CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 空から星が降る瞬間 | Main | 黄色く輝く瞬間 »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
クリスマス[2006年12月15日(Fri)]


やっと専門学校の期末テストから開放されて、久しぶりにゆっくり散歩しながら、写真を撮ることが出来ました。普段あまり通らない道を歩いていたので、キョロキョロしながら、絵になる角度を探していました。そんなとき、あるビルのイルミネーションがボクの注意を惹き付けました。




大きなクリスマススリー木。。。日本では、町の飾りつけやイルミネーションは本当に綺麗だけど、何となく冷たく感じることがあります。。。町の飾りつけはペルーより早く、大々的にやっているにも関わらず、クリスマスに特別な感情が込められるより、市場のマーケティングに使われることが多いと感じています。

そんなことを考えながら、何となくペルーの家族や親戚のことを思い出しました。ペルーでは毎年のイブは親族で集まり、美味しい料理とお酒を楽しみながら、クリスマスを迎えるのが習慣です。仕事が忙しかったり、遠くに住んでいたり、中々会えない人も多く、クリスマスは親族の絆を保ち続ける大切な日にちですラブ。仲が悪い親族たちでも、この日に限って、イヤなことを忘れて(忘れたふりをして・・?ウインク)、みんなで暖かな一時を分け合います。

子供の頃、クリスマスは何よりも楽しみにしていましたまる。プレゼントがもらえる楽しみもありましたが、それより中々会えない親戚たちに会えるのが楽しみでした。曾お祖母ちゃんの家に30人以上集まることもありました。みんな朝早くから集まり、おばさんたちは曾お祖母ちゃんと料理作り、おじさんたちはお酒を飲み、僕たち子供は遊ぶことに夢中になりました。それぞれの時間。。。それぞれの心境で夜を迎えていきました。

この日のために曾お祖母ちゃんやおばさんたちが作ってくれた手作り料理は最高に美味しく感じました。料理のために犠牲になった豚、鶏、アヒルにとっては悲惨な日だったけれど困った(曾お祖母ちゃんは自給自足に近い生活を送っていました)。。。

夜寝る前に、必ず両親にお休みのハグをしながら「毎日クリスマスだったらいいのにね〜ラブ」と言っていたのを今でも覚えています。

クリスマススリーを見ながら、期末テストが終わった安心感、休みが近い喜びと今年も家族に会えない寂しさが混じり合って、複雑な心境で胸がいっぱいになりました。





この記事のURL
https://blog.canpan.info/heiji/archive/191
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
かおりさん〜
コロンビアのクリスマスもすごいでしょうね〜笑い

ペルーでもペセブレを飾ります。
ボクの家では飾ることがありませんでしたが、
殆どの家庭で飾られます。

南米のクリスマスは心の温まる日ですよね〜。
子供から大人までも一緒になって
楽しむことができます。

日本にも、日本のよさは沢山ありますが。。。
かおりさんのいうように、僕もできるだけ日本の四季を
楽しめるようにしています。
美味しい料理以外に
綺麗な写真が沢山撮れるので幸せです笑い

Un abrazo muy fuerte
te deseo una Feliz Navidad
y un muy Prospero Anho Nuevo
Posted by:Kitsutani Hernan  at 2006年12月18日(Mon) 14:32

コロンビアも今クリスマス・モード
真っ盛り!です木
こちらでは各家庭や職場、学校などにペセブレというキリスト生誕の
伝説を表した箱庭のようなモノを
飾るのですが、各家庭それぞれの
特徴や個性があって、見ていて
とても楽しいです笑顔
ペルーにもありますか?

日本の四季や食べ物が恋しい
今日この頃ですが、クリスマスに
限ってはやはり、カトリックの
南米の方が人々の思い入れもあり、
ステキだと思います。

それでは
Feliz Navidad y Prospero
A&ntilde;o Nuevo!!!乾杯
Posted by:かおり  at 2006年12月17日(Sun) 13:12

カメさん〜

そうですね〜
ペルーのクリスマスは日本のお盆かお正月って感じですね〜。

子供の頃はみんなで集まることが
多かったけど。。。今はみんなが
世界中バラバラになっているから、
集まるのが難しくなりました。

素敵なクリスマスを迎えてください。

Big Hugs.
Posted by:Kitsutani Hernan  at 2006年12月16日(Sat) 23:23

Saoriちゃん〜

いつもありがとう〜。
あの頃は無邪気だったからね〜
今とは違ってウインク

「クリスマスはたった1日。
そのたった一日を大事に過ごすと同時に、毎日いきいきとした気持ちで家族に、知人に、見知らぬ人にも愛を与える余裕を持ちたいと思います。」
この言葉をありがとう〜
ボクも毎日、人に愛を与えられる人になりたい〜。

写真頑張ってね〜
始めたばかりなのに
凄く上手!!!
Saoriちゃんはそれだけ
敏感な心を持っていることの現われかもね〜。

Big Hugs.

Posted by:Kitsutani Hernan  at 2006年12月16日(Sat) 23:19

エルナンさんのクリスマスはボクにとってのお盆というか夏休みみたいなものですね。

小さいころは夏休みにおばあちゃんのところに行って、そうするとそこにはいとこもいて、おばあちゃんはおいしいものをつくってくれました。
ボクは小さいころいとこの家族と同じ家に住んでいたので(二世帯住宅みたいな感じです)そのいとこにあえると思うととても楽しみでした。

それに比べるとクリスマスはちょっとさみしいですね。

あ、でも、お正月はおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行っていましたよ。
Posted by:カメ。  at 2006年12月16日(Sat) 13:28

このクリスマスの写真とても素敵!
ご両親とハグしながら「毎日クリスマスだったらいいのにね」という言葉、心に残りました乾杯

クリスマスは確かに日本ではマーケットの道具(皮肉な見方をすれば)という一面もあるかも知れない。他方、この時期には皆がワクワクし出して大切な人とのひとときをどのように過ごそうかと考える時期でもありますねウインク

私の好きなクリスマスの歌に、Celine Dionの歌があります。その歌詞には、「大切な人に愛ハートを日常の中で少しずつでも分け与えることの大切さ」が書いてありました。

クリスマス木はたった1日。
そのたった一日を大事に過ごすと同時に、毎日いきいきとした気持ちで家族に、知人に、見知らぬ人にも愛を与える余裕を持ちたいと思いますペンギン
Posted by:Saori  at 2006年12月16日(Sat) 08:47

プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml