CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 隠れて行く太陽 | Main | 新たなスタートライン »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
Oconal湖[2009年11月20日(Fri)]


リマ市からバスで約8時間でフニン県のラ・メルセ(La Merced)という町に着きます。そこから更に車で、3時間近くのところにビジャ・リカ(Villa Rica)市(パスコ県)があり、そこには自然保護地区とされている「Oconal湖(オコナル湖)」があります。

ラ・メルセからビジャ・リカまでの道は舗装されていなく、ガタガタと飛びながら、埃だらけになりますが、行く甲斐があります。オコナル湖はペルーの中でも数少ない自然の状態に保たれている湖です。



湖の生態系を守るために、エンジンのついたボートの使用が法律上禁止されており、静かな空間を味わうことができます。湖の周りには3〜4軒のロッジがあり、帰国後に泊まりに行きたい場所の一つです。






オコナル湖で知られている鳥の種類は400以上あり、まだ発見されていない種類も数多くあるといわれています。静かで、綺麗な空間が保たれているので、鳥の楽園となっていますが、植物の宝庫でもあります。

手漕ぎボートで進むと、一番目立つのは蓮の花です。僕はこれほど美しい蓮の花を初めてここで見ることができました。人工的に育てられた蓮にない、輝きを感じることができました。



話が変わりますが、ビジャ・リカと隣にあるチャンチャマヨ周辺では世界でも認められている、ペルーで一番美味しいと評価されているコーヒーが栽培されています。この地域にはドイツ系の移民がコーヒー栽培を初め、現在では200億円近くの市場にまでに成長したと言われています。

ビジャ・リカやチャンチャマヨで最近、環境の面で注目を浴びている、コーヒーの日陰栽培が主に行われています。コーヒー生産者たちはペルーで珍しいと言えるぐらい、環境に対する意識が高く、農園は豊かな生態系に恵まれています。

環境やコーヒーに興味がある方は是非勧めたい場所です。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/heiji/archive/314
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
湖って…なんだろう…?
Posted by:BlogPetのShiro  at 2009年11月21日(Sat) 14:18

プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml