CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ DE ハート
このサイトでは、ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTの活動を紹介しています。
あんなこともこんなことも・・・。
えっ!?そ、そんなことも・・・?

まぁどうぞごゆっくりお読みください。
« 2010年05月 | Main | 2010年07月 »
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
テーマ別に読めます!
最新記事
最新コメント
ノーテン小作人
謹賀新年 (01/10) ノーテン小作人
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (01/01) 光橋
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (12/27) ノーテン小作人
「NPOバンク」を学びます! (09/18) ノーテン小作人
冬期休暇のお知らせ (01/01) カフェ店主
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/13) ノーテン小作人
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/12) ノーテン小作人
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/23) カフェ店主
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21) 店員その2
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index2_0.xml
ふれあいチャンネルにも登場![2010年06月24日(Thu)]
 「紙屋町おやこ基地」。
 新聞に掲載されたかと思いきや、今度は「ふれあいチャンネル(ケーブルテレビ)」さんの「ふれチャンデイリーTV」に登場します。

 「ふれチャンデイリーTV」は、地域や暮らしの話題、行政情報のほか、ひと、サークルなどにスポットをあてた企画コーナーなど、地域を応援する番組です。平日の毎日生放送でお届けしています。(再放送あり)

「紙屋町おやこ基地」の放送は6月24日(木)12:20〜です。
 テレビコミュニティチャンネル〔アナログ〕
  中区・西区・安佐北区・安芸区・海田町にお住まいの方は1ch
  佐伯区・廿日市市にお住まいの方は9ch
  ※アナログの場合、安佐北区・佐伯区・廿日市市にお住まいの方のみ一部独自の番組編成となるため、深夜0時以降は異なる番組を放送します。

 テレビコミュニティチャンネル〔デジタル〕
  全エリア111ch

 太陽再放送放送日程(生放送したものをそのままリピート放送します。)
  6月24日(木)16:00〜、18:00〜、20:00〜、23:00〜
  6月26日(土)・27日(日)いずれも22:00〜

 ※諸般の事情により予告なく放送がなくなる場合があります。
ご了承ください。
中国新聞に掲載されました![2010年06月24日(Thu)]
 「紙屋町おやこ基地」初日の模様が、6月22日(火)付の中国新聞に掲載されました〜!〓

 基地のオープン時間がちょっと違ってますが落ち込み、楽しさは伝わっているのではないかと。この記事を読んだママさんから既にお問合せが入っています。
 次回は大行列かしら・・・(皮算用ですウインク)。
始まりました〜![2010年06月22日(Tue)]
 親子で紙屋町へお出かけしたとき、ちょぃとひと息つける親子のたまり場ができました。
 6月20日(日)は記念すべき(?)1回目祝日。お昼ごろから親子連れで立ち寄ってくださる方がぼちぼちと増えました。子どもたちは粘土に夢中ドキドキ大、おかあさんたちはフェアトレードのお茶を飲んだり、ママさん手づくりの雑貨を見たり、オムツを替えたり・・・。おとうさんもシートに座ってひと息ダッシュ。親子そろってとても楽しそうに過ごしておられました。
 ちょうどこの日は新聞社さんやケーブルテレビさんの取材もあり、子どもたちの興味はカメラに集中電球。カメラマンさんが子どもにテレビカメラを持たせてくださるなど、一部ボランティア活動に加わってくださいました拍手
「紙屋町おやこ基地」いよいよスタート![2010年06月14日(Mon)]
 紙屋町界隈へお出かけしたくても、ちっちゃなお子ちゃまをもつママの外出はままならず(うまいっ!笑い)・・・。そんな不満を少しでも解消できて、家族でお買い物に繰り出せる前線基地がHEART to HEART内にオープンします。
 ことの発端は、昨年度、子育て支援団体さんにフリースペースを託児でご利用いただいたときのこと。授乳のご希望があったので、事務所スペースを使っていただいたところ、「ここって、いつでも授乳できるんですか?」と尋ねられたのです。そこで店主はハッ電球と気がつきました。「そーか。このあたりには気軽に授乳できる場所が少ないのか・・・。だったら、ウチのフリースペースを授乳に使ってもらえばいいじゃん!」まぁいつもの思いつきですウインク
 そこで子育て支援にかかわる方々に相談し、あっという間にできあがったのが、この「紙屋町おやこ基地」拍手。授乳だけでなく、お子ちゃま用トイレ(写真上)もあり、ママの手づくりショップやお遊びコーナー、衣類などの物々交換コーナーなど、小さいながらもあれこれ楽しめる(かもしんない)空間です。ご協力いただいている「子育ておたがいさま〜ず」さん、「広島文教女子大パパママ応援団"ぶんこ"」さん、「手づくりの会」さんたちのノウハウがギッシリ詰まってます力こぶ
 今年度は月に1度のペースで基地を設営しますが、社会実験的な要素もあり、今後バージョンアップされる可能性も大いにアリです。
 初回は6月20日(日)11時〜16時。市民団体が運営しますので、基地利用料が\100(1家族につき)かかりますが、おみやげ(写真下)もありますから、フラリとお立ち寄りください。


