CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
来場者が130人、「身近に役立つ支援機器展」へのご協力に御礼申し上げます。 [2010年04月03日(Sat)]

 「発達支援ひろがりネット」は、きょう仙台市のシルバーセンターで「身近に役立つ支援機器展」を開催し、無事成功裡に終えることができました。
 この集会は、国連が定めた世界自閉症啓発デイ(毎年4月2日)と日本政府が定めた『発達障害啓発週間』(4月2日から8日まで)の取り組みの一環として具体化したもので、宮城県では『発達障害啓発週間』の取り組みは初めてでした。この企画をチラシやブログで宣伝するとともに、テレビや新聞で報道されたことにより、発達障害の存在やその支援が進みつつあること、同時に診断できる医師や支援に携わる専門職が不足していることをはじめ課題がたくさんあることを知っていただく良い機会になりました。『発達障害啓発週間』に関わる当事者団体としてその責任を果たすことができたのではないかとふり返っています
 来場者が130人ありました。アスペルガーや広汎性発達障害の診断を受けている当事者、保護者と家族、教師、保育士、カウンセラー、臨床心理士等の専門職の方々にご来場いただき、支援機器、発達障害に関わる雑誌や書籍を普及することができました(写真1)。当事者の祖父母にあたる市民が何人もかけつけ、「孫が心配で、やってきました」と、保護者団体やNPOの人に話しかけ、熱心に情報を求めていたことがたいへん印象に残りました。必要な情報が思うように手に入らない人々がまだたくさんいること、当事者団体が活動し続けることの意義をあらためて痛感しました。
 タイムタイマーの製作は、仙台高等専門学校の竹島久志教授(電子工学科)にご指導いただき、特別支援学校や小学校の特別支援教育コーディネーターの教師等が受講しました(写真2)。
 コミュニケーションを支援する「あのねDS」の製作と支援機器の紹介は、「アクセスインターナショナル」と「パシフィックサプライ」のご協力をいただき、保護者がお子さまを連れて参加し盛況でした。支援に役立つ教材、教具、文房具、シール、サポートブック、書籍の紹介は「スペース96」にご協力いただきました(写真3)。3事業所とも、社員を派遣していただきました。
 昨日は、NHKのローカルニュースの時間帯で紹介していただきました。今日はTBC(東北放送テレビ、TBS系列)のクルーのみなさまが取材に訪れ、夕方の18時27分からニュースで放映されました。
 この企画を支えていただいたみなさまに感謝と御礼を申し上げます。
  





























































「発達障害啓発週間」が始まりました。 [2010年04月02日(Fri)]

 きょうから4月8日まで、「発達障害啓発週間」です。
 けさ、NHKの朝のニュース番組で、7時25分から5分間、東京都・足立区で幼稚園や保育所と連携して早期発見につとめている活動、鳥取県・大山町で五歳児健診に取り組み保護者の支援を進めている取り組みが紹介されました。阿部渉アナウンサーが、医師や専門家が不足していることをとりあげました。
 宮城県ではきょう、自閉症協会が映画「ぼくは うみがみたくなりました」を上映しています。明日は、「発達支援広がりネット」が「身近に役立つ支援機器展」を行います。社会の理解と支援を進める機会になることを願っています。
 「身近に役立つ支援機器展」の予定が、NHK仙台放送局の「てれまさむね」と夜のローカルニュースで紹介されました。