CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ DE ハート
このサイトでは、ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTの活動を紹介しています。
あんなこともこんなことも・・・。
えっ!?そ、そんなことも・・・?

まぁどうぞごゆっくりお読みください。
« イベント等のお知らせ | Main | 大事な余談!? »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
テーマ別に読めます!
最新記事
最新コメント
ノーテン小作人
謹賀新年 (01/10) ノーテン小作人
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (01/01) 光橋
資金調達に興味ある団体さん集まれ〜! (12/27) ノーテン小作人
「NPOバンク」を学びます! (09/18) ノーテン小作人
冬期休暇のお知らせ (01/01) カフェ店主
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/13) ノーテン小作人
体験ボランティア活動「ふりかえり交流会」 (02/12) ノーテン小作人
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/23) カフェ店主
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21) 店員その2
ハート・カフェ 1月限定メニュー (01/21)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/heart-to-heart/index2_0.xml
今年も「しゃべり場」やります!(5/21SUN.)[2017年05月16日(Tue)]
宣材.jpg 当会の総会終了後のお楽しみオープン企画「しゃべり場」のご案内です。
 今回は広島の市民活動のこれまでとこれからをみんなで語ろうというものです。
 何もないところから話すのも大変なので、まずは今年度17年目に入った当HEART to HEARTのこれまでと今後のことをご紹介しながら、ご参加者の皆さんの活動についても振り返りや将来のイメージなどを大いに語っていただきたいと思います。
 5月21日(日)14時半〜16時半ぐらいを予定しています。御代はタダ!ですが、美味しいコーヒーと茶菓でおもてなしさせていただきます。どしどしお申込みください♪
 詳細はこちら↓のチラシから。
 しゃべり場チラシ20170521.pdf
「NPOバンク」を学びます![2013年09月17日(Tue)]
logo2.JPG NPO活動をされている方なら、一度ぐらいは目や耳にされたことはあるでしょう?NPOバンク
 NPOの銀行って何すんの?と思われたこともあるでしょう?
 NPOバンクは、市民が自発的に出資した資金により、地域社会や福祉、環境保全のための活動を行うNPOや個人などに融資することを目的に設立された「市民の非営利バンク」のことです(全国NPOバンク連絡会HPより)。
 簡単に言うと、市民活動や市民事業を市民のお金で支え、回していくというしくみであります(メッチャ簡単ですが)。
 今回のハートサロンでは、このNPOバンクのしくみや全国の動きなど、基本となる部分をしっかり学びつつ、じゃぁ広島ではどうかね?要らんかね?という可能性も探ってみたいと考えています。
 講師は、全国NPOバンク連絡会の多賀俊二さん。地元(呉市)の出身です。プチ交流会もありますので、知りたいことはな〜んでも聴いて帰ってください!

ちょっと学びたいあなたのための「ハートサロン」
「NPOバンク」
〜「志でつながるお金・人・社会」とは?〜

黒ハート日 時:2013年9月28日(土)
       14:00〜17:30ぐらい(プチ交流会つき♪)
黒ハート場 所:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
黒ハート講 師:多賀 俊二さん
       (全国NPOバンク連絡会 常任理事 事務局)
黒ハート参加費:*HEART to HEARTデスク&ハート会員
         ・及び学生 \500(資料代・交流会費)
       *HEART to HEARTその他の会員
         ・及び一般参加者 ¥1,000(   〃    )
黒ハート定 員:20名程度(お申込み順)
黒ハート対象者:NPOバンクに興味・関心をお持ちの方ならどなたでも。
黒ハート後 援:広島市、(特活)ひろしまNPOセンター
黒ハート主 催&お申込み&お問合せ先:
      ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
黒ハートチラシはこちらです
  Flyer20130917.pdf 
このゲームは使える!「クロスロード体験」[2011年02月28日(Mon)]
 2月26日、久しぶりに開催した「ハートサロン」では、教育ゲームを体験しました。
 「クロスロード循環型社会編」。やり方を教えてくださったのは、当会の会員でもある前田洋枝(まえだひろえ)さん。少数精鋭の参加者でしたが、超盛り上がりましたまる
 内容はカードに書かれたテーマに基づき、YesNoを自分で決めて“Yes-Noカード”を机に伏せて置き、全員が同時に開きます。そのとき同じカードを何人が置いているか、そこがまず鍵。その後でさらに選んだ理由を付箋に書いて出していく、というスタイルです。
 面白いのは、ポイント制のゲームになっている点。意見が過半数を占めると青い座布団シール、半分以下どころか唯一のカードを出した人には金の座布団シールがもらえるとあって、“(自称)ギャンブラー”を名乗る店主はひたすら金の座布団を狙いにいって、大失敗困った
 こういう競争にすると、場は盛り上がりますね。盛り上がるので雰囲気もよくなり、さらに話が弾むという相乗効果が生まれます。
 議論のテーマは環境にまつわるものですが、話すうちに議論を深めることもできるので、話し合いに慣れない人にも最適です。
 そういうわけで、この面白さをぜひ多くの方に知ってもらおうと、次回のHEART BARで1〜2題ほど実験的にやってみます。お楽しみに〜〓
 
ハートサロンで「教育ゲーム」[2011年02月14日(Mon)]
 「教育ゲーム」という言葉をご存知ない方もおられるでしょう。ゲームです、ゲーム笑い
 ただ、単に楽しむというだけではなく、楽しみながらも何らかの気づきをもたらしてくれる効果があり、体験学習の場であるともいえます。だから「教育」ゲームなんですよねー。
 当会ではよく楽しいだけのイベントをやってますがウインク、今回は「クロスロード®」というゲームから、チームメイト(仲間)の意見や価値観を共有していくプロセスを体感してみます。皆さん、どうぞご参加ください。

ハート ハート ハート ハート ハート
話題提供と交流の場「ハート・サロン」
教育ゲーム体験!「クロスロード®:循環型社会編」

ハート ハート ハート ハート ハート


 雪日時:2011年2月26日(土)13:30〜16:30(交流会含)
 雪講師:前田洋枝さん
      (東海学園大学 人文学部 非常勤講師)
 雪会場:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
 雪参加費(交流会費込):
      ハート会員:500円
      〃 非会員:800円
 雪定員:15名程度
 雪主催・お申込み&お問合せ先:
    ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART

星チラシにお申込書がくっついています。


crossroad_flyer.pdf

2月19日はハートサロン![2009年02月03日(Tue)]
 「ハート・サロン」は、市民活動に関わっている人、これから関わろうと思っている人が集い、一つのテーマを切り口に、おにぎりやビールを片手に“あーだこーだ”と語らい合う場です。
 今回のサロンのテーマは「食と環境」シリーズの最終回。諸事情により廃棄処分されていく食品を何とか活用できないものか。この課題を解決するために立ち上がったフードバンク。広島で活動しておられるNPO法人あいあいねっとさんに、このフードバンクのしくみや取り組みの中から見えてくる現状と課題などのお話をしていただきます。

***** ***** ***** ***** *****

クローバーと   き:2009年2月19日(木)18:30 〜 21:30(ぐらい)
クローバーと こ ろ:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
クローバー対 象 者:食と環境について関心を持っておられる方ならどなたでも参加可能です。
クローバー話題提供者:原田佳子さん(特定非営利活動法人あいあいねっと 理事長)
クローバー進 め 方:前半60分は話題提供者から先進的なお話を聞きます。後半60分は、いわゆる“飲みニュケーション”の場です。質疑応答も含め、みんなでトーク!
クローバー参 加 費:HEART to HEART会員800円 非会員1,000円(飲食・資料代含む)
          ※その他カンパや差し入れなども大歓迎です♪
クローバー定   員:20名(申込順)
クローバー申込方法:所定のお申込書に必要事項をご記入のうえ、下記HEART to HEART事務局までFAX、またはEメールでお送りください。Eメールの場合は、本文に必要事項を直接入力のうえ、お送りください。
クローバー主   催:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
クローバー共   催:草の根応援団

☆詳細や申込用紙はこちらのチラシにてご確認ください。

flyer.pdf
1月22日はハートサロン![2009年01月08日(Thu)]
 「ハート・サロン」は、市民活動に関わっている人、これから関わろうと思っている人が集い、一つのテーマを切り口に、おにぎりやビールを片手に“あーだこーだ”と語らい合う場です。
 今回のサロンのテーマは「食と環境」シリーズの第2弾。この度、広島市内で廃食油の回収に乗り出した「さすてな組」の活動内容から、廃食油が環境にどれだけ有益になるのか、私たちの日常生活と結びつけながら考えてみましょう。

***** ***** ***** ***** *****

クローバーと   き:2009年1月22日(木)18:30 〜 21:30(ぐらい)
クローバーと こ ろ:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART(アクセスは裏面を参照)
クローバー対 象 者:食と環境について関心を持っておられる方ならどなたでも参加可能です。
クローバー話題提供者:三浦 浩之さん(広島修道大学 人間環境学部教授、さすてな組初代組長)
クローバー進 め 方:前半60分は話題提供者から先進的なお話を聞きます。後半60分は、いわゆる“飲みニュケーション”の場です。質疑応答も含め、みんなでトーク!
クローバー参 加 費:HEART to HEART会員800円 非会員1,000円(飲食・資料代含む)
※ 使用済みの天ぷら油(分量不問)をご持参くださった方は、200円割引にさせていただきます。但し、容器はお持ち帰りください。
※ その他カンパや差し入れなども大歓迎です♪
クローバー定   員:20名(申込順)
クローバー申込方法:所定のお申込書に必要事項をご記入のうえ、下記HEART to HEART事務局までFAX、またはEメールでお送りください。Eメールの場合は、本文に必要事項を直接入力のうえ、お送りください。
クローバー主   催:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
クローバー共   催:草の根応援団

☆詳細や申込用紙はこちらのチラシにてご確認ください。

flyer.pdf


「食と環境」を考えます![2008年11月08日(Sat)]
 またまた「ハートサロン」をやりま〜す音符
 ある一つのテーマに関心のある方が集い、おにぎりやビールを片手にあーだこーだ炎と語らい合う場がこの「ハートサロン」。
 これから3回ほど、「食と環境」をテーマにした事例から、私たちが環境を守るためにできることを探っていきたいと思っています。
 第1回目はシアトルの「ファーマーズ・マーケット」がテーマです。国内でも青空市場は盛んですが、ファーマーズ・マーケットの取組みに見られる工夫の面白さを研究してみましょう。

クローバー日    時:2008年11月20日(木)18:30〜21:30(ぐらい)
クローバー場    所:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART(会場案内はこちら
クローバー話題提供者:葛原 生子さん(ファーマーズ・マーケット愛好家)
クローバー参 加 費:HEART to HEART会員800円
         非会員1,000円 (飲食・資料代含む)
クローバー申込方法:チラシにある申込書をFAXにてお送りいただくか、必要事項をEメールでお送りください。
クローバー主    催:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
クローバー共    催:草の根応援団


メモチラシはこちら

flyer.pdf
2008年度は「まちづくり」から![2008年09月09日(Tue)]
 2008年度は緊急企画でスタートする「ハートサロン」
 今回のテーマは「高齢化の進むまち、ここままじゃいけんじゃろ!?」
 
 “まちづくり”の活動を実践しておられる方々を東京よりお招きし、東京だけでなく各地で取り組まれている事例を伺います。
 
 と   き:2008年9月19日(金)18:30 〜 21:30(ぐらい)
 と こ ろ:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART
 ゲスト・スピーカー:
  ○林 泰義さん (特非)玉川まちづくりハウス 理事
  ○千葉晋也さん (株)石塚計画デザイン事務所 東京事務所 所長
            (特非)世田谷NPO法人協議会 理事
 参 加 費:HEART to HEART会員800円
                   非会員1,000円(飲食・資料代含む)
         ※その他カンパや差し入れなども大歓迎です♪
 定   員:20名(申込順)
 主   催:ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART

詳細はチラシをご覧ください。

flyer_city.pdf
【番外編】ハート・サロン参加者の声[2008年02月04日(Mon)]
 ハート・サロン「事務局シリーズ」を終えたところで、ご参加者から感想やご意見などをいただきました。今後の運営に反映させたい点、検討を要する点なども浮き彫りになっていますが困った、有意義であったことも間違いないのかな?と店主もほっと一息ですラブ
 いえいえ、一息ついている場合じゃぁないのかも。次のジョッキ飲めるネタ探しが始まります。
 以下、参加者の声を順不同、無記名で掲載します。尚、文中の表現等において、若干、事務局にて表現を修正しているものもありますが、文意を損なわない範囲で行なっております。ご了承ください。
----------------------------
最終回参加者の声
 私がこのハート・サロンで学んだことを書いてみます。
 まず、会を存続するために事務局が必死になっている。コアメンバーが会をどうしていくか綿密に計画が立てられている。下準備を行っている。それらがあるから組織のメンバーは安心して活動を行えるし、イベント参加者もイベントが楽しくなり、次にまた参加しようと楽しみになる。そして、会の目的がはっきりしており、やりたい事を沢山持っている。それを実現するために、意見交換の仕組みを確立し、管理している。また、事務局員の1人に責任を負わせていない。業務を分担し、全員の合意制にしている。人の能力を把握し掴むのがうまいので、適材適所に人を置き運営を行える。
 それと、これは気づきですが、市民団体にはお節介というかお世話好きな人々がいるんですね。自分の事よりも他人の事の方が気になるし、他人の笑顔が好きという感じがします。
 最後に余談ですが。春キャベツのスープは絶品でした。鍋が作ってくれたのか、ストーブが作ってくれたのか、店主の腕か、それはわかりませんが。(店主の声:キャベツのおかげです。ウインク

----------------------------
第4回参加者の声
 私が参加した回は10人程度という参加者数で、気心がしれてよかったと思います。強いて意見を言えば、各団体の活動紹介が30分から1時間弱では、どうしても総花的というか薄く広くの通り一遍のものになりがちなので、一つか二つ、討論するテーマを決めてそれにからめた活動紹介とその後の質疑応答をやった方がいいと思いました。
 夜の会合だから時間的制約があるのは仕方がないですが、3〜4時間、各自ので自己紹介なども十分にして納得いくまで議論できる場を設けて欲しいです。金曜日の18時とか土曜日の17時からとかだったら、翌日が休みなので、時間を気にせずにできますので、可能ならそういうバージョンの回も欲しいですよね。
 スタッフのご苦労も知らずに勝手なことを言ってすみませんが、最近は仕事などでも飲み会もめっきり減り、徹底的に議論するということが少なくなりましたので、ハートtoハートさんには、肩肘張らず、でも徹底的に議論できるコミュニティ空間になって欲しいです。

----------------------------
第1・2・4・5回参加者の声
 今回は「事務局」というテーマを絞ったサロン企画でしたが、発表された団体の多くが活動紹介に時間を割いておられました。これはこれで意味のある内容で、特に発表のあとの懇談会が楽しいひと時となり、結果は大満足のサロンでした。最後の最後には、竹内さんが発表団体の事務局運営のエキスをうまくまとめていただいたので、当初の目的はほぼ達成できたように思います。
 こうした場を通じて、市民活動団体が組織活動のノウハウを身につけてゆくことができれば、“ハートサロン”の小さな芽が、やがて地域や社会を動かすうねりになるものと信じています。
 サロン参加者は少ない人数でしたが、シリーズに参加して多くの知り合いができことが、私とって大きな付録(お釣りがくるぐらいのおまけ)になりました。これに懲りず企画を変えながら続けられたらと思っています。
 また、このエネルギーが新年会の30余人の参加者を呼んだものと思います。店主や発表者、および連続参加で表彰されたお二人に敬意を表します。

----------------------------

 お声を寄せてくださった皆さん、ありがとうございました。
 店主の励みになります。
 これからも面白い企画に美味しい“まかない料理”、がんばります。走る
第5回ハート・サロン[2008年02月03日(Sun)]
 1月25日のハート・サロンは「市民活動団体事務局パワーアップ術」シリーズの最終回。ひろしま市民活動ネットワーク HEART to HEART事務局長の竹内瞳がこれまでのまとめも踏まえながらお話をしました。
 このシリーズでは、HEART to HEARTも含め「事務局のお仕事」についてさまざまな分野の団体にお話いただきましたが、お話の中で、カタチとしてのお仕事の他に、実は「会員や役員、スタッフなど“ヒト”をうまく束ねるお仕事もしている」ことに気づいていただけたでしょうか?「事務局のお仕事は何ですか?」という問いに、この点を答える人は少ないです(答えにくいという面もありますが)。でもそこがと〜っても大事なポイントなので、敢えてそこに焦点を当ててお話いただきました。
 第1回から第4回まで、いろいろなポイントが出てきました。各団体がうまく束ねていたのは、ボランティアさん、会の中で分かれている部会、世話人さん、地域住民の皆さん。束ねる方法として、ボランティアさんに日誌をつけてもらっていたり、アルコールを入れながら住民の皆さんと楽しく議論してみたり・・・(詳細は各回の報告をご参照ください)。いろんな工夫がありました。こうしてメンバー間での情報や認識を共有していくことも組織では重要な要素で、これも組織をマネジメント(管理)していくうえでの有益な手法の一つなのです。
 一方で課題もみえていました。組織の中でこうしたマネジメントがきちんとできる人が一人(あるいは少数)しかいない、ということ。突然、その人が倒れたら・・・。いなくなってしまったら・・・。想像するだけでも恐怖っ!そこで必要なのは、同じように動ける人材、あるいは世代交代できる人材を増やしていくということです。
 だけど。NPOでは人材育成に費やせる時間がほとんどないし、そのノウハウもない悲しい。これが定説に近いですが、そんなに難しく考えんでも、まずは業務を明文化、マニュアル化することから始めてみては?というのがHEART to HEARTからの提案でした。最初から完璧なマニュアルにしなくても、毎回が「叩き台」のつもりで作るのがポイント。HEART to HEARTの事例として、手書きのお仕事マニュアルやイベントのワーキングシートなども提示しました。「時間がないから作れない」というより、「作っておけば、後で楽になる音符」とポジティブに考えることもお話しました。
 後半のフリートークでは、今回参加してくれた大学生の“出来たてホヤホヤ”卒論要旨を聞いたり、初めての参加者との交流あり、また、5回すべて参加していただいた方へのプレゼント贈呈もありで、あっという間に時間が過ぎました。店主特製の春キャベツスープもたくさん召し上がっていただいて、店主も大喜び。
 ハートサロンは、講座としての位置づけではなく、テーマをもとにおしゃべりしながら、交流を深め、つながりをつくっていくことが最大の目的です。そういう意味では、分野を超えて顔と名前の一致する人が少しでも増えたということは、活動していくうえで必ず財産になると思います。参加された皆さん、もらった名刺をなくさないでくださいよ。
 ハートサロンはテーマを変えて、また行います(日程等が決まればこのブログでもご案内しますね)。興味をもたれた方はぜひ一度覗いてみてください。まる
| 次へ
プロフィール

ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEARTさんの画像
リンク集