詳しいことはチラシをご覧ください。

oyako_flyer.pdf


絵画を送り出しました・・・[2010年06月06日(Sun)]
 HEART to HEARTに来られた方なら、一度は目にされたであろう大きな絵画。2002年に沢田としきさんがHEART to HEARTのイメージに合わせて描き、寄贈してくださったものです。沢田さんとHEART to HEARTのつながりは、沢田さんと当時の運営団体であった宇宙船地球号の竹本代表とのつながりでした。パンフレットや名刺に刷り込んでいるHEART to HEARTのロゴも当時から変わらず使用しているものです。知らなかったでしょ?こんなこと・・・。
 その沢田としきさんが今年4月に51歳の若さでお亡くなりになりました。亡くなる1週間前には竹本夫妻は電話でお話をされたとか。竹本夫妻もどんなにか力を落とされたことと思います。
 それからしばらく経った6月5日、竹本さんから「この絵を自宅に飾りたい」という申し出がありました。当会としては壁にポッカリ穴が開くのはせつない気がしましたが、HEART to HEARTで時々扉の影に隠れてしまうよりは、仲良しの竹本さんのそばにあった方が大事にしてもらえるかなーと、事務局長判断で竹本さんからのお申し出を受けました。
 原爆ドームの前で、一人ひとりが心をつなげていくことこそ、平和の礎・・・。絵はなくなりましたが、沢田さんの思いは受け継いでいかねばならんなーと気持ちを新たにしています。
 沢田としきさん、ありがとうございました。
総会の後でもしゃべりBAR![2010年06月05日(Sat)]
 2010年度総会の後は、恒例になりつつある「みんなのしゃべり場(BAR)」を開催しました。
 今回のネタは「官&民で盛り上げる地域づくりとは!?」。"協働"という言葉にとらわれず、みんなでワイワイ参加できる地域づくりができたら楽しくていいよね〜という理想を浮かべながら、具現化するためのコツでも聞けんかな?というのがねらいです。
 今回は昨年度、府中町に開設された児童センターバンビーズと廿日市市市民活動センターの事例を聞きつつ、運営する市民側にパワーがあればここまでできる!というエネルギーをいただきました。パワーといっても元気なだけではなく、このセンターをどう利用していけばいいのか、スタッフだけが考えるのではなく、利用者や周囲の人々から聴こえた声を反映させる・・・。それがパワーをつくっている、という印象を受けました。
 もちろん施設運営に利用者の声は必要ですが、みんなが住みやすい町をつくっていく時にも、「この町をどんな町にしたいのか」住民の声を聴いていくことは本当に大事だと思いますし、そういう声を集めることが市民活動、団体の原点でもあります。そんな活動の原点に立ち返ることができたことも大きな収穫でした。
2010年度総会を開催![2010年06月05日(Sat)]
 2010年5月30日、総会を開催しました。一年に一度、会員さんが集まり、当会の事業報告と計画にご承認をいただく会議イベントです。「2009年度はこんな成果がありました。お金はこう使いました。これで良かったですよね?」という事業報告を会員の皆さんに聞いていただき、「OKOK」をいただきました。ハァァァ、よかったドキドキ小
 当会は事業報告に反省材料などのコメントを記しているので、出来上がった総会資料はかなり充実しています。せっかくなので、今回は「年次報告書」としてPR用ツールにしちゃおっかな・・・と企んでいますウインク
 次いで2010年度の目玉事業や予算(当会では目標額といっています)の計画にもご承認をいただき、これで今年度の事業をガンガン進めていけることになりました。が、今年はかなりクオリティの高さを要求されるような事業もあり、とても店主だけではできそうにないので、新たな人材を確保しようと思っています炎
プロフィール

ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTさんの画像
リンク集