CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日本学校初日の面白話 | Main | 第12回世界青年の船A »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルー太陽のマカです!!!
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
最新記事
NFSA!!!
最新コメント
Kitsutani Hernan
足あと帳(@_@) (11/21) Hiromi Naoe
足あと帳(@_@) (11/19) 東方 抱き枕
ワチョ日系社交サークル (10/10) プロペシア通販
ワチョ日系社交サークル (09/24) BUBKA
ワチョ日系社交サークル (09/18) 森北 周次
4800年も前の遺跡 (09/07) ゆい
ペルーの特盛 (09/06) りな
ペルーから見える月を追いかけて (09/04) sato
ワチョ日系社交サークル (08/21) チャーハン
ペルーの特盛 (06/25)
第12回世界青年の船[2006年11月23日(Thu)]


想ってみると世界青年の船に参加をして、素晴らしい経験をしてから、もう7年近く経っています。。。今日、偶々CDの整理をしていたら、世界船の写真が見つかりました。ずっと見当たらなかったから、日本には持ってきていなかったと思っていました。当時、デジカメがなく、普通のコンパクトカメラしかなかったから、思うような写真が撮れなくて、少し残念です。

数年ぶりに世界船の写真を見ていたら、あの頃の想い出がよみがえり、懐かしい気持ちが心を満たしてくれました。

1999年9月、17カ国、270人の青年を乗せた「日本丸」が出港するシーンの写真がありました。あのとき、船員に紙のテープを渡され、「見送りに来た人にめがけて投げるように」と言われ、皆が一斉に投げました。彩りのテープが綺麗に空を舞い、今まで見たことのない光景が浮かび出ました。





船員が鐘を鳴らし、船がゆっくりと動き出す船と共に、自分の心の中が「期待、希望、嬉しさ」でいっぱいになったのを今でも覚えています。投げられた紙テープは少しずつ伸ばされ、切れていきました。



自分の人生を一生変える経験になるとは、このとき思ってもいませんでした。


続く。。。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/heiji/archive/173
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

Kitsutani Hernanさんの画像
Kitsutani Hernan
プロフィール
ブログ
NPOアルコイリス!!!
リンク集
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!!
最新トラックバック
Google

Web全体
このブログの中
https://blog.canpan.info/heiji/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heiji/index2_0.xml