CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« Limaの夕焼けを前にして | Main | 日本の紅葉 »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
日系ユース会議[2006年12月02日(Sat)]


今週の金曜日、日本財団で「日系ユース会議(仮名)」事業化のための意見交換会が行われました。JICA留学・研修生、日本財団奨学生、Nikkei Legacy、海外日系人協会と日本財団の代表者が集まり、日系社会について様々なことが話し合われました。主なテーマとして:

− 日系人とは、日系人としての自覚
− 日系社会を維持していくことの意義、意思、問題意識
− 今後の日系人、日系社会の行方

などでした。











出身地(ブラジル、パラグアイ、チリ、アルゼンチン、ボリビア、ペルーなど)、専門分野などがバラバラでしたので、面白い意見がたくさん聞けました。
その中でも、共通していた問題点として「若い世代でアイデンティティが薄れてきている」、「若い人たちの積極的な参加を増やす」、「世代交代」、「出稼ぎが抱える問題」などが上がりました。

そもそも日系社会は日本人移住者たちがよりよい未来を目指して、団結をして作ったものであります。言葉・文化が違う国の中、厳しい労働条件と差別の中、前へ進みたいという共通意識が、団結力を強くしていたと思います。でも5世、6世までいる今では、日本語を話せる人が少なくなり、日系社会が持つ目的に共感を感じず、日系社会活動に参加しなくなっています。

日系文化にしかないよさをなくさないために、「新たな日系社会」を目指す必要が出てきています。「上の代の幹部たちと、青年たちが協力し、支えあえる社会」が。。。そのために、
「意識のシフト」が必要だと個人的に思っています。

「日本の援助を受ける」、「誰かがやってくれるのを待つ」から「自分たちに何が出来るか?そして自分に出来ることから実行する」に意識を変えなければいけないと思っています。

今回の様に、様々な団体の日系ユースが集まり、話し合える場は非常に大切だと思っています。横の繋がりを構築できると共に、問題認識ができ、意識の変化へとつながると思っています。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/heiji/archive/183
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
Jorge
ありがとう〜
日系社会のためにできることがたくさんあるからね〜
全部自分たち次第だと思っている。
Posted by:Kitsutani Hernan  at 2006年12月03日(Sun) 23:20

常に日系人社会の伝統継承に真摯な思いをよせるHernanに深い感銘を受けております。
Posted by:Jorge Eiki  at 2006年12月02日(Sat) 21:08

プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml