CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
笑門「ヘルシー広場」
「酒」と「風呂」と「料理」と「からだを動かす」ことが好きな「よ〜チャン」です。「食」にも「もったいない」を大切にしませんか!「自然からの贈り物」「生産者からのこころのこもった贈り物」でからだが喜ぶ「食」を頂き日本人の食文化を大切にしていきませんか!「食」を頂ける幸せを大切にして食事の前の「いただきます」。食後の後の「ごちそうさま」を!そして「地域の宝物」みんなで今よりチョット多く気づきませんか!そしてみんなで「できる限りの笑顔」を多くばらまきましょう!「福祉」の語源・・「福」とは、「神の恩恵により豊かに恵まれること」であり、富んでいることであり、腹が満ちている状況を示しております。「祉」とは「神がそこに足を止めたもう」を示しています。したがって、「福祉」とは、神の加護のもとで幸せな生活を営めることといえます。。。社会福祉セミナー4月16日分より
« 息抜 | Main | いつもと違う 土曜日の朝 »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
安藤さん
伝えたい (01/13) 安藤尚登
欲しいな 私だけの (12/25) Andy
欲しいな 私だけの (12/25) Andy
伝えたい (08/07) 小林 高明
想定外 (07/22) こばちゃん
まっとうする。 (07/08) ボラセンk
初日 (03/02) 小林 高明
看取りカンファレンス (02/10) K
助けてくれてありがとう。 (01/10) マタイ24
垣根の剪定 (05/13)
兄を通じて障害理解[2012年12月07日(Fri)]
12月5日の愛媛新聞の24面のまなぶ 情報を

SOブランチの方から頂いた。

県内高校生福祉作文 最優秀賞

豊かな人間関係 大切に

理解をすることに 彼女は努力したのではなくて

自分に素直になり 自分らしく生きられた 

結果に 理解が深まったものだと 思う。

文面より

まわりの無知にとってさまざまな偏見にさらされてきました。

そのひとつが 障害者は何もできないという考え方です。

しかし、このような支援やボランティアでの交流によって、

障害への理解とともにさまざまな配慮が社会で実現できれば障害のある人の

社会参加のチャンスは今よりもっと拡がる・・・・・


気付かせてくれてありがとう・・汐崎 里菜 さん (今治北 1年)


私も 小さな思いで 輪を広げたいものです。

是非みなさん 目を とおしてみて下さい。・・・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

図書館にも 新聞置かれていますから・・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)












この記事のURL
https://blog.canpan.info/healthwarakado/archive/1529
コメントする
コメント
プロフィール

よ〜ちゃんさんの画像
よ〜ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/healthwarakado/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/healthwarakado/index2_0.xml