CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年10月 | Main | 2008年12月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
「困った行動が教えてくれる自閉症児の支援」−東北文化学園大学が11月29日に講演会 [2008年11月12日(Wed)]

 東北文化学園大学に発達支援教室が開設されたことを記念する第3回講演会が11月29日(土)10時から同大学1054大講義室で開催されます。栗原秀峰会生活支援課の菅原卓哉主任が作業支援に携わってきた経験から講演します。同大学の藤原加奈江教授が自閉症児の「困った行動」をSOSととらえることを手がかりに、支援のポイントをお話します。
 案内を添付ファイルでご覧下さい。

081129_1.pdf
長野県教委が発達障害をもつ児童生徒の在籍数を調査 [2008年11月11日(Tue)]

公立高校には263人が在籍、他に695人が「特別な支援が必要」 

 長野県教委は6日、公立高校生の発達障害について、本年度の調査結果を発表しました。何らかの発達障害のあるのは全生徒の0・48%に当たる263人で、初めて調査した昨年度に比べ79人増えたとしています。
 長野県教委のまとめによると、全日制生徒で学習障害(LD)があるのは18人(前年度比6人増)、注意欠陥多動性障害(ADHD)は67人(同8人増)、高機能広汎性発達障害(HFPDD)は95人(同32人増)。複数の障害があると診断された生徒は8人(同4人増)でした。
 定時制はLDが13人(前年度比6人増)だったほか、ADHDが14人(同3人増)、HFPDDが39人(同15人増)、複数の障害があるとされたのは5人(同1人増)。今回初めて実施した通信制は、ADHDが1人、HFPDDが3人在籍していました。
 診断は受けていないものの、県教委のチェック表に基づき特別な支援が必要と判断された生徒は、全日制で567人(同303人増)、定時制には128人(同45人増)いました。
 県教委は調査用紙を各校に配り、各項目について医師の診断のある生徒数を8月末に集計しました。県教委は「発達障害のある生徒は増加傾向にある。小中学校との連携などで、障害を発見しやすくなったことも数が増えた一因」としています。
 県教委は本年度から、全高校で特別支援コーディネーターを置き、対応を図っています。

 長野県の公立小中学校には3,065人の発達障害のある児童生徒が在籍
 長野県の公立小中学校の学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)など発達障害の児童生徒数が9月末現在、過去最多の計3065人(全体比1・62%)に上ることが、長野県教育委員会の調査で分かっています。
 発達障害該当者の合計は、小学生2169人、中学生896人。調査を開始した03年度は、小学生217人、中学生39人だったので、いずれも大きく増加傾向にあります。
 長野県教委は本年度から、空き教室を利用して他校の発達障害児も受け入れる通級指導の実施校を3校増やし、5校にしています。小学1、2年生を対象に基本的な学校生活を身につけさせる「学習習慣形成支援授業」は133校で実施し、担当教員208人を配置。小中学校の計29校では複数教員で指導するなど、対策に取り組んでいます。
 増加傾向について特別支援教育課は、「支援法の整備などで認識が高まる中、調査も回数を重ねて精度が上がっていることが増加の一因。ただ発達障害者の実数が年々増えているかどうかは、専門家の間でも議論があり分からない」と分析しています。その上で「学校での支援や専門機関との連携をしっかりしていくことが大切だ」と話しています。

  宮城県でも、全県的な実情把握が行われることを期待しています。
就職を考えるセミナーが11月29日に開催されます。 [2008年11月08日(Sat)]

 宮城労働局、宮城県、(社)宮城県雇用支援協会の主催で、11月29日13時30分より、仙台市戦災復興記念館で『子どもの就職を考えるセミナー』が開催されます。働くことが難しいと悩んでいる若者をもつ保護者と当事者などが対象です。
 特徴は、15時15分からの第二部で、ニート、引きこもり等の支援や就労相談を手がけている「せんだい若者サポートステーション」(事務所は仙台市太白区八本松)と「みやぎ北若者サポートステーション」による個別相談が用意されていることです。
 第一部では、昨年の講演でも好評を博した小島貴子氏(立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 准教授)が『親が出来る これから社会へ旅立つ子どものキャリア支援」と題して講演します。
 参加費は無料です。会場の都合で、先着100人までですから、希望者は申し込みをお急ぎ下さい。連絡先などは、添付ファイルをご覧下さい。

081129.pdf
ミヤギユースセンターからシンポジウムの案内 [2008年11月04日(Tue)]

 ミヤギユースセンターから、シンポジウム「学校復帰支援を考える」の案内がとどきました。
2008せんだいCAAES参加イベントで、「不登校生の学校復帰支援のあり方」について、土佐昭一郎氏(NPO法人ミヤギユースセンター代表)が基調講演。シンポジウムでは、不登校後高校を中退し、現在大学3年生の学生と、中学校不登校経験者の母親の2人が体験者としてお話します。
 日 時 : 11月9日(日)午後1時〜4時
 会 場 : 仙台市市民活動サポートセンター
 定 員 : 40名 (特に予約は必要ありません。)
 費 用 : 無 料
 問い合わせはNPO法人ミヤギユースセンターの事務局まで。
【連絡先】
仙台市宮城野区榴岡2丁2-8-203 
電話&Fax 022-256-7977
http://www.miyagiyouht.npo-jp.net
月間アクセスの記録を更新 [2008年11月01日(Sat)]

 先月(2008年10月)の、このブログへのアクセス数は7,446件で、これまでの月間アクセス数の記録を上回りました。開設以降のアクセス累計は75,121件になりました。発達障害の理解と支援を進めることに役立つ情報を、早く、正確に、数多く発信できることを今後も心がけていきます。みなさまからの情報提供、コメント、トラックバックをお願いいたします。