CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年05月 | Main | 2009年07月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
子育てに奮闘中のお母さん、お父さんへの応援講座…「そのストレス、軽くしませんか?」―ちょこっとチャットを使ったSST講座を「えじそんくらぶ」が7月12日開催 [2009年06月23日(Tue)]


0712_e-club.doc
 ADHDの当事者団体である「えじそんくらぶ」が、「ちょこっとチャット」を使ったSST講座を7月12日に仙台市で企画しています。残席があるので、案内チラシを紹介いたします。



 一緒にストレスを吹き飛ばしてリラックスするコツを学んでみませんか?
 子育ては、思うようにならないことばかり。イライラするのはみんな同じ。みんなでゆっくり話しながら、子どもや人との付き合い方のちょっとした「コツ」を学ぶと、ストレスから解放されて楽になったり、ストレスに強くなっていくことができるのです。当事者を含む高校生以上が対象、職場での対人関係など広く応用できます。お父さん、お母さん、ご夫婦等々…ご参加をお待ちしております。

【日時】 平成21年7月12日(日)  13:30〜16:00
【会場】 仙台市青年文化センター 研修室2 (仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5)
【アクセス】 仙台市営地下鉄「旭ヶ丘駅」下車、東1番出口より徒歩3分
       バス停「地下鉄旭ヶ丘駅」より徒歩2分
【講師】  高山恵子(NPO法人 えじそんくらぶ代表・臨床心理士 他)
【定員】  50名 
【受講料】 一般 1,000円 、 えじそんくらぶ会員 無 料  
【教材費】 1,000円 
*この講座は、「ちょこっとチャット」を使ったSSTですので教材として「ちょこっとチャット」を購入していただきます。既にお持ちの方は購入の必要はありません。当日お持ち下さい。
*参加費・教材費ともに、当日受付にてお支払い下さい。
*「ちょこっとチャット」は、当日お渡しします。

【申し込み方法】
 案内チラシをご覧下さい。えじそんくらぶのウェブサイトからもご覧いただけます。
絵を楽しむ教室 [2009年06月22日(Mon)]

 障害のある人に絵を描く楽しさを知っていただくために、(財)仙台市身体障害者福祉協会が阿部邦利氏(宮城県芸術協会評議員)を講師に、「絵を楽しむ会」を開催します。
 7月28日(火)13時〜15時に、泉障害福祉センター
 8月5日(水)13時〜15時に、長町南コミュニティセンター
 いずれも定員は15人で、応募多数の場合は抽選です。
 詳しい要領を添付ファイルでご覧ください。

kaiga.pdf
仙台市宮城野区新田に「街喫茶さをり」の仙台出張所として『さをり本舗 ねこや』を開店します―NPO法人「黒川こころの応援団」 [2009年06月21日(Sun)]

 発達支援ひろがりネットに参加しているNPO法人「黒川こころの応援団」(黒川郡大和町館下47)は、就労継続支援B型事業所「街喫茶さをり」の事業を進めていますが、7月13日から仙台主張所を開設することになりました。
 名称は「街喫茶さをり」仙台出張所『さをり本舗 ねこや』で、開設地は仙台市宮城野区新田3丁目20−25。所長には、「フリースクール煌(かがやき)」で、不登校児への支援を続けてきている植村暢子さん(発達支援ひろがりネット運営委員)が就任します。
 

090622_1.pdf


  ←『さをり本舗 ねこや』の紹介と利用者募集のご案内です。
   連絡先も掲載されています。



090622_2.pdf
 
  ←こちらは、利用仮申込書です。
日本LD学会が10月31日に仙台で公開シンポジウム [2009年06月20日(Sat)]

 日本LD学会のホームページに、今年度の公開シンポジウムの予定が紹介されています。実行委員長は、渡邊徹氏 (宮城教育大学教授)です。

○日 時:平成21年10月31日(土)午前10:00〜16:00
○場 所:仙台国際センター
○テーマ:『発達障害』のある高校生・大学生・社会人への支援体制の構築
       ―社会的自立を目指して−

 内容としては、開会行事で上野一彦氏(東京学芸大学名誉教授)のあいさつ、JDDネット理事の山岡修氏による対談および講演(仮題「青年期以降の支援について」)が予定されています。シンポジウムでは、渡邊徹氏が進行役をつとめて 「東北地区での取り組み」を紹介する企画が準備されています。
 詳細な内容がわかれば、また紹介いたします。
活用しましょう―自閉症の人たちのための防災ハンドブック [2009年06月19日(Fri)]

 日本自閉症協会が5月、「自閉症の人たちのための防災ハンドブック」をまとめて、ウェブサイトにも公表しました。
 各分野の専門家に参加していただいて策定したもので、●支援者用、●本人・家族用、●『助けてカード』がすべて日本自閉症協会のホームページにアップされています。
 わが国は地震等の自然災害が多い国ですが、自閉症をはじめ発達障害のある人たちのための対策と適切な支援を普及することはこれからの課題になっています。まず当事者と家族のために、積極的に活用しましょう。
 支援者の方々には、活用と普及、そして改善していく営みへの参加をお願いいたします。 
 自閉症等の発達障害のある人を災害時にどのように支援するかは、各自治体で策定する防災計画にもぜひ取り入れていただきたい項目です。
高校生活に関するアンケート調査(高校生と卒業生が対象)、高校教育に関するアンケート調査(保護者が対象)にご協力ください! [2009年06月18日(Thu)]

 発達支援ひろがりネットは、発達障害に関わる理解と支援が進むことを願い、テーマを決めて調査活動を毎年行っています。2009年度のテーマは「高校における特別支援教育」で、6月18日の運営委員会でアンケート調査の内容を確認しました。

 アンケート用紙は2種類あります。
 第一は、保護者(お子さんの年齢は問いません)のみなさまから、高校教育についてのご意見をお伺いするものです。

090618_hogosya.doc
←保護者のみなさまにお願いしているアンケートの回答用紙。



 第二は、高校生および卒業生のみなさまから、高校生活についてお伺いするものです。
 保護者の方が、高校生(または卒業生)の本人から聞きとって記入してもかまいません。

090626_koukousei.doc


 ←高校生と卒業生のみなさまにお願いしている回答用紙。 

 


 ご協力いただける方は、ブログから回答用紙をダウンロードし、回答を入力してメールで返信して下さい。返信先のメールアドレスは、このブログのプロフィールのページに掲載されています。メールアドレスは、このページの一番下に添付されている「アンケート調査へのご協力のお願い」にも記載されています。
 回答は、7月31日までにお寄せください。

 いただいた回答は、集計して8月末に結果を発表する予定です。ブログにも資料を公開いたします。
 今回の調査活動の全体については、12月19日(土)に東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)で開催する「第4回支援情報交換会」で発表する予定です。
 ご協力のほど宜しくお願いいたします。

090618_onegai.pdf

 
←アンケート調査へのご協力のお願いです。
気仙沼市で頑張っている「ネットワーク・オレンジ」 [2009年06月17日(Wed)]

 気仙沼市の「ネットワーク・オレンジ」をリンクに追加しました。
日本K-ABCアセスメント学会の大会と11月28〜29日に山形で行われる地域研修会のお知らせ [2009年06月14日(Sun)]

 日本K-ABCアセスメント学会の第12回大会が、2009年9月12日(土)〜13日(日) に法政大学多摩キャンパスで行われます。
 講習会の予定は以下のとおり。
・中級講習会 2009年6月13日(土)〜14日(日)
       全林野会館(東京都文京区) 募集中
・中級講習会 2009年11月22日(日)〜23日(月)
       エルおおさか(大阪市)
・初級講習会 2010年1月30日(土)〜31日(日)
       全林野会館(東京都文京区)
・ワークショップ 2010年2月13日(土)〜14日(日)
       筑波大学東京キャンパス(東京都文京区)

 同研究会に参加している各地の地域研究会が主催する初級講習会 が以下の日程で計画されています。
・ 2009年5月5日〜6日 常磐ライン地区K-ABC研究会
  松戸市民会館 (千葉県松戸市) 募集中
・2009年11月28日〜29日 東北K-ABC研究会
  山形大学 (山形市小白川町)

 詳しくは、日本K-ABC研究会のホームページをご覧下さい。
障害がある人も働きたい―新たな雇用制度を全国社会就労支援センターが提案しています [2009年06月13日(Sat)]

 6月11日の「親の会情報交換会」(主催=宮城県特別支援教育センター)で、障害をもつ人の雇用の場が少なく、離職した場合の支援も不十分な現実を嘆く声が随分聴かれました。
 まったくそのとおりです。しかも、深刻な不況のなかで、障害をもつ人たちの雇用が昨年一年間で2500人も減少したことが厚生労働省の統計で明らかになりました。ヨーロッパで行われている「保護雇用制度」をわが国でも導入すべきだという声がかねてからありましたが、ますます切実になっています。
 障害者の権利に関わる条約に対応して、労働・雇用の分野でどのような社会制度を考えていくべきかが問いかけられています。全国社会就労支援センター協議会が昨年11月7日に行った提案=「障害のある人の働く場の確保のために」を紹介いたします。

081107.pdf
宮城県特別支援教育センターの主催で「親の会」の情報交換会が行われました [2009年06月12日(Fri)]

 宮城県特別支援教育センターで6月11日、「平成21年度 第一回 親の会情報交換会」がおこなわれました。
 仙台市、名取市、塩釜市、大崎市、利府町、丸森町で活動している10団体から21人が参加しました。発足して12年になる会から、昨年秋に立ち上がった会まで。会員規模も13人から211人までと多様でした。
 各団体の取り組みを紹介したあと、「親の会の運営と抱ええる問題について」意見交換しました。
 子どもの就労や将来への不安を共通して抱え、自立支援法の「応益負担」を疑問視する意見が複数の会から出されました。また、特別支援教育が始まったあとも、教師とうまく連携できていない悩みや、幼稚園・保育所から小学校入学への移行時の支援の問題が語られました。どの「親の会」も、情報交換等を進めるために専門家や他団体とのネットワークを求めていることが浮かび上がり、終了後にお互いの連絡先を教えあっていました。
 参加した団体からは、「年4回くらい開催してほしい」など、情報交換の機会を増やすよう求める声がありましたが、宮城県特別支援教育センターは2年後に組織の統廃合と現在地から名取市内への移転が予定されています。
 意見交換で司会をつとめた「シエルの会」の中嶋さんが、「親の会を、障害への理解と支援を進める社会的資源と見る考え方が普及している」ことを紹介していました。行政と公的支援センターは、意欲がある保護者をメンター(支援者)として育成する方向に向かってほしいものです。
 「親の会の情報交換会」の第二回目は、11月に開催される予定です。