔をしていました困った



村の入り口で会った先住民


ペルーのベネチア[2007年04月17日(Tue)]


イキトス市にあるベレン地区は「ペルーのベネチア」とも知られているそうです。行って見ると分かりますが、優雅なベネチアとは程遠く、貧しい人々が集まって出来た地区です。

この地区の面白いところは、川の水位によって、町は殆ど水に埋め尽くされます。今年行ったときは、水位が上がり始めた時期でした。


最高水位になるとこの6m近くある柱も
埋め尽くされるそうです。
水位が最高になっているときに来て見たいですね〜。



この地区の主な移動方法は「ペケペケ」と
呼ばれる丸木舟です〜。
大人から子供までが上手に乗りこなしていました。
浮き家も多く、川の水位に合わせて上下移動する
仕組みになっています。



牛は泳いで、川を渡っていました〜。
リマ市では見られない光景ですので、
ついつい写真を撮ってしまいました。



牛が泳いでいれば、犬も泳いで渡ります。
川はかなり大きいので、見ててちょっと心配になりました。
ガイドの説明によれば、メスの発情期が始まると、
オス犬の川渡りが多くなるとのことでした。
頑張るね〜笑い!!!



この屋根がついてる舟は、移動レストランです。
ベレンはいろいろな村から来る船が止まる
港となっていますので、
船の近くに行って、料理を売っています。


毎年、イキトスには行っていますが、今年初めて
ベレンに行く機会がありました。
信頼の出来るガイドがいれば、かなりお勧めです〜。
ベレンでしか見られない生活風景が見られます。



三輪バイク面白編[2007年04月13日(Fri)]


イキトスの中心部では道路が整っており、車が走りやすいですが、ちょっと離れると凸凹の土道になります。今回、取材でちょっと離れた村に三輪バイク行ったのですが、途中で突然大雨が降り出しました。運転手は当たり前の様にバイクを止め、前のほうにビニールシートをつけました。濡れないようにするのに便利ですが、ギリギリのところまでつけていたので、前が殆ど見えなくなり、危なく感じました。





行きたかった村は土の道を15分ぐらい走ったところにありました。雨で道が濡れ、バイクは左右に滑りながら走っていました。「これはヤバイな〜困った」、「行くのを止めようかな〜困った困った」とまで思いました。運転手は「大丈夫、大丈夫笑い」と声をかけてくれましたが、どことなく不安でした。日にちもあまりなかったので、行くしかありませんでした。

何がともあれ、無事到着して、取材をすることが出来ました。でも、帰りは坂道が多くなり、バイクのタイヤが滑り、進めなくなる場所が増えました困った。その都度、バイクを降りて、押すはめになりました怒り怒り。。。押すのは全然OKですが、タイヤの泥が飛び散り、みんな頭の天辺まで泥だらけになってしまいました悲しい




写真を撮っていたとき、
「おまえ楽しないで手伝えよ〜!怒り」って怒られました悲しい




イキトスのバイク面白編[2007年04月12日(Thu)]

イキトス市は年中暑いので、町中ではバイクや三輪バイクタクシーが主な移動手段となっています。普通の車やバス(凄く古いけど。。。困った、よくこんなバスがまだ動いているな〜と思うぐらいです)も走っていますが、バイクは圧倒的に多いです。


暑いのでバスの窓が外されていることが多く、
雨が降り出すと、ビニールを窓にかけます。



親子でバイクに乗っている場面を当たり前の様に見ます。小さい子供は真ん中に立たせることが多く、「何かあったら危ないな〜怒り」と思いながら見ていました。最高で5人乗りを見ましたが、残念ながらタイミングよくカメラが出せず写真を撮ることが出来ませんでした悲しい悲しい






四人・五人乗りしていても、運転が荒いので
見てて怖いです〜困った困った
それにヘルメットをかぶっているところを
一度も見ることがありませんでした落ち込み


ジャングルの町もあって、警察の取締りは緩いみたいですウインクウインク
リマ市だったらありえない話しです〜怒りウインク


| 次へ
プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml