CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ DE ハート
このサイトでは、ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTの活動を紹介しています。
あんなこともこんなことも・・・。
えっ!?そ、そんなことも・・・?

まぁどうぞごゆっくりお読みください。
« (2008第1期)市民活動マインド養成塾 | Main | あぶら来るクルリサイクル! »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
テーマ別に読めます!
最新記事
最新コメント
ノーテン小作人
謹賀新年 (01/10) ノーテン小作人
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (01/01) 光橋
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (12/27) ノーテン小作人
「NPOバンク」を学びます! (09/18) ノーテン小作人
冬期休暇のお知らせ (01/01) カフェ店主
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/13) ノーテン小作人
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/12) ノーテン小作人
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/23) カフェ店主
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21) 店員その2
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index2_0.xml
アベノマスクを寄贈しました!(第1弾のご報告)[2020年07月16日(Thu)]
 不要なアベノマスクを集めてみたところ、20セット以上が集まっています!(皆さん、やっぱり要らんかったんですかね〜顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗))。ご協力くださった皆さん、ありがとうございます!
 集まった中から第1弾として、15セット(30枚)分をホームレス支援団体のネットワーク組織であるNPO法人 ホームレス支援全国ネットワークへお届けしました。先方からは感謝状(ポストカード)をいただき、恐縮しているところです。
 お話を伺ってみると、夏にアベノマスクの装着は暑いんだそうで、現在は不織布でできたマスクを渡しておられるとのこと。アベノマスクの出番は涼しくなってからです。というわけで、時間に余裕が出ましたので、引き続きアベノマスクはお預かりします。どんどんお持ちください。

感謝カードと当会の募集チラシ
EB3A1AC4-CB94-4D07-83F4-D780E7AED3A2_1_105_c.jpeg アベノマスクチラシ.jpg
アベノマスクを集めております![2020年06月22日(Mon)]
 先週より集め始めたアベノマスク。
 これまではSNSと当会の会員さん向けメールのみでご協力のお願いをしてきましたが、なんとこの一週間で10袋を超えました!
 届けてくださった皆さま、わざわざ送料払って送ってくださった皆さま、本当にありがとうございます。85442E6F-6991-49C4-AB5C-F94B79D65DE0_1_105_c.jpeg
 まさかこんなに集まるとは!というのが本音ですが、ってことは、まだアベノマスクの眠っているお家があるかもしれない...と少し欲が出てきましたわーい(嬉しい顔)。そこで、もう少しこの収集活動を続けてみようと思います。
 小さなチラシやSNSをご覧になって、それなら...と思われた方は是非ご協力ください。
 締め切りは特にありません。集まったらお届けするというスタイルです。
 なお、このマスクの嫁ぎ先(?)ですが、このマスクが届かないであろう方々に(特に、住む所がない方を優先的に)お届けする予定です。
 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします〜❣️
アベノマスクチラシ.jpg
【新型コロナウイルス対策】フリースペースのご利用について[2020年03月24日(Tue)]
※ガイドラインの内容を一部修正(2020.8.1)
※ガイドラインの内容を一部修正(2020.6.1)

 貸切利用をしていただける当会スペースですが、最近の新型コロナウィルスによる感染を防ぐために、ご利用いただくためのガイドラインを設けました。
 7月下旬あたりからウィルスの市中感染が微増しつつありますので、基本的には話し合いや茶話会等でのご利用は当分見合わせていただき、もう少し状況が好転するのをお待ちいただくことがベストですが、「どうしても」という団体さんは、以下のガイドラインをよくお読みいただいた上でご連絡ください。

かわいいスペース利用ガイドライン
以下の全ての条件と合致する場合にのみご利用いただけます。
@マスク着用は大前提です
A利用時間は2時間まで(準備・片付け含む)
B換気のため、窓を1箇所常に開けさせていただく(冷房は入っています)
C利用者数は6名まで。
大きなテーブルが3つありますので、机の端と端にお座りいただきます
 (テーブルを密着させたご利用は不可とさせていただいております)
Dゴミは全てお持ち帰りいただきます

かわいい当会にて整えている点
@入室後の手の消毒剤設置
Aトイレご使用後の手洗い用薬用ソープの設置
B全てのドアノブ、テーブルと椅子の除菌

かわいい通常のスペースご利用についてこちら

かわいいお問い合わせ・ご予約お申し込み先;メールmail to
被災地支援【モノ編】[2011年04月04日(Mon)]
 東日本大震災に遭われた皆さんに、ここ広島から何ができるんじゃろう。。。
 と、考えているうちに、広島県や広島市では物資による支援活動を終えました。
 「あら、もう物資は要らないってこと?でもメディアは今も“物資が足りない”って言ってるじゃん!?怒」と思われた方もおられるでしょう。店主もその一人です。
 そこで、自治体を通さなくても物資を送る手立てを調べてみました。

 「こんな物資がほしい。」
 「こんな物資を提供します。」
 それらの情報をマッチングさせていくサイトがありました!

 プレゼント>お願いタイガー!災害版
 プレゼント>Twitforyou

 やはり物資はまだまだ必要とされていますね。

 こんなのもありました。
 プレゼント>Yahoo!オークション(東日本大震災に関するお知らせ)
 通常は、欲しい物を私たちが探し、お金を出して、品物を受け取ります(お買い物のしくみですね)が、ここでは、被災地が必要なものに、私たちがお金を出し、物を受け取るのは被災地の皆さん、というしくみです。「このお金で何か買ってね」というよりも、現地が実際に希望しているものを買って送ることができるので、そのぶん思いが込められるような気がします。

 いずれにしても、私たち物資を送る側だけの判断で勝手にどこかに送る、というものではありません。それでも何か役に立ちたい!
 その思いを実現させるために、ちょっとこの情報に目を通してみられませんか?

 東京ボランティア・市民活動センターさんが「モノの寄付」について、Twitterにてつぶやいておられましたので、それをまとめて掲載しておきます。
−−−−−−−−−− 
ハートモノの寄付(その1)
 東京青年会議所による救援物資の受付は終了したそうです。また、多くの方のご協力により被災地での物資はかなり足りてきているとのこと。これからはモノの寄付募集は減少していくと思います。現地からは「今はお金が必要」との声がたくさん届いています。

ハートモノの寄付(その2)
 被災地のお店や企業も徐々に営業を開始しているので、もう少ししたら、モノは「近くで購入して調達」の方向になると思います。その方が、地元の経済も潤うし、ガソリンの消費も少ない。地元が元気になります。

ハートモノの寄付(その3)
 「古着を寄付」のお問合せが結構あります。これまでも、これからも募集される可能性は低いと思います(ゼロではないけど)。こういう時こそきれいなものを、仕分けが大変、好みに合わない、季節が合わないなどいろんな理由があり、結局不要になることが多いのです。

ハートモノの寄付(その4)
 寄付して着ていただいてもよい状態の服だったら、フリーマーケットやネット・オークションで販売して、お金にして寄付、という方向もご検討ください。それでも販売できない状態のものは、寄付しても着たいと思う方がいないかも。

ハートモノの寄付(その5)
 ただ、「受入先との合意があり、輸送手段が確保できる」ならば、この限りではありません。大切なのは、まず受入先を決めてから、そこが必要なモノを届けること。誰かに頼むならルールを守って。だって、必要な所に届けるには、お金も技術もネットワークも必要なのです。

ハートモノの寄付(その6)
 そして、状況は日々変化します。「モノを送らなきゃ」で思考停止しないで、変化する現実と情報を把握してください。「2日前にないものが今日は足りている」は災害時によく起こります。そこで、怒らず、焦らず(難しいけど)。今はまだ、長い道のりの始まりなのですから。
−−−−−−−−−−
 なるほどね〜。というメッセージもあったのではないでしょうか。
 もちろん、現地で活動するNGO・NPOが独自の情報発信から物資提供のお願いをされていますので、個々に追いかける方法もあります。その参考にもなったのでは?
 私たちが今できること、いろいろ考えたらまだまだありそうですぞ。
 
支援の方法あれこれ<東北関東大震災>[2011年03月19日(Sat)]
 今日は少し気分を変えて、「広島の私たちにもこーんな支援ができますよ〜」情報です。
 単にお金を寄付するのもね・・・とお考えの方、こんなのいかがでしょうか?店主おすすめプログラムでございます。

ハートハートハートお買い物DE被災者支援ハートハートハート

星リボンマグネット
  東日本大震災支援リボンマグネットプロジェクト
  よくレッドリボンやピンクリボン、ブルーリボンなど、思いを色に託したリボンを上着につけておられますが、このリボンはマグネット!自動車に貼り付けることができます。
 今回は震災支援のデザインによるリボンマグネットを\1,000〜の寄付金でゲットでき、そのリボンを多くの方が自動車に貼って(もちろん場所があればチャリでもいいはず)、みんなで盛り上げようというプログラムです。リボン、カッコカワイイです!

星日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」
  東北地方太平洋沖地震災害支援プロジェクト
  ZOZOTOWNチャリティーTシャツ

  フロントには“Start today”と書かれ、バックには協賛スポンサー名が入るスタイル。色も選べますので、是非覗いてみてください。1枚¥2,100。¥2,000がまるまる日赤などへ寄付されます。

星被災地NGO協働センター
  「宮崎から東北へ、支援の輪を〜“野菜サポーター”募集」
 宮崎の生産者から野菜を買い付け、東北での炊き出しに使います。その買い付け資金を全国からサポートしていただこうというもの。美味しいお野菜、寄付してくださる方々の口には入りませんが、その分被災者の皆さんに栄養を摂っていただけますよね。
 なぜ、宮崎?それは詳細をご覧ください。1口\3,000で協力できます。あったかいものを被災地に!
地震関連情報ちょぃまとめ[2011年03月14日(Mon)]
2011.3.15内容加筆修正
 
 東北関東大震災の被害状況が徐々に明らかになってきました。
 広島の皆さんはテレビ・ラジオ・新聞などで情報収集をしながら、「何かしたい!」という気持ちに駆られているのではないでしょうか?
 じゃぁ何ができるのか・・・。その参考になりそうな情報をちょっとばかり提供してみます。いくつかのポータルサイトで、情報をうまく整理しておられますので、どう使うかじっくりと考えてみてください。じっくり考えてからでも遅くはありませんよ!
 尚、現地でのボランティア活動については、しばらくお時間をください。現在、とてもじゃありませんが、一人のボランティアが飛び込んでも解決できることは何もありません。

ハート総合的な情報
星Yahoo! JAPAN
 災害情報、原発情報、生活情報、募金情報など、主に被災者向け情報がまとめてあります。

星Google
 災害情報、交通情報、募金情報などに加えて、探したい人の名前で情報を入手する“Person Finder”もあります。
 また、別サイトで「避難所名簿の写真共有サービス“PICASA”」では、避難場所ごとの被災者名簿の写真が共有できるようになっています。

星MSN「東日本大震災情報サイト

星広島県被災者生活サポートボラ情報
 広島県社会福祉協議会のブログページ。募金情報、災害救援ボランティア情報など。

【ツイッター関連】
星ツイナビ「ツイッター地震情報
 関連するアカウントがまとめられています。

星くまうさ夫(@kumausao)さんによる「震災関連ハッシュタグまとめ
 地震情報、救助要請、避難、安否、医療系被災者支援情報が一度に見れます。iPad横だとちょうど全部すっぽり収まります。

【外国人支援関連】
星国際移住機構

星多文化共生マネージャー全国会議「多言語情報提供サイト

 現時点(2011.3.15)9ヶ国語で情報が提供されています。
星FMわぃわぃ ご存知多言語ラジオ放送局。多言語での情報をMP3ファイルでも提供しています。

ハート募金情報まとめ
星Google

星CANPAN(日本財団が提供する公益事業のコミュニティサイト)
 別サイトには物資による支援情報もあります。

星合同会社コーズ
  情報量が最も豊富です。寄付する方法を選ぶのに迷うかも。

星赤い羽根共同募金(中央募金会)
 義捐金の募金に加えて、現地で活動するNPO・ボランティア活動への募金も始まりました。どちらを選ばれても、被災した地域の、被災者の支援になります。

当会も募金活動を近日中にスタートさせる予定です。
【臨時版:東北地方太平洋沖地震】関連情報[2011年03月11日(Fri)]
 パソコンを使って、情報収集をしておられる方も多いと思いますが、少し情報をまとめておきますので、必要に応じた情報の取捨選択を行っていただけたら幸いです。

*安否情報
 1)NTTの災害伝言ダイヤル
  緊急用ダイヤルで伝言を残す  171+1+電話番号
  緊急用ダイヤルで伝言を再生  171+2+電話番号
  *利用方法はこちら
 
 2)NHK安否情報 
  NHKでは、今回の災害で被害を受けた地域にお住まいの方々の安否に関する情報をお伝えしています。
  ご自身やご家族の現在の居場所や様子などについて、情報をお寄せください。
  情報やメッセージは、教育テレビ、ラジオ第1、FM、データ放送でお伝えします。

  <受付電話番号>
   03-5452-8800/050-3369-9680
   番号はお間違えのないようお願いします。

  なお「情報」や「メッセージ」は、被災地からのものを優先してお伝えしますので、それ以外の地域からのメッセージはお控えください。あらかじめご了承ください。

 3)Google Person Finder 
  「人を探している」方、「消息情報を探している」方、サイト上に探しておられる方のお名前を入力するようになっています。


*地震情報に関するWeb生放送
  ニコニコ動画にて、NHK、フジテレビのニュース番組を(ちゃんと承認を受けて)放送中ですが、アクセスが集中し、現在見れません(22:50現在)。
  
  UStreamでは、TBSのニュース番組が公式配信されています。
   

*東京・神奈川など首都圏での休憩場所
 帰宅する足を奪われている方(帰宅難民)に休憩場所を提供してくださる施設があります。
 (困っている方がおられたら、ご提供ください)
 Twitterで配信されているものをまとめたサイトがあります。満員のため入れない施設もあるようです。
 
*外国人向け情報提供 
 FMわぃわぃ(神戸市)がインターネットで言語別に情報提供をしています。細切れで少しずつアップしてありますが、文字以外にも音声ファイル(MP3)が置いてあります。お知り合いの外国人のネットワークを通じて、被災地へ情報が届けられたら幸いです。

*その他
 関連情報が時系列に書き込まれています。
 
 ・Facebook 地震の情報集積用ページ
 ・Twitter
  主にNPO関係者がつぶやいていると思われるハッシュタグ #311jisin

とりあえずの情報で恐縮です。
尚、災害ボランティアなどの情報は未定です。
災害ボラ募集中です@庄原市[2010年07月22日(Thu)]
 庄原市社会福祉協議会では7.16豪雨災害ボランティアセンターを開設し、1日あたり20〜30人の県内ボランティアを募集していますのでご協力ください。
 ただし、募集要項などを熟読し、不明な点は必ず電話等で確認したうえで、ご参加ください。ボランティアが地域に迷惑をかけるようなことがないように心がけることも大切です。

========================================
広島県庄原市「7.16豪雨災害ボランティアセンター」
ボランティアの募集について
========================================


 庄原市社会福祉協議会では7.16豪雨災害ボランティアセンターを開設し、1日あたり20〜30人の県内ボランティアを募集しています。
 つきましては、次のとおりボランティア募集にご協力くださいますようお願いします。また、ご協力いただける場合は、広島県内にありますお近くの各社会福祉協議会にご連絡いただくか、庄原市社会福祉協議会ボランティアセンター本部にご連絡ください。

 詳細につきましては、庄原市社会福祉協議会HPをご覧ください。

日系外国人生活相談会@海田町[2009年01月10日(Sat)]
 2009年1月14日(水)に海田町にて「日系外国人生活相談会」が開催されます。当日はスペイン語、ポルトガル語の通訳もありますし、海田町以外の方も参加できます。
 ・・・という情報が当事者になかなか伝わっていません。誰が伝えるべきか?そんなことを議論している場合でもありません。とにかく伝えることだと思います走る
 普段からよくわからない(?)ネットワークで動いている汗HEART to HEARTも事務局長判断で情報提供に協力させていただきます。当ブログ愛読者の皆さんも、草の根的クチコミ力音量を発揮してください。情報が要るか要らないかは当事者判断です。よろしくお願いします。
 
■日系外国人生活相談会■(元ネタは海田町HP
 海田町では広島県と共同で、日系外国人非正規労働者の離職者を支援するため、日系外国人生活相談会を開催します。
 また、同日13時からは、ハローワーク広島東による日系外国人離職者を対象とする雇用保険合同受理会が開催されます。

ドキドキ小開催日時
平成21年1月14日(水曜日)9時30分から16時まで
ドキドキ小場所
海田町ひまわりプラザ(安芸郡海田町南つくも町11-16)
ドキドキ小内容
 音符生活保護
  ・生活保護相談

 音符生活資金貸付
   ・離職者支援資金貸付相談

 音符県営住宅
   ・県営住宅の情報提供

 音符住宅供給公社住宅
   ・住宅供給
   ・公社住宅の情報提供

 音符労働相談
   ・労働相談

 音符就職相談
   ・就職情報提供
   ・ミニ企業交流会の開催(13時から16時まで)

 ドキドキ小問い合せ先
   海田町企画課 黒電話823-9212

※スペイン語版チラシとポルトガル語版のチラシもあります。
  スペイン語

consurting_esp.pdf

  ポルトガル語

consulting_por.pdf



プロフィール

ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTさんの画像
リンク集