CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ DE ハート
このサイトでは、ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTの活動を紹介しています。
あんなこともこんなことも・・・。
えっ!?そ、そんなことも・・・?

まぁどうぞごゆっくりお読みください。
« 臨時休業のお知らせ | Main | ハート・ブック・カフェ »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
テーマ別に読めます!
最新記事
最新コメント
ノーテン小作人
謹賀新年 (01/10) ノーテン小作人
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (01/01) 光橋
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (12/27) ノーテン小作人
「NPOバンク」を学びます! (09/18) ノーテン小作人
冬期休暇のお知らせ (01/01) カフェ店主
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/13) ノーテン小作人
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/12) ノーテン小作人
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/23) カフェ店主
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21) 店員その2
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index2_0.xml
リユースPC寄贈プログラム2017終了[2017年10月29日(Sun)]
 今年度の「ひろしまイーパーツ リユースPC寄贈プログラム」の寄贈式を無事終了しました!
 今年度は7団体に延べ14台のパソコンを寄贈しました。
 当日は台風接近のため、寄贈式と交流会を予定よりも時間短縮して実施しましたが、交流会では各団体の活動紹介をパネルスピーチし、共感できた活動に寄付金(模擬紙幣)を渡すというゲームを展開。大きな賞品をゲットする団体もありました。ワイワイガヤガヤと進んだ交流会で、団体同士のつながりが生まれ、大変盛り上がりました。
 きちんと整備されたパソコンで、団体の活動をもっと効率よく広げたい!とお考えの団体は、ぜひ次回チャレンジしてくださいね!
REUDEpc2017.jpg
リユースパソコン寄贈式終了![2015年12月15日(Tue)]
DSCN1982.JPG 認定NPO法人 イーパーツ × NPO法人 ひろしまNPOセンター × 当会で共催している「ひろしまリユースPC寄贈プログラム」も今年度が7回目。今年度は福山市と広島市で寄贈式を行いました。
 当会は、全申請団体の審査と広島市での寄贈式をお手伝い。2か所に分かれたぶん、会場内のアットホーム感は高まり、皆さんの間で会話がとても弾む会となりました。
 今年度は、福山会場に6団体、広島会場には5団体の皆さんにお集まりいただき、寄贈式だけでなく「マイナンバー制度」についての解説や短時間で自団体をPRするための手法「エレベーター・ピッチ」を使ったプレゼンテーションなども行いました。楽しみながら学ぶと、時間はあっという間に経っちゃいますね。
 次回はどんなイベントになるかなぁわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
パソコン分解教室は満員御礼♪[2015年04月01日(Wed)]
IMGP1480_xlarge.JPG 3月29日に開催した「パソコン分解教室」は、小学生の子どもと親御さんが延べ30名余り参加され、大賑わいになりました。
 この講座は、いつもリユースパソコンをご提供いただいている認定NPO法人イーパーツさんとシングルパパの支援をされているNPO法人父子家庭サポートネット・ひろしまさんのコラボ事業で、当会は講座の運営協力をさせていただいたものですが、子どもたちにパソコンの構造を知ってもらうこと、機器を大切に扱うことなどを体験学習してもらうことが主な目的でした。
 最初、子どもたちだけに分解の仕方を説明し、親御さんたちにはサポートしていただいていましたが、皆さん途中から無我夢中!立ち上がって分解作業に臨んでおられました。
 終ってみると、面白かった!という声がほとんどの親子さんから聞かれ、また親御さんからは「我が子がこんなに集中するとは!?」といった声もあり、お子さんの意外な一面に気づかれた様子でした。
 パソコンを分解することで、パソコンのことも理解が進むし、親子が協力し合う関係づくりにも役立つように思えました。
もみじ杯ボウリング大会終了![2013年01月15日(Tue)]
167238697_org1.JPG

 市民活動に関わるメンバーの体育会系交流の場、「もみじ杯ボウリング大会」も今回が第4回。参加選手も毎年少〜しずつ変化しつつ、ほぼリピートとなっていますが、少しずつ腕が上がる人もいれば、息が上がる人もいて、なかなか楽しいゲームでした。
 ゲーム終了後は、表彰式を兼ねた交流会。最後に、中倉大会終身名誉会長より「市民活動には楽しいことも取り入れていかないと、長続きせんよ。」と、この大会への賛辞をいただきました。
 来年もこの時期に開催するものと思われます。
 どうぞ遊びに、いえ戦いに来てくださいねわーい(嬉しい顔)
2012年度総会無事終了![2012年06月12日(Tue)]
 2011年度はこんなことやって、こんだけお金を使いました!おかげでこんないいことがありました!頑張ったでしょ〜?手(グー)という事務局の報告を受けて、会員さんが「よっしゃ!よぅ頑張った!」と認めてくださる会合。それが総会です。
 団体間の新しいつながりができたり、今までボランティア活動と疎遠だった人たちが活動に参加し、興味を持ってくれたりして、次年度につながるものがたくさん残せたことを評価していただけました。
 集まってくださった会員さんは少数でしたが、NPOの総会に初参加の方もおられ、会員同士のおしゃべりも弾む良い会でした。
 2012年度も頑張るどー!を拍手で応援してくださった皆さん、これから1年ご協力をまたまたよろしくお願いしま〜すexclamation
 もちろん、これから応援してくださる新規会員さんも大歓迎!一緒に面白いことをやりましょ〜わーい(嬉しい顔)
DSCN1722a.JPG
寒空の下、「NPOを見せる。」[2011年12月12日(Mon)]
 12月10日(土)、広島市内の中心部にある広場(公園)“アリスガーデン”にて、「第1回NPOポスターコンテスト」を開催しました。
 今年最も寒いんじゃないか?困ったと思えるほど、気温も低く、強風が吹きつける中ではありましたが、実行委員会を一緒に立ち上げたNPO法人セトラひろしまさんのご助力もあり、何とか無事終了。
 今回は初めてということもあり、NPOの中でも「ポスターったって、デザイナーがいないし。」とか「どう作っていいかわからん。」という声が上がりましたが、「素人でも作ってみよう!」という度胸あるNPO3団体が出展しました。
 審査は、プロのデザイナーによる「特別審査」と、一般市民が投票する「一般審査」があり、
前者ではセトラひろしま、後者は当HEART to HEARTがベストワンとなりました。
 尚、一般審査は、市民が100円でシールを購入し、最も共感できる団体のポスターにシールを貼っていくというもので、最終的にはシールの数×100円が団体に寄付されるしくみにしてみましたが、意外と面白がってくださる方が多く、ゲーム感覚で参加できるのがいいのかな?と思ってみたり(←自画自賛)。
 出展団体はお互いの作品を見ながら情報交換できて、ますますヤル気になり、来年こそリベンジ!と心に誓い合っていました。また、見に来られた方も、特別審査員の方々も、そして実行委員会も、このコンテストの趣旨にとても共感され、来年もまたこのアリスガーデンでできそうです。やったぁ〜まる
 表彰式の折りには、特別審査員のお一人、デザイナーの石原悠一さんが表彰式において、このコンテストの意義を語ってくださっています。こちらをご覧ください。

 来年は、デザイナーがいなくても、ポスターなど広報物が作れるように、連続講座を組み立てます。乞うご期待びっくり
激闘!第2回もみじ杯ボウリング大会[2011年02月08日(Tue)]
 1月30日(日)、広島パークレーンにて第2回もみじ杯ボウリング大会を開催しました。
 昨年からスタートしたこの大会は、普段の活動を離れて、ボウリングという誰でもとっつきやすいスポーツを通じて、体力の増進と新たなネットワークづくりを目的として、実行委員会(EPOちゅうごくGlobal Bridge青年社会起業家サポートグループP-SONIC、ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART)が実施しています。
 今回は9名の参加にとどまり、ちょっぴり寂しいかなー悲しいと思っていましたが、そのぶん優勝する可能性が高まるキラキラというので、意外と盛り上がりました。自分のプレーに集中する一方で、他のレーンに偵察に行くもストライクを共に喜ぶ姿もあり、プレー中から既にノーサイドな雰囲気になっていましたドキドキ小
 終了後は場所を移動して、EPOちゅうごくにて表彰式と交流会。第2回の団体優勝は自主の会。個人優勝も自主の会のメンバーが男女揃って獲得。交流会ではみんなで手づくり鍋をつつきつつも、早くも来年へ向けてのヤル気を養っているようでした。店主も昨年のスコアから大幅アップを遂げ、気合いが入りました炎
 こんな手づくり感覚満載の大会ですが、楽しいばかりのレクリエーションです。皆さん、第3回にぜひお越しください。
 
 
広報スキルアップセミナー終了![2011年01月18日(Tue)]
 1月16日(日)。
 夜中に降った雪で、広島市内の街中あたりでも一面真っ白雪。。。日の当たらないところでは、この雪絶対解けないわ〜困った
 そんな寒い日の午後、「伝えるコツを身につけよう〜NPOのための広報スキルアップセミナー」をひろしまNPOセンターさんと一緒に開催しました。受講者は20名弱。道路があちこちで凍結している中、申込者全員出席!気合いを感じました笑い
 講師は、認定NPO法人 市民活動センター神戸の理事・事務局長 実吉 威さん。広報のプロではないけれども、これまでの実績や広報物の審査をしてきた経験も踏まえた、とっても現場密着型のセミナーでした。いろんな場面で、「ウチの団体ではこうしている」といった事例などを紹介されたので、とてもわかりやすかったという声もありました。また、講師のコメントを希望された団体のチラシに、参加者もアドバイスするという画期的な(?)場面もありましたが、参加者全員にとって、とても勉強になったのでは?と思います。
 このセミナーを受講して、参加団体のチラシが今までよりもグーンと共感を得やすいものになればいいな、と思います。Before, Afterの比較も面白いかも、ですね。
 
総会の後でもしゃべりBAR![2010年06月05日(Sat)]
 2010年度総会の後は、恒例になりつつある「みんなのしゃべり場(BAR)」を開催しました。
 今回のネタは「官&民で盛り上げる地域づくりとは!?」。"協働"という言葉にとらわれず、みんなでワイワイ参加できる地域づくりができたら楽しくていいよね〜という理想を浮かべながら、具現化するためのコツでも聞けんかな?というのがねらいです。
 今回は昨年度、府中町に開設された児童センターバンビーズと廿日市市市民活動センターの事例を聞きつつ、運営する市民側にパワーがあればここまでできる!というエネルギーをいただきました。パワーといっても元気なだけではなく、このセンターをどう利用していけばいいのか、スタッフだけが考えるのではなく、利用者や周囲の人々から聴こえた声を反映させる・・・。それがパワーをつくっている、という印象を受けました。
 もちろん施設運営に利用者の声は必要ですが、みんなが住みやすい町をつくっていく時にも、「この町をどんな町にしたいのか」住民の声を聴いていくことは本当に大事だと思いますし、そういう声を集めることが市民活動、団体の原点でもあります。そんな活動の原点に立ち返ることができたことも大きな収穫でした。
2010年度総会を開催![2010年06月05日(Sat)]
 2010年5月30日、総会を開催しました。一年に一度、会員さんが集まり、当会の事業報告と計画にご承認をいただく会議イベントです。「2009年度はこんな成果がありました。お金はこう使いました。これで良かったですよね?」という事業報告を会員の皆さんに聞いていただき、「OKOK」をいただきました。ハァァァ、よかったドキドキ小
 当会は事業報告に反省材料などのコメントを記しているので、出来上がった総会資料はかなり充実しています。せっかくなので、今回は「年次報告書」としてPR用ツールにしちゃおっかな・・・と企んでいますウインク
 次いで2010年度の目玉事業や予算(当会では目標額といっています)の計画にもご承認をいただき、これで今年度の事業をガンガン進めていけることになりました。が、今年はかなりクオリティの高さを要求されるような事業もあり、とても店主だけではできそうにないので、新たな人材を確保しようと思っています炎
| 次へ
プロフィール

ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTさんの画像
リンク集