CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ DE ハート
このサイトでは、ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTの活動を紹介しています。
あんなこともこんなことも・・・。
えっ!?そ、そんなことも・・・?

まぁどうぞごゆっくりお読みください。
« ユース・インターン・プログラム(YIP) | Main | 庄原へ行こうP »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
テーマ別に読めます!
最新記事
最新コメント
ノーテン小作人
謹賀新年 (01/10) ノーテン小作人
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (01/01) 光橋
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (12/27) ノーテン小作人
「NPOバンク」を学びます! (09/18) ノーテン小作人
冬期休暇のお知らせ (01/01) カフェ店主
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/13) ノーテン小作人
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/12) ノーテン小作人
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/23) カフェ店主
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21) 店員その2
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index2_0.xml
6/8(土)は「みんなでトーク!」[2019年06月04日(Tue)]
 毎年恒例、当会通常総会終了後のトークイベント、今年もやります。
 今年はズバリ「支援ってなんだ!?」。
 さまざまな災害により被災した地域、住民の皆さんの支援活動が今なお全国で行われています。
 それすら忘れていた方、「支援活動はしているけど、いつまでやるんだろ」と、少々お疲れ気味の市民団体の方、「支援してもらっているけど、もっとこうしてほしい(ほしかった)」とお思いの被災された方、それぞれのお立場でご自身の思いを語ってください。みんなで本音を言ってみると、明日からの支援のあり方が違ってくるかもしれません。
 美味しい珈琲とお菓子はいつも通り出ます、出します!なのに無料です!わーい(嬉しい顔)
 お申込みはチラシからQRコードを拾ってください。
トークチラシ表.jpgトークチラシ裏.jpg
広島県内へ避難されている方々の声[2018年03月12日(Mon)]
 2018年3月11日。東日本大震災から7年が経ちました。
 少しずつ復興し始めている被災地もありますが、原発事故の影響が大きい地域は復興どころではないということも皆さんご存じですよね。
 ひろしま避難者の会アスチカさんは、原発事故によって福島を含む東北圏や関東圏から避難された方々のサポートをされている当事者グループです。
 そのアスチカさんが今年もアスチカの会員さんを対象にアンケート調査をされました。その報告はこちらです(PDF)。
 まだまだ、まだまだ、まだまだ、不安を抱えた方々はたくさんいらっしゃいます。私たち広島市民にもできるサポートは何だろう...。今、そしてこれから、私たちに何ができるのか、またみんなで集まって知恵を絞りたいと思っています。
 ご感想やご意見あれば、ぜひコメント欄にお寄せください。個別にメールをいただいても結構です。
災害シンポジウム(10月7日)のお知らせ[2016年09月13日(Tue)]
スクリーンショット 2016-09-13 8.04.50 PM.png 10月7日(金)、災害シンポジウムを開催します。
 災害が起きた後、まだまだ復興できてない地域はたくさんあります。今回は被災地や被災者に寄り添う方々から、地域あるいは避難者のコミュニティの現状や課題を伺い、共有したい思います。
 これまでに支援活動の経験がなくてもご参加いただけます。現場の声に耳を傾けることも、一つの支援活動です。皆さんのお越しをお待ちしています。
 なお、終了後には「おまけ企画」があります!
 近くの古民家サロンにて交流会をやりますよ!参加費¥2,500(お弁当付)。他県からのゲストもおられるので、広島の◯◯みたいな差し入れ大歓迎です!
 シンポジウムお申し込み時に、交流会への参加もお知らせください。チラシからコードを読み取り、メールしていただけば完了です!

日 時;2016年10月7日(金)15時〜18時
場 所;安佐北区総合福祉センター 大会議室
参加費;無料
共 催;ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEART
    ひろしま避難者の会アスチカ
    若者活動サポートセンターあおぞら

ひらめき当日のゲストはお申込方法はチラシをご確認ください。
チラシはこちら→20161007saigaisymposium.pdf
上映会を開催します(5月15日)[2016年05月07日(Sat)]
「無念」画像.jpg 毎年、当会の総会後に開催する「しゃべり場(BAR)」。
 今年はスタイルを変えて、上映会を行います。
 題目は「浪江町消防団物語 無念」というアニメーション映画です。
 予告編もありますので、ご覧ください。※予告編は音が出ますので、ご注意ください。
 当日は浪江町から広島へ来られている方々もお呼びし、もう一度、震災へ、福島へ思いを馳せて語り合いたいと思っています。
 5月15日(日)14:15分〜17時まで。参加費は無料(会場内でカンパ箱を置きます)、ドリンク類あります。事前申込が必要ですので、詳しくは下記チラシをご参照ください。
 本チラシ↓
しゃべり場チラシ.pdf
被災者と被災地を支えていくために[2016年04月21日(Thu)]
 4月14日に発生した熊本地震。その後、事態は一変。二度目の大きな地震(本震と呼ばれています)により、被害は激増しました。さらに今日は激しい雨に襲われ、地盤が緩んできています。二次災害が起きないことを祈るばかりです。
 この雨をなんとかクリアできたら、被災者支援活動は本格的に進むものと思います。私たちも広島であらゆる情報を収集しながら、被災者を支えるアクションを実践していきたいものです。
@災害ボランティア活動
 そのアクションの一つとして、災害ボランティア活動への参加があります。
 ここにご紹介する被災地支援・災害ボランティア情報「熊本地震特設サイト」は、広島で発生した8.20豪雨災害の時にも大変お世話になった災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)が運営するサイトです。ボランティアセンターの情報のみならず、心構えなども掲載されています。事前に目を通しておくとよいでしょう。

A今の熊本を知る
 特に被害の大きかった熊本県に心を寄せるためにも、今の熊本の現状を概ね把握しておきたいものです。現在、NHK熊本放送局のラジオ番組がネットで聞けるようになっています。ライフラインなど生活情報や道路情報などが伝えられています。また、サイト上にも文字化された情報が掲載されています。
 <ラジオの聞き方>
 サイト上の「ラジオ第1・NHK熊本」をクリックすると聞けます。
 同じサイト下方には情報各種のカテゴリーが用意されていますが、それをクリックするとラジオの音は聞こえなくなってしまいます。別のタグを用意されるとよいと思います。

 ゴールデンウィークに熊本に行ってみようかとお考えの皆さん、情報をたくさん集めてから判断するようにしましょう。
熊本地震関連情報[2016年04月15日(Fri)]
 4月14日に発生した熊本地震。甚大な被害が刻一刻と伝えられています。当会が親しくさせていただいている方々については無事であることが確認できましたが、余震が続く中での被災地の厳しい状況は報道の通りです。
 皆さんの中にも“今すぐにでも現地へ!”とお考えの方がおられるかもしれませんが、余震の数も多いので、二次災害の可能性もあります。
 また、今回の被災エリアは益城町とその付近の活断層エリアに集中しており、熊本全域のお話ではありません。広島における一昨年の8.20豪雨の時のことを思い出してみてください。
 ですので、まずは冷静に情報を収集し、必要に応じて支援するというスタイルで臨みたいものです。情報収集にあたり、当会が今イチオシしているサイトをご紹介しておきます。
@NHK WEB
 NHK総合テレビのニュースを同時配信しつつ、現地のここまでの状況(報道されたもの)が網羅されていますので、最新情報をつかみやすいと思います。
A日本財団「CANPAN・NPOフォーラム」
 ボランティア情報や寄付・募金サイト、お役立ち情報などが網羅されています。
駅伝で被災地支援のお手伝いをします!(1月24日)[2016年01月19日(Tue)]
 来たる1月24日(日)は「天皇盃 第21回全国男子駅伝」が開催されます。
 有名選手もたくさん参加するこの駅伝では、ランナーへの声援に加えて、全国の県人会の皆さんや広島の市民団体の皆さんによるブース出店があり、美味しいものやお土産品などが立ち並ぶことでも有名です。
 今回は、以前より福島の支援活動を通してつながりのあるNPO法人市民公益活動パートナーズさん(郡山市)が福島県人会のブースにて、福島の食材などのPRとアンケート調査をされますので、当会もそのお手伝いに伺います。
 西区役所前で展開される「青空ギャラリー」へぜひお越しください。駅伝も、芋煮も、カフェも、皆さんのお越しをお待ちしております。
 イベントチラシはこちら
2016年のミニカレンダー発売中![2016年01月12日(Tue)]
 とってもかわいいカレンダーを限定販売しています。
 12人の絵本作家による「子ども脱被ばく裁判を支える会」応援カレンダー。
 12人の絵本作家による福島の子どもたちの被ばく裁判を応援するために、絵本作家が集まって制作。代金の1000円はカンパになります。
 あと4冊になりました!当会ブック・カフェにて販売しています。まずは手に取って見てみてくださいね黒ハート
Calendar2016.jpg
募金活動を始めました![2015年09月20日(Sun)]
 この度の関東・東北豪雨で被災された皆さまに改めてお見舞い申しあげます。
 この豪雨による水害で被災された地域では、まだ時折降る雨に阻まれつつも、復旧作業が進んでいます。
 そのような状況下で、当会同様にNPO・市民活動の支援活動を行うNPO「茨城NPOセンター・コモンズ」では、常総市内の事務所が被災するも、新たにたすけあいセンターJuntos(「ジュントス」=ポルトガル語で「一緒に」という意味)を立ち上げ、常総市内での被災者支援活動に注力されています。
IMG_2709.JPG 当会は、随時ホームページにアップされる被災地の様子をチェックし、被災者を支援する方法を検討してきましたが、刻一刻と変化する状況の中での物資による支援は難しいと判断し、こうして被災者のニーズをとらえ対応する支援活動を支援するための寄付金を集めることにしました。いわゆる「活動支援金」です。ご賛同される方は、HEART to HEART内に設置した募金箱にチャリーン♡と入れて行ってください。
 集まった寄付金は、当会より「いばらき未来基金(茨城NPOセンター・コモンズが事務局を担当)」内に設置された「Juntos募金」に全額寄付させていただきます。特に締め切りは設けませんが、今が一番しんどい時だと思いますので、早い時期(今月末ぐらい)に一度まとめて送金する予定にしています。
 もちろん、被災された方を支援する「義援金」の募金活動もあちこちで行われていますので、じっくりご検討のうえ、今いちばん支えたい人・場所・活動を選んでください。

◎参考資料
義援金と活動支援金の違い(日本財団)
関東・東北豪雨に関する情報や各種サイト(日本財団)
被災地支援・災害ボランティア情報(全国社会福祉協議会)
 
2.21(土)佐東公民館にてカフェやります![2015年02月19日(Thu)]
 広島市の土砂災害から半年。
 2.19日付の中国新聞にもあるように、被災された方々がそれまでの「日常」を取り戻すには、まだまだ時間はかかります。
 そのような中で、「あの日」から被災者の支援に入った団体やボランティア有志は、「あの日」を忘れず、また被災された皆さんにほんのひとときでも元気を取り戻していただこうと、「つなぐプロジェクト」を立ち上げ、2月21日(土)に佐東公民館にて、みんなが集まりつながりを確認する場を設けることとなりました。
 当HEART to HEARTは、団体として「あの日」に何か支援をしたわけではありません。が、今回は支援した人、支援された人がゆっくりできるよう、HEART to HEARTお馴染みの「ハート・カフェ」スタイルでお手伝いさせていただくことになりました。
 お茶を飲みながら話をすると、いろんな思いが共有できるし、ひょっとしたら困りごと解決のアイデアが浮かぶかもしれません。そんなワクワクするようなカフェになればいいなと。
 とにかく美味しいコーヒーをひたすら淹れますので、ほっこりまったりハートたち(複数ハート)しに来てください。
 お手伝いしてくださる方も大歓迎!当会までご連絡ください。
 ひらめき参考までにチラシを掲載しておきます。
 つなぐプロジェクト表ol.pdf つなぐプロジェクト裏ol.pdf
| 次へ
プロフィール

ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTさんの画像
リンク集